m-flo / COSMICOLOR

はてなブックマークに追加
m-flo / COSMICOLOR
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COSMICOLOR
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    rhythm zone
  • 規格品番:
    RZCD-45558
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    m-flo / COSMICOLORをAmazon.co.jpで購入するm-flo / COSMICOLORを@TOWER.JPで購入するm-flo / COSMICOLORをHMV.co.jpで購入するm-flo / COSMICOLORを楽天ブックスで購入するm-flo / COSMICOLORをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
数々のアーティストとの“loves”スタイルで贈るアルバムの最終章となる第3弾。最初に“loves”したCrystal Kayとの「Love Don't Cry」に既発曲「Summer Time Love」「she loves the CREAM」「Love Song」などを含め、充実度は前作に劣らず。従来より攻撃的な詞や日之内エミがライティングに加わっているのにも注目。
ガイドコメント
2007年3月発表のアルバム。『ASTROMANTIC』から続く好評コラボレーション・シリーズで、本作にはBONNIE PINKや倖田來未、MONKEY MAJIKなどが参加。各アーティストの個性を最大限に活かす、センスの良さが抜群だ。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    15位 (2007/4/23)  ⇒  12位 (4/30)
収録曲
01Issue No 5
COLDFEETのLori Fineのナレーションによる5thアルバムのイントロダクション。ストリングスが作るピンと張り詰めた空気感と幻想的な雰囲気を醸し出すサウンドによって、“loves”最終章となるアルバムの幕を厳かに上げていく。
02Love Don't Cry (m-flo♥Crystal Kay)
学校のチャイムのフレーズから幕を開ける斬新なパーティ・チューン。最初に“loves”したクリスタル・ケイを再びフィーチャーし、最初の客演曲「REEEWIND!」のフックやサンバ調ビートを採り入れるなど粋なアイディアが満載。もちろん相性は抜群。
03Luvotomy (m-flo♥安室奈美恵)
ダメ男に訣別を叩きつける詞が痛烈。ダークなヴァースからアップなフックへ転調する展開で、☆Takuの変態性を存分に発揮。アンニュイな安室と無機質なVERBALの絡みもグッド。曲名は“Love”と“Lobotomy”(前頭葉切除術)の造語。
04STUCK IN YOUR LOVE (m-flo♥melody.)
クリスタル・ヴォイスが特徴のmelody.をフィーチャーした英詞曲。ここでは抑え目でスタイリッシュな歌唱を披露。アダルトなヴォーカルとそれを刺激するようなスクラッチ&ビートの対比が、可憐と色香を行き交うような構成で見事だ。
05Current Affairs
5thアルバム『COSMICOLOR』収録の約50秒のトラック。管楽器中心のオーケストラ風サウンドのループをバックに、Rim Juheeがハングルでニュースキャスター風ナレーションをするという、アルバム恒例のスタイルのインタールード。
06Summer Time Love (m-flo♥日之内エミ&Ryohei)
日之内エミとRyoheiのm-floファミリーをフィーチャーした「2006 マルイ 水着&ゆかた」CF曲。フットワークの軽いヴォーカル&ラップの掛け合いとアコギのリフを用いたトラックで、清涼感のある夏を演出するサマー・ポップ・アンセムだ。
07Simple&Lovely (m-flo♥倖田來未)
カニエ・ウェスト風のヴォーカル・トラックの早回し手法とDeckstreamによるスクラッチを巧みに採り入れたヒップホップ・ソウル。ファルセットを多用した倖田來未のヴォーカルが新鮮で、タイトなVERBALのラップとのシンクロも絶妙だ。
08Picture Perfect Love (m-flo♥MONKEY MAJIK)
MONKEY MAJIK+m-flo名義でリリースの「Picture Perfect」をm-floヴァージョンとして焼き直し。原曲の緩やかな雰囲気が一変し、小刻みなリズム・トラックによる縦ノリのアッパー・ハウス・チューンに仕上がっている。
09Music Monopoly
ラジオDJのクリス・ペプラーを迎え、彼の出演する音楽ランキング番組を模したインタールード。“ASTRO POLICE RADIO”2017年3月28日のトップ10チャートを“ジョニー・タキゲロ”なる人物が“独占”するというコミカルな内容。
10she loves the CREAM (m-flo♥DOPING PANDA)
3ピース・ロック・バンド“DOPING PANDA”とのコラボレーション。ヘヴィな音像を生み出すギター・リフと強烈なハウス・ビートがひとつになった、ロック・クラブ・チューン。頭を空っぽにして踊りまくれ!
11Love Me After 12AM (m-flo♥Alex (CLAZZIQUAI PROJECT))
Alex(CLAZZIQUAI PROJECT)をフィーチャーしたライト・ポップ。洗練された洒落た雰囲気を持ったラウンジ風トラックに爽やかなAlexのファルセット・ヴォイスが映え、☆Takuのサウンドとの相性の良さが顕著なトラックだ。
12Love Song (m-flo♥BONNIE PINK)
流麗なイメージを放つストリングスとファットなビート感を両立させたトラックのなかで、BONNIE PINKのエモーショナルなヴォーカルが舞う。VERBALのラップとのコントラスト、“ラブ・ソング”をテーマにしたリリックも印象的。
13Love Long and Prosper (m-flo♥STAR TREK)
麦人のナレーションからスタートする近未来ハウスで、スター・トレックの世界からさかのぼって300年前に制作された曲という設定。Dragon Ashと“loves”した「WAY U MOVE」のラインを受け継ぐ、クラブ・ユース・トラックだ。
14LOVE ME、HATE THE GAME (m-flo♥Chan、Thaitanium、Edison Chen、Ryohei)
Chan、Thaitanium、Edison Chen、Ryoheiの客演によるアシッドなナンバー。「Dispatch」を彷彿とさせる曲風で、ハウスとヒップホップを絶妙に融合させた☆TakuのセンスとVERBALのストリート感覚がうかがえる。
15Lotta Love (m-flo♥MINMI)
MINMIをフィーチャーしたハウス・チューン。畳み掛けるようなパーカッシヴなピアノを軸にしたトラック・メイクと激ポップなメロディが生み出す、圧倒的な高揚感にがっちりロックされるはず。陽気で天真爛漫なMINMIのヴォーカルに掛け合うVERBALのラップがなんともキュートだ。
16People of Cosmicolor
『COSMICOLOR』収録のCOLDFEETのLori Fineをフィーチャーしたインタールード。m-flo作品では定番のLoriのナレーションは、アルバムのラストへ向けて高揚する気持ちをクール・ダウンさせるのに効果的な役割を持っている。
17Love to Live By (m-flo♥Chara)
Charaを迎えたジャジィなビッグバンド風ナンバー。Charaのハスキー・ヴォイスが何ともキュートで、ファンタジックな世界を創り出している。グランドフィナーレといった感のゴージャスなエンディングは、アルバムを締めくくるのにふさわしい演出だ。
タイアップ
  • 「Lotta Love」 - 三貴「カメリアダイヤモンド」TV-CMソング
  • 「Love Don't Cry」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Love Don't Cry」 - テレビ朝日「アドレな!ガレッジ」エンディングテーマ
  • 「Love Song」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「Love to Live By」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「Picture Perfect Love」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「Summer Time Love」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
  • 「Summer Time Love」 - 丸井「スパークリング・セール」TV-CMソング
  • 「Summer Time Love」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「Summer Time Love」 - 丸井「丸井 水着&浴衣06」TV-CM曲
アーティスト
  • m-flo
    日本のプロデュース・ユニット。1998年にインターナショナルスクールの同級生の☆TakuとVERBALで活動開始。後にLISAが加入し、99年にシングル「the tripod e.p.」でメジャー・デビュー。LISAのソロ活動専念による脱退……
  • 同時発売作品
    m-flo / COSMICOLOR [CD+DVD]
    RZCD-45557〜B   3,619円+税   2007/03/28 発売
    m-flo / COSMICOLOR [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入するm-flo / COSMICOLOR [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するm-flo / COSMICOLOR [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するm-flo / COSMICOLOR [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するm-flo / COSMICOLOR [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する
    2007年3月発表のアルバム。『ASTROMANTIC』から続く好評コラボレーション・シリーズで、本作にはBONNIE PINKや倖田來未、MONKEY MAJIKなどが参加。各アーティストの個性を最……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015