コリーヌ・ベイリー・レイ / コリーヌ・ベイリー・レイ

はてなブックマークに追加
コリーヌ・ベイリー・レイ / コリーヌ・ベイリー・レイ
CD
ミニ・レビュー
デズリーやインディア.アリーらが比較対象として出されるかもしれない、UKの新人シンガー・ソングライター。簡単に言ってしまえば、非常に完成度の高い、淡い流動性が魅力のソウル・ポップ表現。得難いポップ・センスや切なさを持っていて、今後を期待させる。
ガイドコメント
英国リーズ出身、女性シンガー・ソングライターの日本デビュー盤。ヒット曲「プット・ユア・レコーズ・オン」をはじめ、ムーディでメロウなR&B色の濃い大人向けポップスが満載。洗練されたメロディと端麗なルックスが実に魅力的だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    13位 (2006/7/10)  ⇒  18位 (7/17)  ⇒  23位 (7/24)  ⇒  24位 (7/31)  ⇒  26位 (8/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    12位 (2006/7/10)  ⇒  18位 (7/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    10位 (2006/7/10)  ⇒  8位 (7/17)
収録曲
01LIKE A STAR
幻想的なメロディが不思議な魅力をもたらす、彼女の記念すべきデビュー・シングル。静かなムードをたたえた愛の歌で、アンニュイで力みのないヴォーカル・ワークが耳をひきつけて離さない。15歳の時に組んだバンド時代に書いた作品だとか。
02ENCHANTMENT
幻想的なメロディ・ラインに乗る、オーガニックなヴォーカルが魅力的なミディアム・スロー・ナンバー。タイトルが“魅力”と“魔法”という2つの意味を示すように、前半と後半で巧みに色彩を替えたネオ・ソウル風のサウンド・プロデュースが秀逸で、彼女の表現の幅を広げている。
03PUT YOUR RECORDS ON
軽やかに刻まれるリズムの中で、力強さを感じさせるオーガニック・ソウル風ナンバー。芯の強いヴォーカルが楽曲に生命力を注ぎ込んでいるようで、70年代ソウルがルーツという彼女のキャラクターがよく表われている。
04TILL IT HAPPENS TO YOU
愛が終わった後の空虚な胸のうちを歌った作品。アコースティック・ソウルの佇まいを持ったナンバーで、マイナー調のメロディや弱さを見せながらも優しさのあるヴォーカルが、聴く者を深淵な世界へと導いていく。表現者としての確かな力量を実感できる。
05TROUBLE SLEEPING
恋に悩んで“トラブル・スリーピング(=眠れない)”という状況を歌った曲で、詞はかなりシリアスな内容。だが、空間の広がりを感じるゆったりとしたムードを携えた、ポップなオーガニック・ソウル調のサウンドが、詞にある辛い心情を優しく包み込んでいる。
06CALL ME WHEN YOU GET THIS
アルバム『コリーヌ・ベイリー・レイ』の中では珍しく、ハッピーな恋愛モードの嬉しい感情を歌った作品。全体の曲調やヴォーカルも弾んでいて、どことなく幸せそうな雰囲気を感じさせる。絶妙なタイミングで入るハモンド・オルガンの音色も、いいアクセントだ。
07CHOUX PASTRY HEART
恋に破れて、いとも簡単に自分のハートが押しつぶされてしまった様子を、“まるでシュークリームがつぶれるみたいに脆いもの”と表現したトーチ・ソング。深い悲しみを表現するのがバツグンに巧い、彼女のヴォーカル・ワークが活きたナンバー。
08BREATHLESS
「あなたに名前を呼ばれると、息が止まりそうになるの」という詞が可愛らしい恋の歌。今にも天に舞い上がりそうな恋する女性の喜びの感情を、あくまで控えめに表現するところが彼女らしい。ゆったりとしたムードをたたえたオーガニックなナンバーだ。
09I'D LIKE TO
シンプルなギター&ベースにホーン・セクションが絡む、ジャズ・ファンク調のミディアム・チューン。裕福ではないが大勢に囲まれて楽しく過ごした、自身の子供時代の夏の光景を歌った曲で、朗らかで陽気なムードを持った作品に仕上がっている。
10BUTTERFLY
眩しさを感じる明朗さと夕暮れを思わせる寂しさとの間を行き来するような、揺らぎあるソウル・ポップ・バラード。とてもシャイだった彼女自身の子供時代と元気づけてくれた母への感謝の気持ちが綴られているミディアム・スロー・ナンバー。
11SEASONS CHANGE
どことなくエリカ・バドゥを彷彿とさせるヴォーカル・ワークが特徴の、ソウル・フレイヴァーたっぷりの作品。ブルージィな雰囲気も垣間見せるオーガニック・サウンドが、癒しと心地良い酩酊感をもたらしてくれるミディアム・スロー・バラード。
12ANOTHER RAINY DAY
アコースティック・ギターでの弾き語りを軸とした、シンプルなオーガニック・ソウル・ナンバー。ウェスタンやブルース、ロックなど、さまざまな要素を含んだ、彼女の多彩な表現力が感じられる魅力ある作品だ。
(12)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Put Your Records On」 - テレビ神奈川「Billboard Top 40」オープニングテーマ
  • 「Put Your Records On」 - 毎日放送「おでかけ!」エンディングテーマ
  • 「Put Your Records On」 - 東海テレビ「ドランキュ」エンディングテーマ
  • 「Put Your Records On」 - シナジー「ヴィーナス」主題歌
封入特典
  • 歌詞・対訳・解説
アーティスト
  • コリーヌ・ベイリー・レイ
    1979年2月26日生まれ、英リーズ出身のシンガー・ソングライター。ヴァイオリンを学んだ後、ガールズ・ロック・バンド“ヘレン”で活動。大学在学中にジャズ・クラブでソウルやR&Bに目覚め、楽曲制作を開始。2005年にシングル「ライク・ア・スタ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015