真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DAZZLING SOUNDS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1189
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入する真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入する真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入する真心ブラザーズ / DAZZLING SOUNDS [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
活動再開第2弾アルバム。桜井のソウル指向、YO-KINGのフォーク/ロックンロール指向とがバランスよく入り交じった、いかにも彼ららしい仕上がり。YO-KINGのバンカラなヴォーカルはすっかり堂々としたもので曲もよく書けている。
ガイドコメント
“DAZZLING=まばゆい、きらめく”とのタイトルが表わすように、キラキラとしたバンド・サウンドが満載されたアルバム。まっすぐな気持ちを綴る中に、ほんのりと苦みを効かせた世界観は、いつもながらに秀逸だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    19位 (2007/11/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    17位 (2007/11/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2007/11/19)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2007/11/19)
収録曲
01きみとぼく
パワフルでキレ味の良いホーン・サウンドとメロディアスで繊細なストリングスの音色が奏でるカラフルなハーモニーが、どこまでも気持ちいい珠玉のポップ・チューン。YO-KINGの奔放で伸びやかなヴォーカルも素晴らしい。
02ずっと遊ぼう
ほのぼのとした歌詞とシンプルで親しみやすいメロディに、YO-KINGのハスキーで温かみのあるヴォーカルが見事にマッチしたポップ・チューン。ビーチボーイズ風コーラス・ワークによる“遊ぼう”のリフレインが耳から離れない!
03家巣、愛夢 OK!
打ち込みと生楽器の絶妙なバランスが生む、幻想的で浮遊感に満ちたサウンド。独特のセンスが輝く郷愁的で不思議な詞やゆったりとしたテンポに乗るほのぼのとしたメロディなど、さまざまな実験的要素が複雑に絡み合って、唯一無二のグルーヴを生んでいる。
04放課後ギター
シンプルで力強い8ビートに乗せたストレートなギター・サウンドが爽快な、ポップ度満点のロックンロール。軽快なホーンの音色が、サウンドに深みと彩りを添えている。サビの“君をさらいたいよ”のリフレインが中毒になりそう。
05Very Very Very
赤裸々でストレートな愛のメッセージが込められた、ミディアム・テンポのロッカ・バラード。飾りっ気のない歌詞とシンプルなギター・サウンドが、見事にはまっている。“すごく すごく すごく……”のリフレインは、もはや魔法だ。
06hospitality
ジャズにブルース、フォークにロックと、彼らが愛するさまざまな音楽のエッセンスをふんだんに散りばめた、カラフルなサウンドが楽しい珠玉のポップ・チューン。大人っぽいアレンジと子供っぽい詞のギャップを、YO-KINGの年齢不詳的なヴォーカルが包み込んだ怪作。
07ちょう
ひと昔前のTVゲームのBGMを彷彿とさせるような、レトロ風のデジタル・サウンドが印象的なポップ・チューン。トリッキーなドラム・パターンと奔放なベース・ラインなど、懐かしさの中にも斬新さが顔をのぞかせている。
08あれあれ、あの、あれ
大好きな映画のタイトルも主演俳優の名前も思い出せない男を題材にした、悲喜劇的な歌詞が楽しいポップ・チューン。古き良きアメリカを彷彿とさせるビッグバンド・サウンドとルーズ気味に歌う桜井のヴォーカルが、ベスト・マッチ。
09All I want to say to you
シンプルなギター・サウンドと胸キュンなストリングス・アレンジがたまらない、ポップなラヴ・ソング。愛する人への気持ちを歌ったまっすぐな詞に、YO-KINGの肩の力が抜けた感じのヴォーカルがピッタリとはまっている。
1012月の雨
日本古来の民謡とポップスを融合させたような、郷愁的かつ斬新なメロディが秀逸な、珠玉の癒し系ナンバー。シンセサイザーと生楽器の絶妙なバランスにより、不思議な浮遊感を持った独特なサウンドが形成されている。
11明日も愛しあえるかい
2007年11月発表のアルバム『DAZZLING SOUNDS』に収録された、ミディアム・テンポのラヴ・バラード。ギターとピアノを基調としたシンプルな構成と美しく親しみやすいメロディに、甘くて優しい響きを持った桜井のヴォーカルが絶妙に絡む。
12メッセージ
2007年11月リリースのアルバム『DAZZLING SOUNDS』の最後を飾る、遊び心あふれるポップ・チューン。ファンシーなデジタル・サウンドと牧歌的なメロディのミスマッチが楽しい。つぶやくようなYO-KINGのヴォーカルが、曲の雰囲気に溶け込むようだ。
仕様
初回のみデジパック仕様
アーティスト
  • 真心ブラザーズ
    日本のロック・バンド。倉持陽一(YO-KING)と桜井秀俊によって、早稲田大学在学中の1989年に結成。TV番組の「勝ち抜きフォークソング合戦」で見事10週勝ち抜き、89年9月に「うみ」でデビュー。95年の『キング・オブ・ロック』からはロッ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015