ストレイテナー / ディア デッドマン

はてなブックマークに追加
ストレイテナー / ディア デッドマン
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DEAR DEADMAN
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-25912
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ストレイテナー / ディア デッドマンをAmazon.co.jpで購入するストレイテナー / ディア デッドマンを@TOWER.JPで購入するストレイテナー / ディア デッドマンをHMV.co.jpで購入するストレイテナー / ディア デッドマンを楽天ブックスで購入するストレイテナー / ディア デッドマンをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
多作なトリオだが、フル・アルバムとしては3作目といえる。いい意味で日本語に聴こえないほど楽器の音と曲の流れに溶け込んだ歌。もちろん美旋律のロック・ミュージックだが、英国ニューウェイヴ譲りの歯切れのいい音も功を奏した、すがすがしい一枚。
ガイドコメント
2006年3月リリースの3rdアルバム。「Melodic Storm」や「Discography」などの既発シングル曲を含む全10曲を収録。これまでの作品に比べ、ロックらしい高揚感やスケール感を一層増した会心の作。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/3/6)  ⇒  12位 (3/13)  ⇒  21位 (3/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2006/3/6)  ⇒  9位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2006/3/6)  ⇒  9位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2006/3/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2006/3/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2006/3/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/3/6)  ⇒  8位 (3/13)  ⇒  9位 (3/20)  ⇒  18位 (3/27)
収録曲
01The Novemberist
静かなイントロから一転、かき鳴らすようなギターとシンセが印象的なミディアム・ナンバー。英語詞と日本語詞の混ざった、壮大な世界観を持つ詞を歌うホリエのヴォーカルが、楽器の一部のように耳なじみよく響く。
02Melodic Storm (DEAR EDIT)
楽器それぞれが主張して調和しているというまさに「Melodic Storm」なアレンジが秀逸。せつなくもさわやかなメロディを歌い、思いを伝えようとするホリエのヴォーカルが引き立つナンバーで、ラストのコーラス・ワークの盛り上げも絶妙だ。
03Blue Sinks In Green
激しいイントロからテンションがあがる、疾走感あふれるアッパーなナンバー。印象の変わる哀愁漂うメロディアスなサビへの急展開もおもしろい。弾きまくるギター・ベースがかっこいい、ポップ・パンクだ。
04Dead Head Beat
苦しい胸のうちをぶちまけるように英詞を叫ぶホリエの高音ヴォーカルが、せつなく胸を締めつけるナンバー。不安をあおるようなギターの美しいアルペジオが耳に残って、感情的な曲をいっそう盛り上げている。
05Sad Code
マーチのようなリズムと「Sad Code」のせつないギター・メロディからはじまるミディアム・バラード。恋人との別れをつづった悲しい詞と壮大なメロディがマッチして、聴けば聴くほど味の出るナンバーだ。
06The Remains (DEAD EDIT)
歯切れよいギター&ベースと疾走感あるメロディアスな曲調に絡みつくヴォーカルが魅せる、ストレイテナーらしいキャッチーなロック・ナンバー。未来への希望を感じさせるサビのつきぬけていくような開放感は、聴き手を病みつきにさせるのに十分だ。
07The Nowarist
“WEEZER+グリーン・デイ”のようなせつなげなメロディが美しい、ポジティヴなパンク・ナンバー。さわやかなホリエのヴォーカルは、“いまを生きる”というポジティヴな思いにあふれているように感じられる。
08Tornado Surfer
タイトなリズムと骨っぽい音、詩的でニヒリズムに満ちた不思議な詞世界、情感たっぷりなホリエのヴォーカル……といった、ちょっとブルージィなパンク・ナンバー。全体的にミッシェルガンエレファントを思わせる雰囲気が漂う一曲だ。
09Discography
エッジの効いたギターが印象的な前半から、徐々にシンセサイザーを効かせ、気がつくとエレクトロ・ロックに変化していく展開が見事。アンダーワールドを思わせるフレーズが盛り込まれるなど、ストレイテナーの幅の広さをあらためて感じる作品だ。
10Farewell Dear Deadman
シンプルなアレンジで泣きメロをきっちり聴かせるミディアム・ロック・ナンバー。哀愁漂うヴォーカルが、アルバムのタイトルにもなっている“DEADMAN”への別れの言葉を紡いでいる。サビの重厚なコーラス・ワークがせつなさをいっそう引き立てている。
タイアップ
  • 「Sad Code」 - NHK-FM「ミュージック・スクエア」エンディングテーマ
アーティスト
  • ストレイテナー
    日本のロック・バンド。愛称は“テナー”。メンバーはホリエアツシ(vo,g,p)、ナカヤマシンペイ(ds)、日向秀和(b)、大山純(g)の4名。1998年に結成。東京を中心にライヴ活動を行ない、2003年にシングル「TRAVELLING GA……
  • 同時発売作品
    ストレイテナー/Emotion Picture Soundtrack [DVD]
    TOBF-5452   2,381円+税   2006/03/08 発売
    ストレイテナー/Emotion Picture Soundtrack [DVD]をamazon.co.jpで購入するストレイテナー/Emotion Picture Soundtrack [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するストレイテナー/Emotion Picture Soundtrack [DVD]をHMV.co.jpで購入するストレイテナー/Emotion Picture Soundtrack [DVD]を楽天ブックスで購入するストレイテナー/Emotion Picture Soundtrack [DVD]をTSUTAYAで購入する
    2006年3月リリースの1stビデオ・クリップ集。デビュー・シングルから「Melodic Storm」までの全10曲のPVを完全コンパイル。タイトル通り、エモーショナルな印象を与える映像が満載。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015