マドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア

はてなブックマークに追加
マドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CONFESSIONS ON A DANCEFLOOR
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナー・ブラザーズ
  • 規格品番:
    WPCR-12200
  • 価格:
    2,457 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    マドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロアをAmazon.co.jpで購入するマドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロアを@TOWER.JPで購入するマドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロアをHMV.co.jpで購入するマドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロアを楽天ブックスで購入するマドンナ / コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロアをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
ダンス・ナンバーばかりノンストップでつないだ構成が、もはや異色の一言。アバを引用した(1)で大向こうを沸かせる半面、アンダーグラウンドの匂いを隠し味に利かせてもみせる。傾倒を表明したユダヤ教関係者の逆鱗に触れてみたり、女王様ぶりも健在だ。
ガイドコメント
メガ・ヒット・アルバムにして空前の問題作だった『アメリカン・ライフ』以来、女王マドンナの2年ぶりのアルバムは、世界を揺るがすダンス・チューンを満載した、ウルトラ・ポップな会心作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/11/14)  ⇒  4位 (11/21)  ⇒  5位 (11/28)  ⇒  4位 (12/4)  ⇒  4位 (12/12)  ⇒  2位 (12/19)  ⇒  5位 (2006/1/2)  ⇒  7位 (1/9)  ⇒  18位 (1/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/11/14)  ⇒  6位 (11/21)  ⇒  5位 (11/28)  ⇒  7位 (12/4)  ⇒  6位 (12/12)  ⇒  1位 (12/19)  ⇒  5位 (2006/1/2)  ⇒  5位 (1/9)  ⇒  17位 (1/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2005/11/14)  ⇒  5位 (11/21)  ⇒  6位 (11/28)  ⇒  7位 (12/4)  ⇒  4位 (12/12)  ⇒  2位 (12/19)  ⇒  3位 (2006/1/2)  ⇒  7位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2005/11/14)  ⇒  7位 (11/21)  ⇒  7位 (11/28)  ⇒  8位 (12/4)  ⇒  7位 (12/12)  ⇒  5位 (12/19)  ⇒  8位 (2006/1/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2005/11/14)  ⇒  5位 (11/21)  ⇒  9位 (11/28)  ⇒  10位 (12/4)  ⇒  10位 (12/12)  ⇒  7位 (12/19)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2005/11/14)  ⇒  4位 (11/21)  ⇒  7位 (11/28)  ⇒  8位 (12/4)  ⇒  8位 (12/12)  ⇒  7位 (12/19)  ⇒  7位 (2006/1/2)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/11/14)  ⇒  2位 (11/21)  ⇒  1位 (11/28)  ⇒  1位 (12/4)  ⇒  1位 (12/12)  ⇒  1位 (12/19)  ⇒  2位 (2006/1/2)  ⇒  3位 (1/9)  ⇒  9位 (1/16)  ⇒  15位 (1/23)  ⇒  14位 (2/27)  ⇒  13位 (3/6)
収録曲
01HUNG UP
タイトルが“ダンスフロアでの独白”の意をなす11thアルバムからの1stシングル。79年のABBAのヒット曲「ギミー・ギミー・ギミー」をネタに使った打ち込みトラックで、キーンと張り詰めた空気感にグルーヴがうねるダンス・ポップ。
02GET TOGETHER
目覚まし時計のベル音から幕開けるイントロとは対照的に、深い眠りの底へ沈むような幻想的な感覚が襲うダンス・チューン。ダフト・パンクのような覚醒的なアンダーグラウンド・フューチャー・ディスコ。
03SORRY
仏、西、蘭、伊……そして英語と各語の“ごめんなさい”を、悲壮感漂う西欧的ストリングスの旋律へ乗せたイントロが、何とも印象的なナンバー。軸となるダンス・サウンドもどこか哀愁を帯びる。中盤には日本語の“ゴメンナサイ”も。
04FUTURE LOVERS
ポエトリー・リーディング風のイントロに低温のビートが這うハウス・チューン。どこか宗教的な色彩も見え隠れするミステリアスな雰囲気を保ちながら、ニューロマンティック風の妖艶なメロディが脳を刺激してやまない。
05I LOVE NEW YORK
JB「リヴィング・イン・アメリカ」やブルース・スプリングスティーン「ボーン・イン・ザ・USA」よりも、郷土愛が狭義的な、オンリー・ニューヨーク賛歌。現在彼女に宿る旬な音楽=ディスコ・サウンドに乗せ、その愛をクールに歌う。
06LET IT WILL BE
「パパ・ドント・プリーチ」を想起させる扇情的なストリングスからディスコ・ポップへの流れは、堰を切った川のよう。自由奔放で達観しているかのような心境さえ見せるヴォーカルに、彼女の余裕と自信がうかがえる1曲。
07FORBIDDEN LOVE
奥行きへ広がる深遠さと雄大さを兼ね備えたシンセの音色が、全身を包むようなハウス・チューン。運命のいたずらに委ねられた禁断の恋愛を、宇宙の闇あるいは胎内へと誘うようなまどろみ感あるテイストで構築している。
08JUMP
カラフルでポップなアレンジのイントロをやり過ごすと、物憂げで悲哀あるストリングスの調べがサウンドを覆う。ジャンプという弾けるテーマをあえて低温に保ち、内包的な決意を染み出させたダンス・チューン。
09HOW HIGH
澄んだ空気に漂うオリエンタル風にデザインされたエレクトロニック・ビートが、ヴォコーダー使いのアレンジとともに郷愁感を誘うテクノ・クラシカルなナンバー。うねりを持たせたなかのチープさが耳を惹きつける。
10ISAAC
カバラ学者のスポークン・ワーズを採り挙げた、異空間の佇まいを持ったドキュメンタリー・タッチのハウス・ナンバー。大陸的で土着的なエスニックの漂いと、先進的でクールなサウンドの融合やコントラストが斬新。
11PUSH
“私を後押しし続けて”と内包的ながらも強く懇願する、アンビエント的なダブ・ビート・チューン。陰極と陽極を行き来するようなサウンド・ワークの妙が、彼女の自信と脆さを曝け出しているようだ。
12LIKE IT OR NOT
苦難の淵を辿り歩いてきた彼女だからこそいえる、揺るぎない自信が随所から読み取れるアルバム『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』の終幕曲。哀愁あるメロディにくい込むビートは、漲るパワーの表われかも知れない。
タイアップ
  • 「FUTURE LOVERS」 - 日本テレビ「理由」主題歌
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マドンナ
    1958年8月16日生まれ、米ミシガン州出身のシンガー・ソングライター/女優/映画監督。82年にデビュー。84年の『ライク・ア・ヴァージン』が社会現象となって以降、“ポップの女王”として人気を集め、世界的スターとして君臨。刺激的でスケールの……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015