モンゴル800 / ダニエル

はてなブックマークに追加
モンゴル800 / ダニエル
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DANIEL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Tissue Freak Records / ハイウェーブ
  • 規格品番:
    HICC-2201
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    モンゴル800 / ダニエルをAmazon.co.jpで購入するモンゴル800 / ダニエルを@TOWER.JPで購入するモンゴル800 / ダニエルをHMV.co.jpで購入するモンゴル800 / ダニエルを楽天ブックスで購入するモンゴル800 / ダニエルをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
モンパチもすっかり大人になったが、みずみずしいパンク魂とキャッチーなメロディ、まっすぐなメッセージは何も変わっちゃいない。これが4枚目だが、儀間(g)が半分近くの曲を書いてヴォーカルもとるなど、新たな試みも見える。地に足のついた頼もしい音だ。
ガイドコメント
前作『百々』以来、約2年半ぶりとなる“モンパチ”の4thアルバム。沖縄独特のリリックで歌われる愛らしいパンキッシュ・サウンドは、いまだ健在。気分を爽快にしてくれる楽曲が満載だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2006/8/7)  ⇒  6位 (8/14)  ⇒  18位 (8/21)  ⇒  28位 (8/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/8/7)  ⇒  6位 (8/14)  ⇒  19位 (8/21)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2006/8/7)  ⇒  7位 (8/14)  ⇒  2位 (8/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2006/8/7)  ⇒  6位 (8/14)  ⇒  7位 (8/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2006/8/7)  ⇒  6位 (8/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2006/8/7)  ⇒  8位 (8/14)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    2位 (2006/8/14)  ⇒  7位 (8/21)  ⇒  5位 (8/28)
収録曲
01Real Life
3ピース・バンドらしいシンプルなサウンドが小気味いい、ハイ・テンポなナンバー。「NO MORE WAR!」というポリティカルなテーマを、「飲もう!」という言葉にかけてしまうあたりがモンパチ流だ。
02煩悩のブルース
1分30秒という短い尺を超高速で駆け抜ける、メロディック・ハードコア・ナンバー。「迷いなさい、苦しみなさい、千切れるほど、悩みなさい」という彼らのメッセージが、心にダイレクトに伝わってくる。
03
ライヴでオーディエンスが熱狂すること必至の、ストレートなパンク・ナンバー。「亀は食べちゃダメ」という遠い昔の言い伝えをモチーフにしたという、一風変った歌詞が印象的。ちなみに、メンバーはもちろん亀を食べていないとのこと。
04Baby Monster
子育てをした体験をもとに、ベース&ヴォーカル担当の上江洌が自身の子供をテーマに書き下ろした1曲。微笑ましいほどに我が子に対する愛情がたっぷり詰まった、ハッピー・チューンに仕上がっている。
05地球図鑑
“数十年後の未来、子供が祖父に地球の昔話をせがむ”というSFチックな設定が異色のナンバー。聴けば思わず口ずさみたくなるキャッチーなメロディが、ファンタジックな詞世界にうまくハマっている。
06Hunky-dory
ストレートなロックンロール・ナンバーのイメージが強いモンゴル800にしては、珍しくレゲエ風な裏打ちビート・ナンバー。ゆったりとしたリズムの中に、彼らのホームタウンである沖縄の風景が見え隠れしている。
07Hokus-o-em
イントロのギター・ソロが印象的なエモーショナル・トラック。「響きのいい言葉を探して並べてみた」という、モンパチならではのリリック・センスに要注目。ちなみにタイトルは、“ほくそ笑む”と読む。
08ダンスホール
作曲した儀間自ら「不思議なノリ」と評した、変拍子のリズムが独特の雰囲気を醸し出しているナンバー。タテノリの痛快ロックンロール・ナンバーとはまた違う、モンパチの新たな魅力が発見できる1曲だ。
09廃墟
「今までそこにあったものが、なくなっていく」という、なんともいえない喪失感を歌ったトラック。しかし、サウンドはそのような歌詞にもかかわらず、太陽のようにカラリとつき抜けた、ポジティヴなサウンドに仕上がっている。
10スコール
演奏時間が全7分25秒にも及ぶ、壮大でドラマティックなスロー・バラード。降ったかと思えばすぐ止むという沖縄のスコールにインスパイアを受けたサウンドが、時に静かに、時に激しく展開されていく。
11ストーンハウス
「A dream or reality」という歌詞の通り、夢の現実の狭間を行き交うかのようなフワフワとしたサウンドが、リスナーの耳に新鮮に響く。彼らの振り幅の広い音楽性が、ナチュラルに表現されたナンバー。
12face to face
face to face(面と向かって)というタイトルがいかにもモンパチらしいが、不純物が一切ない伸びやかなサウンドもまた彼ららしい。初期モンパチを思わせる、ストレートなロックンロール・ナンバーだ。
13Home
沖縄を離れて暮らす人たちに向けて作られたという、ささやかな応援歌(意外にも歌詞で沖縄という言葉が使われたのは本作が初めて)。アイルランド民謡でよく使われるティンホイッスルの音色が、独特のアクセントになっていて印象的だ。
アーティスト
  • MONGOL800
    沖縄県出身のメロコア・バンド。愛称は“モンパチ”。メンバーは上江洌清作(b,vo)、高里悟(ds,vo)の2名で、高校在学中の1998年に結成。沖縄インディ・シーンで知名度を上げ、2000年に『ゴー オン アズ ユーアー』で全国デビュー。明……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015