ビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴ

はてなブックマークに追加
ビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DANGEROUSLY IN LOVE
  • ジャンル:
    ソウル/R&B/ゴスペル(海外)
  • レーベル:
    SONY Records
  • 規格品番:
    SICP-406
  • 価格:
    2,640 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴをAmazon.co.jpで購入するビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴを@TOWER.JPで購入するビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴをHMV.co.jpで購入するビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴを楽天ブックスで購入するビヨンセ / デンジャラスリィ・イン・ラヴをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
デスティニーズ・チャイルドの顔が放つ初ソロ作品。もちろんデスチャ流必殺技をちりばめつつ、より甘く、より艶めかしく、より可愛らしく自己主張。差別化を見事成功させているのがすごい。ジェイZ、ミッシー・エリオットらゲスト陣起用も絶妙だ。くすぐり満載の軽やかな美品。★
ガイドコメント
デスティニーズ・チャイルドのビヨンセ、1stソロ・アルバム。JAY-Zをフィーチャリング、カッコ良くかわいらしい「Crazy In Love」や大ヒット曲「03 Bonnie&Clyde」などを収録。
ガイドコメント
女優・モデルとしても活躍する、元デスティニーズ・チャイルド、ビヨンセのデビュー・アルバム。JAY-Zとのデュエット「'03 ボニー&クライド」を含む大ヒット作で、彼女の地位を確立した作品。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2003/6/23)  ⇒  1位 (6/30)  ⇒  3位 (7/7)  ⇒  7位 (7/14)  ⇒  12位 (7/21)  ⇒  9位 (7/28)  ⇒  16位 (8/4)  ⇒  17位 (8/11)  ⇒  32位 (8/18)  ⇒  36位 (8/25)  ⇒  36位 (9/1)  ⇒  34位 (2004/2/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2003/6/23)  ⇒  2位 (6/30)  ⇒  2位 (7/7)  ⇒  4位 (7/14)  ⇒  8位 (7/21)  ⇒  8位 (7/28)  ⇒  17位 (8/4)  ⇒  10位 (8/11)  ⇒  15位 (8/18)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2003/6/23)  ⇒  1位 (6/30)  ⇒  2位 (7/7)  ⇒  6位 (7/14)  ⇒  6位 (7/21)  ⇒  7位 (7/28)  ⇒  8位 (8/4)  ⇒  7位 (8/11)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2003/6/23)  ⇒  2位 (6/30)  ⇒  1位 (7/7)  ⇒  3位 (7/14)  ⇒  4位 (7/21)  ⇒  4位 (7/28)  ⇒  10位 (8/4)  ⇒  4位 (8/11)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2003/6/23)  ⇒  6位 (6/23)  ⇒  2位 (6/30)  ⇒  2位 (7/7)  ⇒  5位 (7/14)  ⇒  6位 (7/21)  ⇒  7位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2003/6/23)  ⇒  2位 (6/30)  ⇒  2位 (7/7)  ⇒  9位 (7/14)  ⇒  10位 (7/21)  ⇒  10位 (8/11)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2003/6/23)  ⇒  1位 (6/30)  ⇒  1位 (7/7)  ⇒  1位 (7/14)  ⇒  2位 (7/21)  ⇒  3位 (7/28)  ⇒  7位 (8/4)  ⇒  10位 (8/11)
収録曲
01クレイジー・イン・ラヴ (feat.Jay-Z)
シャイ・ライツのオールド・ソウルから引用したホーンがド派手に鳴り響くトラックとラップ的なフレージングで、特に若い女性たちをうならせた、ビヨンセの人気を決定付けた超強力なアップ・ナンバー。パワフルでソウルフルなヴォーカルも最高。
02ノーティ・ガール
エキゾティックな音階に乗せて、ドナ・サマーのヒット曲「ラヴ・トゥ・ラヴ・ユー・ベイビー」をネタ使い。サウンドはもとより、刺激的なリリック、艶っぽいヴォーカルとすべての面で巧みに妖しさを演出し、セクシーなアップに仕上げている。
03ベイビー・ボーイ (feat.ショーン・ポール)
レゲエ界の貴公子ことショーン・ポールをフィーチャーした、ダンスホール的なビートによるフロア・ナンバー。アラビア・テイストのフレーズや音色を導入してパワフルな世界を構築することに成功し、「クレイジー・イン・ラヴ」を上回るヒットを記録。
04ヒップ・ホップ・スター (feat.Big Boi・アンド・スリーピー・ブラウン)
「マリリン・モンローがロックとヒップホップを歌っているような曲」と本人が説明するように、歪んだギターをバックにあえてR&Bの歌唱法を封印して歌ってみせた意欲作。ダンジョン・ファミリーの援護射撃も曲調にピッタリはまっている。
05ビー・ウィズ・ユー
ビヨンセが敬愛するシュギー・オーティスのグルーヴィなナンバーと、Pファンク軍団のブーツィーズ・ラバー・バンドの名バラードを引用して、オリジナルなミッド・グルーヴ曲に。淡々と進行するバックと激しく歌い乱れるビヨンセのコントラストが鮮やか。
06ミー、マイセルフ・アンド・アイ
2003年発売のソロ・アルバム『デンジャラスリィ・ラヴ』収録の、失恋を歌ったミディアム・ナンバー。ダウナーなトラックに乗せて、失恋の痛手を自ら慰めていくような歌唱。その中に静かな力強さが感じられる。
07イエス
ゆったりとしたグルーヴと音数を極端に抑えたトラックにより、歌のためのスペースをしっかりと確保。多重録音によるビヨンセの麗しいハーモニー・アレンジや、フェイクによる歌い回しを存分に味わうことができる、小粋でグルーヴィなナンバー。
08サインズ (feat.ミッシー・エリオット)
男性が圧倒的に優位なヒップホップ界において例外的にトップ・アクト入りを果たしたミッシー・エリオットとのコラボ。ただし彼女のヒット曲にありがちな奇抜なカラーではなく、抑制を効かせた繊細なハーモニーが美しいのミッド・チューンだ。
09スピーチレス
言葉を忘れるほど愛しすぎてしまった女性の一途な想いを、ビヨンセが情感豊かに歌い上げるロマンティックなバラード。ベース、ギター、ドラムといったベーシックな楽器によるバックの演奏は、シンプルながらなんとも味わい深い。
10ザッツ・ハウ・ユー・ライク・イット (feat.Jay-Z)
プライヴェートでもパートナーであるジェイ・Zをフィーチャーし、お互いの「好み」を主張し合う恋人のやりとりを演じてみせた、ハッピーかつラヴリーなミッド・チューン。歌とラップとのデュエット曲としては異例なほどしっくりとしたまとまり具合だ。
11ザ・クローサー・アイ・ゲット・トゥ・ユー (デュエット:ルーサー・ヴァンドロス)
ダニー・ハザウェイ&ロバータ・フラックによる名曲を、大先輩のルーサーとデュエット。静かなイントロからスッと入っていく古風だが洒脱なアレンジや、トップ・シンガー同士ならではの余裕のやりとりが極上のバラードだ。
12デンジャラスリィ・イン・ラヴ2
デスティニーズ・チャイルド名義で吹き込んでいたバラードをソロでリメイク。新たに生ピアノをフィーチャーし、しっとりとした雰囲気をより強く押し出した内容へと微調整しているが、力強くドラマティックな基本路線は同じ。ソウルフルなのだ。
13ビヨンセ・インタールード
インタールードというよりもちょっとしたポエトリー・リーディングと言った方が似合う曲。ギターをつま弾く音がうっすらとバックに聴こえる中で、ハーモニーを色に喩えた詩を朗読している。詩を読む風のビヨンセも魅力的だ。
14ギフト・フロム・ヴァーゴ
シュギー・オーティスの「レイニー・デイ」にインスパイアされて作ったというジャジィな響きが耳にやさしい、軽やかなラブ・バラード。恋から愛へと急速に深まりゆく乙女の想いをストレートに歌った、キュートなリリックが聴きものだ。
15ホワッツ・イット・ゴナ・ビー
2パック「I Wonder If Heaven Got A Ghetto(Hip-Hop Version)」をネタ使いした極上のメロウ・チューン。ネタに対するメロディの乗せ方が素晴らしく、ビヨンセのグルーヴへの適応能力の高さを証明しているという意味でも注目すべき曲。
16'03 ボニー&クライド (Jay-Z・フィーチャリング・ビヨンセ・ノウルズ)
ジェイ・Zにフィーチャーされる形ではあるが、ソロ・キャリアにおける初のヒットがこれ。プリンスの「イフ・アイ・ウォズ・ユア・ガールフレンド」の歌詞を引用しながら、「2003年のボニー&クライドはこのふたり」と運命的な結びつきを歌い上げる、実はお熱い歌。
17ワーク・イット・アウト
ビヨンセの記念すべき第1弾シングルにして、ヒロイン役に抜擢された映画『オースティン・パワーズ ゴールド・メンバー』の主題歌。力のないホーンを煽るようにドライヴしまくるビヨンセのヴォーカルが、フリーキーでクールだ。
仕様
ConnecteD
アーティスト
  • ビヨンセ
    1981年9月4日生まれ、米テキサス州ヒューストン出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー/女優。ビヨンセ・ジゼル・ノウルズとして出生し、愛称は“B(ビー)”。ソランジュは妹、ジェイ・Zは夫。デスティニーズ・チャイルドで名声を馳せ、2……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015