eastern youth / Don quijote [廃盤]

はてなブックマークに追加
eastern youth / Don quijote [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DON QUIJOTE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    坂本商店
  • 規格品番:
    KICS-1097
  • 価格:
    3,143 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    eastern youth / Don quijote [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するeastern youth / Don quijote [廃盤]を@TOWER.JPで購入するeastern youth / Don quijote [廃盤]をHMV.co.jpで購入するeastern youth / Don quijote [廃盤]を楽天ブックスで購入するeastern youth / Don quijote [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
通算10枚目のアルバムはここ数作とは異なる東京レコーディング。東京の物理的/心理的な暗闇の中で過去の輪郭は曖昧になり、未来が自分たちに近付いてくる……予感は丁寧なんだけど感情に突き動かされるままのメロディ描写によって自然と浮き彫りになる。★
ガイドコメント
マキシ・シングル「矯正視力○.六」のリリース後、2004年8月に発表された問答無用の最高傑作フル・アルバム。感情をゆさぶる日本語ロックによるエモーショナルなサウンドで、パンク、ロックなどのカテゴリーを取り払った。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2004/8/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/8/2)  ⇒  15位 (8/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2004/8/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2004/8/2)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2004/8/2)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2004/8/2)  ⇒  10位 (8/9)  ⇒  14位 (8/16)
収録曲
01街はふるさと
『Don quijote』のオープニング。意表を突くサビ2段構えの展開が、大きな広がりを見せる。「足許、今日もフラフラ」という人間の弱さをさらけ出す内容の歌詞は、ドラマティックな曲展開とリンクしてリスナーの涙腺を刺激する。
02JET MAN
タイトルどおり疾走感あふれるパンク・ナンバー。荒くれ感全開で“捨てて行け!”と連呼する一方で、“<誰の指図も受けない>なんてなかなか難しいもんだなあ”という詞に、社会の中で生きる人間の葛藤を垣間見ることができる。
03DON QUIJOTE
イントロからメジャー感全開のアンセム・ナンバー。パワフルなギター・ソロ後に訪れる、哀愁感漂うアコースティック・ギターからの展開が聴きどころ。“明日はきっと晴れる 俺には判る”という確固たるポジティヴィティが勇気を与えてくれる。
04暁のサンタマリア
彼らが得意とする突き抜けるようなメジャー感はないが、マイナー調のドスの効いた演奏によってバンド独特の哀愁感を生み出している。聴けば聴くほど楽曲の魅力に引き込まれてしまうナンバーだ。
05矯正視力〇・六
ピアノをフィーチャーした切ないメロディとパワフルかつエモーショナルな演奏が見事にマッチした傑作。“悲しみなんて川に捨てる 本当は内ポケットに仕舞ったままだ”という世界観は、あまりにもリアルだ。
06敗者復活の歌
乾いたギター・ストロークとアルペジオのセッションが心地よいロック・ナンバー。“避けて通れぬ道さ どの道も”と歌う吉野のエモーショナルな歌声からは、生ぬるいものを一切排除した本物のポジティヴィティを感じることができる。
07安手の仮面と間抜けた男
疾走感抜群の8ビート・ロック。だが、それは決して痛快なものではなく、がむしゃらになりふり構わず走る人間だということを、“立ち上がって 意地になって 振り解いていく”という言葉で綴っている。
08夜更けと蝋燭の灯
ギター&ヴォーカルでしっとりと始まるミディアム・ロック・ナンバー。哀愁が漂う爪弾くようなギター・ソロ、それにより引き立つエモーショナルな演奏、言葉を噛み締めるように歌う吉野のヴォーカル。すべてがガッチリと噛み合っている。
09大東京牧場
東京で生きる人々を歌ったミディアム・ロック・ナンバー。沈黙から一気に爆発するサビは凄まじい迫力だ。吉野のエモーショナルな表現は、「ヴォーカル」ではなく「ヴォイス」と呼ぶにふさわしい。
10街灯に明りが灯る前に
しっとりとしたミディアム・テンポにスピーディな8ビートで構成された、ドラマティックなロック・ナンバー。前半の穏やかな声と“街頭に明かりが灯る前に”というこれ以上ないシャウトとのギャップが聴きどころ。
11窓辺
アルバム『Don quijote』のエンディングを飾るミディアム・ロック・ナンバー。言葉を噛み締めるように歌う吉野のヴォイスが効果的に響き、時間が止まったような、切ない雰囲気を作り出している。
アーティスト
  • eastern youth
    北海道札幌市出身のロック・バンド。メンバーは吉野寿(g,vo)、村岡ゆか(b)、田森篤哉(ds)の3名。1988年の結成当初はUK/USパンクやハードコアの影響を感じさせる作風だったが、次第にアグレッシヴかつ日本人的な叙情に溢れた楽曲へ重心……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015