JUJU / DELICIOUS

はてなブックマークに追加
JUJU / DELICIOUS
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DELICIOUS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワンネイション
  • 規格品番:
    AICL-2329
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JUJU / DELICIOUSをAmazon.co.jpで購入するJUJU / DELICIOUSをHMV.co.jpで購入するJUJU / DELICIOUSを楽天ブックスで購入するJUJU / DELICIOUSを@TOWER.JPで購入する
    JUJU / DELICIOUSを山野楽器で購入するJUJU / DELICIOUSをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
楽曲にいっぱいの想いを込めて、でもお洒落に聴かせるのは越境者の強み。テクニシャン系でもウィスパー系でもない、いわばキュート系の上手さ。“ジャズ”の美味しいところを集めた美メロの数々が、多くのJUJUファンに新鮮な体験を届けるだろう。数年後にどう評価されているかがとても楽しみな一枚。★
JUJUが愛してやまないジャズをカヴァーしたアルバム。総合プロデュースに松尾潔、アレンジャー兼ピアニストに島健、ゲスト・ミュージシャンに菊地成孔や渡辺香津美、TOKUらを迎えて、スタンダード・ジャズを披露する。スヌーピーとのコラボも実現。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    12位 (2011/11/28)  ⇒  29位 (12/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2011/11/28)  ⇒  14位 (12/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2011/11/28)  ⇒  10位 (12/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2011/11/28)  ⇒  6位 (12/5)  ⇒  6位 (12/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    10位 (2011/11/28)  ⇒  8位 (12/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    7位 (2011/11/28)  ⇒  15位 (12/5)  ⇒  17位 (12/12)  ⇒  20位 (12/19)
トラックリスト
01A Woman Needs Jazz
松尾潔詞曲制作の日本語詞によるシャレたジャズ・ナンバー。女になれば小粋なジャズが必要なのと歌う。ささやくようなラストの“ジャズ!”などは実に愛らしい。タイトルはレイ・パーカーJr.「ア・ウーマン・ニーズ・ラヴ」からの着想か。
02You'd Be So Nice To Come Home To
コール・ポーターが書いた1943年作品で、ヘレン・メリルが代表的。大橋巨泉の名誤訳「帰ってくれたらうれしいわ」としても知られる。“ずっと一緒ならなんて素敵なの”と、上辺だけのセクシーでは太刀打ちできないアダルトなムードで愛しい想いを語る。
03Night And Day
コール・ポーターがフレッド・アステア主演舞台『Gay Divorce』へ書き下ろした1932年作。邦題は「夜も昼も」。エレガントに踊る鍵盤やホーンに導かれ、いつもあなただけを想ってるのよとチャーミングに歌う。ボッサ調の導入やスキャットなども優しい。
04Candy
1944年に発表されたトランペット奏者、リー・モーガンによるナンバー。彼、ダーリン、ブー……愛する人の呼び方は数あれど、これほど甘い呼び方はないだろう。ここではJUJUも思い切りスウィートなレディになりきって、色気ある歌唱を披露している。
05Cry Me A River
1953年にアーサー・ハミルトンが手掛け、1955年にジュリー・ロンドンの歌唱でヒットしたジャズ・スタンダード。冒頭から漂う憂鬱なムードは、飽きたと言われた女が淋しいと言う男へ「川になるくらい泣いてみて」と迫る苛立ちの感情ゆえか。ほの暗い陰影が秀逸。
06Girl Talk
映画『ハーロウ』用に書き下ろしたニール・ヘフティ作のインストにボビー・トゥループが詞をつけた1965年発表曲。同名曲は現代でもあるが、ここでの“女のおしゃべり”は優雅と気ままが同居したもの。男には理解しがたい愉悦をしっとりと歌う。
07Lullaby Of Birdland
19枚目のシングルとして発表した、ジャズ・ピアニストのジョージ・シアリングの1952年作品のカヴァー。初めて聴いたジャズ・ヴォーカル曲とのことで、愛着もひとしお。スキャットを含めて甘美な佇まいで、ジャズクラブと恋人への深い愛情を吐露する。
08Moody's Mood For Love
1949年、ジェイムズ・ムーディの即興演奏にエディ・ジェファーソンが詞をつけた曲。土岐英史&麻子の父娘共演で妖艶なラヴ・デュエットが完成。JUJUは男役に徹して愛しき人への想いを語る。“DADDY T”の呼びかけに応えるサックス・ソロは粋な演出だ。
09Quizas、Quizas、Quizas
1947年発表の原曲はスペイン語詞だが、ここではほぼ英詞でカヴァー。「Quizas」は「たぶん」の意味で、はっきり愛してると言わない男への煮えきらない態度に“もう「たぶん」はこりごり”と呆れる女をJUJUが好演。ラテン・ムードいっぱいの曲だ。
10Calling You
映画『バグダッド・カフェ』テーマとして1987年に発表。ジェヴェッタ・スティールの原曲はもちろん、ホリー・コール版もヒットした。まとわりつくような倦怠が支配するほの暗いムードに包まれての物憂げな歌唱は、JUJUの真骨頂と呼べる出来。
11Ev'ry Time We Say Goodbye
ブロードウェイ舞台『Seven Lively Arts』書き下ろしのコール・ポーター1944年作。“さよならを言うたびに私は死んじゃう”という何とも愛くるしい句を、艶やかに深い吐息のように口ずさむ。甘美で切ないムードに満ちた大人のラヴ・ソングだ。
12Lush Life
完成はビリー・ストレイホーン19歳の1934年頃、1948年初出の作。ロマンスに浮かれて破れ、孤独な日常に戻っても、酒場の飲んだくれと酔いつぶれて生きてくわと語る女の人生訓を、カクテルを嗜むように深く濃く味わう歌唱で説く。自身のテーマのごとき所作だ。
13みずいろの影
両A面となった19枚目のシングル。松尾潔&川口大輔コンビ作に上品と華やかさを添えたのは、JUJUをジャズの音世界へ導いた島健の鍵盤と名うてのオーケストレーション。松尾の真骨頂の許されざる恋を魅惑にみせるマジックに、JUJUもうっとりと応えている。
タイアップ
  • 「Lullaby Of Birdland」 - テレビ朝日「DOCTORS 最強の名医」主題歌
  • JUJU
    日本のシンガー・ソングライター。名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にシングル「光の中へ」で……
  • AICL-2327〜8   3,800円+税   2011/11/30 発売
    JUJU / DELICIOUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するJUJU / DELICIOUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するJUJU / DELICIOUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するJUJU / DELICIOUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するJUJU / DELICIOUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するJUJU / DELICIOUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    JUJUが愛してやまないジャズをカヴァーしたアルバム。総合プロデュースに松尾潔、アレンジャー兼ピアニストに島健、ゲスト・ミュージシャンに菊地成孔や渡辺香津美、TOKUらを迎えて、スタンダード・ジャズを……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015