ザ・キラーズ / デイ&エイジ

はてなブックマークに追加
ザ・キラーズ / デイ&エイジ
CD
ミニ・レビュー
米ラスベガス出身の4人組のサード(日本先行発売)。英国で先に火がついたのも納得の、スタイリッシュで80年代風なシンセ・ポップ路線が復活する一方、トロピカルでファンキーなナンバーがいいアクセントとなっており、ホーンの導入も見逃せない。
ガイドコメント
3rdアルバムは、プロデューサーにマドンナのアルバムなどを手がけるスチュアート・プライスを迎えて制作。耳に残るフレーズとエッジの効いたギター・サウンドが、ポップな疾走感とともに迫ってくる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    11位 (2008/11/17)  ⇒  17位 (11/24)  ⇒  32位 (12/1)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2008/11/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2008/11/17)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    5位 (2008/11/17)  ⇒  6位 (11/24)  ⇒  10位 (12/1)
収録曲
01LOSING TOUCH
02HUMAN
03SPACEMAN
04JOY RIDE
05A DUSTLAND FAIRYTALE
06THIS IS YOUR LIFE
07I CAN'T STAY
08NEON TIGER
09THE WORLD WE LIVE IN
10GOODNIGHT, TRAVEL WELL
11A CRIPPLING BLOW
12FORGET ABOUT WHAT I SAID
(11)(12)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ザ・キラーズ(US)
    米・ラスヴェガス出身のロック・バンド。メンバーはブランドン・フラワーズ(vo,key)、デイヴィッド・キューニング(g)、マーク・ストーマー(b)、ロニー・ヴァヌッチィ(ds)の4名。フラワーズとキューニングを中心に2002年に結成。200……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015