ジョン・スコフィールド / カントリー・フォー・オールド・メン [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
ジョン・スコフィールド / カントリー・フォー・オールド・メン [SHM-CD]
SHM-CD
ミニ・レビュー
グラミー受賞ギタリストの2016年作である。自らの音楽ルーツ、カントリーやフォークをベースにしながら意欲的にジャズ化を目指した作品といえるだろう。スカッとソフトなジャズの調べ、加えて、カントリーには少し上品な味が乗るようだ。さすが手練れの“ジョンスコ”にかかると、一味違う雰囲気がピタリと嵌る。★
ガイドコメント
2015年の前作がグラミーを受賞し、老練でありながら先進性を失わないジョンスコの2016年。母国のカントリーミュージックに対する敬意を感じさせるアルバムで、アメリカの懐の深さを表しているともいえる一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    11位 (2016/9/19)  ⇒  6位 (9/26)  ⇒  13位 (10/3)  ⇒  12位 (10/10)
収録曲
01MR FOOL
02I'M SO LONESOME I COULD CRY
03BARTENDER'S BLUES
04WILDWOOD FLOWER
05WAYFARING STRANGER
06MAMA TRIED
07JOLENE
08FADED LOVE
09JUST A GIRL I USED TO KNOW
10RED RIVER VALLEY
11YOU'RE STILL THE ONE
12I'M AN OLD COWHAND
13TENNESSEE WALTZ
(13)ボーナストラック
仕様
SHM-CD
演奏
ジョン・スコフィールド(G,UKULELE) ラリー・ゴールディングス(P,OG) スティーヴ・スワロウ(B) ビル・スチュワート(DS)
録音
2016.4
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • ジョン・スコフィールド
    1951年12月、米・オハイオ州デイトン生まれのジャズ・ギタリスト。70年代にデビューし、チェット・ベイカー、ビリー・コブハム、日野皓正らと共演。77年には初のリーダー作を発表。83〜85年にかけてマイルス・デイヴィス・バンドで活動後、自身……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015