ジョン・スコフィールド / カントリー・フォー・オールド・メン [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
ジョン・スコフィールド / カントリー・フォー・オールド・メン [SHM-CD]
SHM-CD
ミニ・レビュー
グラミー受賞ギタリストの2016年作である。自らの音楽ルーツ、カントリーやフォークをベースにしながら意欲的にジャズ化を目指した作品といえるだろう。スカッとソフトなジャズの調べ、加えて、カントリーには少し上品な味が乗るようだ。さすが手練れの“ジョンスコ”にかかると、一味違う雰囲気がピタリと嵌る。★
ガイドコメント
2015年の前作がグラミーを受賞し、老練でありながら先進性を失わないジョンスコの2016年。母国のカントリーミュージックに対する敬意を感じさせるアルバムで、アメリカの懐の深さを表しているともいえる一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    11位 (2016/9/19)  ⇒  6位 (9/26)  ⇒  13位 (10/3)  ⇒  12位 (10/10)
収録曲
01MR FOOL
02I'M SO LONESOME I COULD CRY
03BARTENDER'S BLUES
04WILDWOOD FLOWER
05WAYFARING STRANGER
06MAMA TRIED
07JOLENE
08FADED LOVE
09JUST A GIRL I USED TO KNOW
10RED RIVER VALLEY
11YOU'RE STILL THE ONE
12I'M AN OLD COWHAND
13TENNESSEE WALTZ
(13)ボーナストラック
仕様
SHM-CD
演奏
ジョン・スコフィールド(G,UKULELE) ラリー・ゴールディングス(P,OG) スティーヴ・スワロウ(B) ビル・スチュワート(DS)
録音
2016.4
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • ジョン・スコフィールド
    1951年12月、米・オハイオ州デイトン生まれのジャズ・ギタリスト。70年代にデビューし、チェット・ベイカー、ビリー・コブハム、日野皓正らと共演。77年には初のリーダー作を発表。83〜85年にかけてマイルス・デイヴィス・バンドで活動後、自身……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015