柴田淳 / COVER 70's

はてなブックマークに追加
柴田淳 / COVER 70's
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COVER 70'S
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-63935
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70
ガイドコメント
柴田淳がデビュー11年目にして放つ初のカヴァー集。「木綿のハンカチーフ」「Mr.サマータイム」「異邦人」など、彼女のルーツともいえる70年代の名曲の数々を透明感のあるヴォーカルで歌い上げる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    10位 (2012/10/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2012/10/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2012/10/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2012/10/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2012/10/29)
収録曲
01異邦人
2012年10月リリース、70年代の名曲カヴァー・アルバムの冒頭曲は、1979年にリリースされた久保田早紀「異邦人」のカヴァー。軽快なテンポにアレンジされているので、切なさを湛えたヴォーカルもどこか爽やかに聴こえる。
02みずいろの雨
1978年に発表された八神純子の代表曲のカヴァー。エモーショナルなメロディとともに高らかに鳴るホーンがドラマティックな歌謡曲に仕上がっている。情熱的でありながらも冷静さを兼ね備えたヴォーカルがクセになる。
03迷い道
1977年リリースの渡辺真知子の1stシングルのカヴァー。哀愁漂うメロディと切ない歌詞を紡ぐヴォーカルは儚げでありながら凛としていて、芯の強さを感じさせる。ヴォーカルと楽曲の相性の良さに惚れ惚れすること必至。
04あなた
1973年発表の、小坂明子のデビュー・シングルのカヴァー。どうしようも切なく悲しい歌詞を紡ぐヴォーカルは、儚げでありながらも芯の強さを感じさせ、絶望的なキーワードがちりばめてあるにも関わらず、希望を感じさせてくれる。
05木綿のハンカチーフ
太田裕美が1975年にリリースした、松本隆作詞、筒美京平作曲による名曲のカヴァー。木枯らし、木綿、ハンカチーフなど、70年代フレイヴァー満載の歌詞が新鮮に響く。高音の可憐な歌声の響きに聴き惚れるキュートなナンバーに仕上がっている。
06飛んでイスタンブール
1978年に発表された、ちあき哲也作詞、筒美京平作曲による庄野真代のナンバーのカヴァー。エキゾチックなサウンドと韻を踏んだ歌詞がシュールな趣を持つ、シリアスでクールでありながらもどこかファニーな印象だ。
07青春の影
チューリップが1974年にリリースした、財津和夫が作詞作曲を手がけた通算6枚目のシングルのカヴァー。穏やかなピアノの音色をメインにしたシンプルな演奏と儚げな歌声に、静かな感動を覚える。流麗なコーラスも印象的だ。
08秋桜
山口百恵の1977年発表の19枚目のシングルで、作詞・作曲を担当したさだまさしの代表作の一つでもある楽曲のカヴァー。ピアノをメインにしたシンプルなサウンドと哀愁漂うヴォーカルがマッチしている。嫁ぐ娘が母を想う歌詞を切々と歌い上げる。
09東京
フォーク・ソング・グループ、マイ・ペースが1974年にリリースしたデビュー・シングルのカヴァー。哀愁漂うメロディを紡ぐ、クールなヴォーカルがクセになる。東京にいる恋人と別れることを決めた切ない歌詞が胸に響く。
10スカイレストラン
コーラス・グループ、ハイ・ファイ・セットの1975年発表の楽曲のカヴァー。荒井由実による、別れを予期した女性の心理を繊細に描いた歌詞が切なく痛々しい。マイナー調の哀愁漂うサウンドがやり切れない思いに拍車をかける。
1122才の別れ
1975年にリリースされた、フォーク・デュオ、風のデビュー・シングルのカヴァー。好きだった人と別れ嫁ぐことに決めた女性の切ない心情を、哀愁漂う寂し気なメロディで紡いだフォーク・ソング。感情的になりすぎない、フラットなヴォーカルが耳に残る。
12Mr.サマータイム
1978年リリースされた、コーラス・グループ、サーカスのシングルのカヴァー。もともとはフランスのシンガー・ソングライター、ミッシェル・フュガン作曲のナンバーの日本語カヴァーで、不倫を悔やむ女性の心情を歌ったもの悲しいメロディのナンバーだ。
アーティスト
  • 柴田淳
    1976年11月19日、東京都生まれの女性シンガー・ソングライター。3歳からピアノを習い、高校の時に聴いたSING LIKE TALKING「離れずに暖めて」を機にポップ・ミュージックへ傾倒、作曲活動を開始。2001年にシングル「ぼくの味方……
  • 同時発売作品
    柴田淳 / COVER 70's [限定]
    VICL-63934   3,143円+税   2012/10/31 発売
    柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70柴田淳 / COVER 70
    70年代のニューミュージック系の名曲を歌った、自身初のカヴァー・アルバム。オリジナル楽曲へのリスペクトが感じられる、原曲のイメージを損なわないシンプルで風抜けの良いアレンジに好感が持てる。安定した歌唱……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015