ビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]

はてなブックマークに追加
ビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DAY AFTER DAY|SOLITAIRE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    DefSTAR RECORDS
  • 規格品番:
    DFCL-1270
  • 価格:
    1,281 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]をAmazon.co.jpで購入するビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]を@TOWER.JPで購入するビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]をHMV.co.jpで購入するビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]を楽天ブックスで購入するビート・クルセイダーズ / デイ・アフター・デイ / ソリティア [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
バンド史上初の両A面シングル。「デイ・アフター・デイ」は、ビークルがあえて2ビートに挑んだら、という逆転の発想から生まれた曲。パンクとファンクをモダンにミックスした感じ。「ソリティア」は、今日もパソコンに向かう孤独な人々に贈る応援歌。
ガイドコメント
2006年春、BEAT CRUSADERSのメジャー第2シーズンの幕開けを飾る両A面シングル。新人にもベテランにも出せない彼ら独特のメッセージ・ソングに仕上がっている。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    1位 (2006/4/3)  ⇒  5位 (4/10)  ⇒  9位 (4/17)  ⇒  16位 (4/24)  ⇒  15位 (5/1)
収録曲
01DAY AFTER DAY
早い8ビートを信条としてきたビークルが、あえて2ビートでやったらどうなるかという逆転(ひねくれ)の発想から生まれた曲。メロコア以降のモダンなパンクネスに、暗いコード感がうまく合体している。
02SOLITAIRE
ちょっぴり気だるさとせつなさを感じさせるビート・ナンバー。イントロと間奏には、イギリスのパンク・バンド、ポーグスに敬意を表してアイリッシュ・トラッドの影響を受けたフレーズを入れている。
03OTHER SIDE OF THE WALL
クボタマサヒコが急にシャッフルをやりたいと気まぐれを起こして、作り始めた曲。シャッフル・ビートには行進しているイメージがあるが、単に朗らかだけではなくダークな部分も融合した、深みのある曲に。
04WINDOM
インディーズ時代の古き良き思い出曲のセルフ・カヴァー。フェスに出ているとデカいメロディが欲しくなり、この曲をリメイクしたという。おおらかなビートと流れるようなメロディが、爽快感を与えてくれる。
(3)(4)ボーナストラック
タイアップ
  • 「DAY AFTER DAY」 - 日本テレビ「X TRAIL JAM IN TOKYO DOME」イメージソング
  • 「SOLITAIRE」 - 日本テレビ「2006 World Baseball Classic」イメージソング
封入特典
  • ダブルジャケット仕様/ライナー
アーティスト
  • BEAT CRUSADERS
    1997年、ヒダカトオル(vo、g)を中心に結成されたロック・バンド。現在のメンバーはヒダカ、クボタマサヒコ(b、cho)、カトウタロウ(g、cho)、マシータ(ds、cho)、ケイタイモ(key、cho)の5人。インディでの活動を経て、2……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015