G-DRAGON from BIGBANG / COUP D'ETAT[+ONE OF A KIND&HEARTBREAKER] [2CD]

はてなブックマークに追加
G-DRAGON from BIGBANG / COUP D'ETAT[+ONE OF A KIND&HEARTBREAKER] [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COUP D'ETAT [ + ONE OF A KIND & HEARTBREAKER]
  • ジャンル:
    エイジアン・ポップ
  • レーベル:
    YGEX
  • 規格品番:
    AVCY-58118〜9
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    G-DRAGON from BIGBANG / COUP DG-DRAGON from BIGBANG / COUP DG-DRAGON from BIGBANG / COUP DG-DRAGON from BIGBANG / COUP DG-DRAGON from BIGBANG / COUP D
ミニ・レビュー
BIGBANGのリーダーであるG-DRAGONの日本デビュー・ソロ・アルバム。世界で活躍する数々のミュージシャンをフィーチャリング・ゲストに迎えた。日本語新録ヴァージョンで歌われる楽曲をはじめ、これまでリリースされた楽曲を余すところなく収録し、G-DRAGONのすべてを網羅している。
ガイドコメント
2013年11月27日リリースとなる、BIGBANGのリーダー“G-DRAGON”のジャパン・ソロ・デビュー・アルバム。ラップ、ヴォーカルともにこなし、楽曲制作のみならずダンス、スタイリングなどマルチな才能を誇るリーダーの注目作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2013/11/25)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2013/11/25)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2013/11/25)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2013/11/25)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2013/11/25)
収録曲
[Disc 1]〈COUP D'ETAT〉
01COUP D'ETAT (feat.DIPLO&BAAUER)
ディプロとバウアーを迎えたワイルドなヒップホップ。とはいえ、強烈な主役はやはりG-DRAGON自身で、悪童のようなズルズルと引きずるフロウが耳にこびりつき離れない。時折スクリューも組み込んだダークな雰囲気で、音楽シーンにクーデターを起こす気概を歌う。
02NILIRIA (MISSY ELLIOTT ver.) (feat.MISSY ELLIOTT)
ミッシー・エリオットのラップを大きくフィーチャーしたミッシー版。韓国民謡をモチーフにエスニックなムードとチキチキしたビートで展開する猥雑なヒップホップ・トラックで、ビッグな二人のラップによる国際外交だと自慢げに吐き出す。土着的なアレンジがユニーク。
03R.O.D. (feat.LYDIA PAEK)
レゲエの薫りあふれるエレクトロで、タイトルは“Ride or Die”の略。ベッタリとした粘着質なフロウで僕のクレイジーな愛の歌を聴いてと問いかけ、ボニー&クライドの名を挙げて覚悟を決めてとおねだり。相手役のリディア・パクはカラッとした歌唱で対応。
04BLACK (JPN Ver.) (feat.BOM (from 2NE1))
2NE1のボムをフィーチャーした日本語版。日本語詞にはm-floのVERBALが参加。物憂げなトーンのヒップホップ・トラックで語られる、恋の終焉へ向かう男女のストーリーだ。まさに消えかけていくような“Fade away…”のリフレインが切ない。
05WHO YOU? (JPN Ver.)
甘酸っぱさも携えたグルーヴィなフックの“ドゥ・ドゥ・ドゥ……”のリフレインが印象的なヒップホップ・トラックの日本語ヴァージョン。自分の元を去った元カノに“マジ ナニサマ?”とキレながらも実は戻って来いよと祈る男の恨み節だが、どこかコミカル風味。
06SHAKE THE WORLD
“世界を揺さぶれ”と叫ぶ真意は、オレの音楽について来いというセルフ・ボースティングを交えた“リアル”な感情。挑発的なフロウとエレクトロを配分したスリリングなトラックで展開する、ダークな攻撃的ヒップホップだ。
07ミチGO
ファットなベースとレーザーのように性急な電子音が飛び交うパーティ・チューン。完全クラブ対応型エレクトロ・ダンサーで、オレはクレイジーに踊り明かしたいんだと興奮気味に歌い散らす。スクリューも導入して、にぎやかな作風だ。
08ピタカゲ (CROOKED) (JPN Ver.)
「CROOKED」の日本語版で、作詞にVERBALが参加。“ピタカゲ”は“グレてやる”の意味で、失恋で孤独になってしまった男のやりきれなさを歌う。愚痴を吐き散らす拗ね加減を、陽気なロッキン・ビートとやさぐれ満開のヴォーカルで展開するのが面白い。
09NILIRIA (G-DRAGON ver.)
ミッシー・エリオットを迎えた「NILIRIA」を、G-DRAGONの独演で披露したヴァージョン。ミッシー不在ということで、セルフ・ボースティング全開で“オレの優位”を語り尽くす。それでも辟易しないのは、韓国民謡をモチーフにしたエスニックなムードのお陰か。
10RUNAWAY
ねちっこくうねるギターとダンクラ風スクラッチをフィーチャーした、ファンキーなロック・チューン。ファルセットで“ヤホー”と遠吠えするフックで熱量を挙げながら、愛が重い元カノから逃げ出したい気持ちを歌う“逃亡”ソングだ。
11I LOVE IT (feat.ZION.T&BOYS NOIZE)
ボーイズ・ノイズが制作と演者に大きく関与したディスコ・ポップ。ソウル・テイストを加味した麗しくスウィートなメロディが魅力だ。視線、言葉遣い、長い髪、鼻の頭のホクロ……君のあらゆるところに夢中だと浮つき気味な声で歌う。ザイオン・Tも参加。
12YOU DO (OUTRO)
夢見て努力すれば、カート・コベインにもリル・ウェインにもオレみたいにもなれるはずさと説く。若者への温かいエールだが、陰りのあるギター・リフが全体を支配する不穏なムードには“そうはいっても簡単じゃないぜ”という気概と覚悟を示されいるようだ。
13WINDOW
浮遊感のあるシンセが物憂げな雰囲気を漂わせるアンニュイなハウス・チューン。二人の恋の終わりを突然雨が降りつける窓に映る自分の姿に投影した、叙情的な詞世界も静かな悲しみを誘う。ここでは高圧的なフロウは皆無で、G-DRAGONの奥深さを実感。
14BLACK (feat.SKY FERREIRA)
恋の終焉へ向かう男女のストーリーを描く、物憂げなトーンのヒップホップ。どこか伏し目がちに感じるSKY FERREIRAの歌唱もジワジワと悲しみとやるせなさを連れてくる。だんだんと消えゆくようなアウトロの“Fade away”は胸が引き裂かれんばかり。
15あんなヤツ (JPN Ver.)
他の女子と腕を組んで歩くチャラい彼に夢中な君に、あんなヤツよりオレの方が幸せにできるのにと嘆く男のやるせない気持ちを吐露。ボッサ風のオーガニックなギターによる優しい曲調と表情豊かな歌唱が絶妙に溶け合う。VERBAL作詞の「THAT XX」日本語詞版。
16BLACK (feat.JENNIE KIM OF YG NEW ARTIST)
YG版少女時代として知られたキム・ジェニーを客演に迎えた「BLACK」。一秒ごとに終焉へと向かう二人の恋を描いた切ないバラードを、優しさが見え隠れする温かいジェニーのヴォーカルを交えながら綴る。ラストへ近づくとともに余韻も悲哀をまとう。
17WHO YOU?
“ドゥ・ドゥ・ドゥ……”のリフレインが印象的な、オーガニック風のヒップホップ。愛するゆえ憎さ100倍……すぐに新しい彼とよろしくやってる元カノに、“お前が何だっていうのさ”と強がる男。でも本当は戻ってきてくれと願う悲しい性を、明るくグルーヴィに描く。
18CROOKED
日本語版は“グレてやる”を意味する「ピタカゲ」と題された、愛を誓った彼女に逃げられた孤独な男のやさぐれ具合を歌った曲。なんでだよ、どうしてだよ、ああムカつく! といった感情を、詞とは反比例する陽気なロック風ビートで描くところが絶妙だ。
[Disc 2]〈ONE OF A KIND+HEARTBREAKER〉
01ONE OF A KIND
自身を賢いキツネで嫌みなヤツと卑下しながら、本心はオレこそが流行を作り出す超売れっ子だぜとツンと鼻を上向きにしてボースティング。スクリューやレゲエ色も組み込んだ上から目線のヒップホップだが、終始からかうような態度で二流以下に絶対的な格差を見せつける。
02CRAYON
TEDDYと手掛けたクラブユースなエレクトロ。ズルズルとねちっこいフロウを吐き出すヒップホップな前半から、一気にEDMへとかっ飛ぶ展開が痛快。一見チャラいパーティ・ソングだが、“クレヨン”を象徴にして偏見や差別を捨てて楽しく踊れというメッセージも。
03WITHOUT YOU (feat.?OF YG NEW GIRL GROUP)
君がいなくなってはじめてその大切さを理解した男が、次第に未練と後悔に苦悩していく物語。悲しげな鍵盤も含め、軽快だが切ないダンス・トラックを背に、やるせなさや諦観もにじませた表情の男女ヴォーカルで綴る。YGグループの新人を名を伏せたままでフィーチャー。
04THAT XX
ボッサ風のオーガニックなギターが優しく染み込むミディアム・ナンバー「あんなヤツ」の韓国語版オリジナル。僕の気持ちがわからない君が憎らしいという恨み節のオンパレードで、浮気なプレイボーイに夢中な彼女に“どうして僕じゃだめなの?”とため息まじりに嘆く。
05MISSING YOU (feat.YUNA KIM OF JAURIM)
傷つけ合うのが嫌で別れたのに、今は君が傍にいなくて沈んでいる……心にポッカリと空いた穴を憂い嘆く失恋ソングだ。晴れやかでピュアな紫雨林のユナ・キムの歌声と口笛も鳴る穏やかなポップ・サウンドが、かえって自業自得の情けなさと切なさを絶妙に醸し出す。
06TODAY (feat.JONG WAN KIM OF NELL)
NELLのキム・ジョンワンを迎えての浮気ソング。今夜だけは彼女がいない“設定”でと新しい女とよろしくやるというプレイボーイな男を描く。美しく繊細なファルセットで幕を開けるミッドだが、“オレは風のように自由だぜ”と言い切る潔さはGDだけの特権か。
07LIGHT IT UP (feat.TABLO、DOK2)
制作・客演にTABLOとDOK2を呼んでのエレクトロ・ヒップホップ。三者三様のスタイルでオレの気持ちに“火をつけてみろよ”と煽るフェイクな三流たちへの挑発ソングで、“ティティリリリ〜”のフレーズなどどこか小馬鹿にした上から目線が痛快だ。
08A BOY
CHOICE37と手掛けた一人の少年の物語。根拠のない自信を最大の武器に13歳から休む間もなく走ってきたトップスター(=G-DRAGON自身)の、犠牲を重ねた青春時代の苦悩と葛藤を綴る。民謡風の明朗なメロディラインとハイトーン・ヴォイスが印象的だ。
09HEARTBREAKER
バッサリと“あんたが嫌い”と言い放たれた男の心痛がキリキリと伝わるよう。エナジーみなぎるホットなエレクトロ・ダンス・トラックに乗せて、俺から離れるなんて認めないからと叫ぶ“元カレ”の足掻く姿を映し出す。
10BREATHE
一人寂しく眠りについた夜に現れた僕のヴィーナス。朝になっても目を覚ましたくない……夢の中に登場する愛しい君に心を寄せる男の悲しき妄想を描く。太くうねるシンセと情熱的な歌唱が駆け抜ける、ダンサブルなエレクトロ・ハウスだ。
11BUTTERFLY (feat.JIN JUNG)
CHOICE37とともに手掛けた、ハートウォームなギターが演出する和やかなムードが心地よい。ふわりと浮遊するようなコーラスとともに胸に宿るときめきを告げるラヴ・ソングで、ぽかぽかとした春の陽気に似つかわしい。心安らぐポップだ。
12HELLO (feat.DARA (from 2NE1))
2NE1のダラを迎えて、恋のきっかけへとつながる出会いを描く。先に声をかけてくれるならと“待ち”状態のガールに、勇気を出して“ハロー”とアプローチ。そのぎこちなさをドキドキ感満開でフロウする。ダンサブルなラップ・チューンだ。
13GOSSIP MAN (feat.GUN MO KIM)
屈強と愉快の両面を持つ国民的歌手、キム・ゴンモの力を借りて、世に蔓延る根も葉もない噂をブッタ切る。俺が犠牲になり世の中が楽しくなるなら、喜んでゴシップのヒーローになると痛烈な皮肉を言い放つ。ディスコと韓国歌謡を融合させたハウシーなダンス・チューンだ。
14KOREAN DREAM (feat.SOL (from BIGBANG))
兄弟格のSOLを迎えた、BIGBANGコンビによるエレクトロ・ダンサー。リーダーのG-DRAGONを筆頭に世界へと羽ばたきコリアンドリームを叶えたBIGBANGの苦悩と矜持を、エッジーに叫び放つ。その熱量がEDMトラックのヴォルテージを上昇させる。
15THE LEADERS (feat.TEDDY&CL (from 2NE1))
リーダーとはなにか。TEDDYと2NE1のCLとともにマイクリレーで説き伏せる硬派なヒップホップ。GDはエースでCLはクイーンとTEDDYが言えば、CLは私が最強のフィメールリーダーと宣言。完全な上目線で三者三様思うがまま、冷徹にフロウをぶちかます。
16SHE'S GONE (feat.KUSH)
挑発的なフロウで展開するエネルギッシュなヒップホップ。自分の元から去った元カノへの恨みにも似た愛情を、客演のKUSHとともに吐き捨てる。切迫したストーリーのラストは、ある女が悲鳴と一緒に姿を消したという物騒なもの。切れ味鋭いラップに凄みがみなぎる。
171 YEAR
KUSHとともに手掛けたスピーディなディスコ・ハウス風ダンス・チューン。君という名のバスに乗るために1年バス停に立って待ち続けていると、君と離れ離れになりそうな恋愛の行方を描く。切なさを帯びながら駆け抜ける曲調が、何ともいえない哀愁を漂わせている。
[1](15)(16)(17)(18)ボーナストラック
封入特典
  • 歌詞・対訳
アーティスト
  • G-DRAGON
    1988年8月18日生まれ、2006年結成の韓国出身の男性ダンス&ヴォーカル・グループ、BIGBANGのリーダー。本名クォン・ジヨン。ジヨンのヨンには“龍”の意味があり、G-DRAGONという名はそこに由来。スタイリッシュなハイトーン・ラッ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015