メガリュウ / デイ・バイ・デイ

はてなブックマークに追加
メガリュウ / デイ・バイ・デイ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DAY BY DAY
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    カッティング・エッジ
  • 規格品番:
    CTCR-14460
  • 価格:
    1,571 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    メガリュウ / デイ・バイ・デイをAmazon.co.jpで購入するメガリュウ / デイ・バイ・デイを@TOWER.JPで購入するメガリュウ / デイ・バイ・デイをHMV.co.jpで購入するメガリュウ / デイ・バイ・デイを楽天ブックスで購入するメガリュウ / デイ・バイ・デイをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
前へ前へ、立ち止まるな、ともかく明日に向かって走り出せ、きっと次へ向かう道が現れる、と同世代にエールを贈る応援ソング。MEGARYUの二人は、決して押し付けではないけれど気持ちを込めたハモリのヒップホップでクールに歌いかけている。
ガイドコメント
東海地区で高い人気を誇る2人組レゲエ・ユニットの3rdミニ・アルバム。対照的なスタイルの2人のヴォーカルが相乗効果的に互いを際立たせているのが特徴的。話題となった横浜ゴム“ECOタイヤDNA”のCMソングも収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    23位 (2006/3/6)  ⇒  40位 (3/20)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2006/3/6)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2006/3/6)  ⇒  6位 (3/13)  ⇒  10位 (3/20)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2006/3/6)  ⇒  5位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2006/3/6)  ⇒  10位 (3/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    12位 (2006/3/6)  ⇒  16位 (3/20)
収録曲
01Day by Day
ヨコハマタイヤ「ECOタイヤDNA」CMソング。ラップの掛け合いとコーラスの気持ちのいいテンポで、“後退りせずに立ち向かえ、やれば何かが見えるさ”と、ポジティヴに生きることを訴えるナンバー。
02全震全霊
しびれるサウンド、突き刺さるメロディがすべてを忘れさせてくれる。“全震全霊”でパーティを楽しもう、と呼びかけるアジテーション・ソング。2人の重さと軽さのヴォイス・ローテーションの兼ね合いが絶妙。
03I miss you
レゲエ・テイストを取り入れたミディアム・テンポのラブ・バラード。失って初めてわかる恋人の優しさ、大切な人だったことを思い起こし、悔やみながらも、新しい明日にスタートしようと明るく歌い上げる。
04着火メン
自ら動くこと、まだまだ燃え上がれる、だからハートに着火しようと、時にドスを効かせた巻舌を交え、パワフルに呼びかける。ニートへの応援歌でもあり、青春を忘れた大人たちへのメッセージ・ソングでもある。
05君をのせて
心地よいレゲエのリズムと掛け合いによるラップのハッピー・ソング。休日に恋人とのドライヴを最高に楽しんでいる数々のシーンが、次々と登場。聴いてるうちに、思わず微笑んでしまうような楽しい曲。
タイアップ
  • 「Day by Day」 - ヨコハマタイヤ「2006 ECOタイヤDNA map ES 340」TV-CM曲
  • 「Day by Day」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」
アーティスト
  • MEGARYU
    MEGA HORN(Dee Jay)、RYU REX(Singer)のコンビによるダンスホール・レゲエ・デュオ。2000年に前身ユニット“マグニチュード”を地元の岐阜で結成する。2002年、NAHKIプロデュースのミニ・アルバム『我流』でイ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015