オアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース

はてなブックマークに追加
オアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DON'T BELIEVE THE TRUTH
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    EICP-515
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    オアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルースをAmazon.co.jpで購入するオアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルースを@TOWER.JPで購入するオアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルースをHMV.co.jpで購入するオアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルースを楽天ブックスで購入するオアシス / ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルースをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
イイ意味で図太さの感じられる6作目。過度なアレンジに頼ることなく、楽曲の強さのみで勝負したパワフルな作品だ。ノエルが積極的に作曲に参加したことで、ギャラガー兄弟間の均衡がバランス良く保てた一枚。デビュー10周年を飾るに相応しい快作といえるだろう。
ガイドコメント
2002年にリリースした『ヒーザン・ケミストリー』以来、3年ぶり通算6作目。リアムがヴォーカルを取るポップな曲調の先行シングル「Lyla(ライラ)」を含む、メンバーの自信作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/5/23)  ⇒  1位 (5/29)  ⇒  5位 (6/6)  ⇒  9位 (6/13)  ⇒  19位 (6/20)  ⇒  16位 (6/27)  ⇒  36位 (7/4)  ⇒  37位 (8/8)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/5/23)  ⇒  1位 (5/29)  ⇒  5位 (6/6)  ⇒  10位 (6/13)  ⇒  18位 (6/20)  ⇒  12位 (6/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/5/23)  ⇒  2位 (5/29)  ⇒  6位 (6/6)  ⇒  10位 (6/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/5/23)  ⇒  1位 (5/29)  ⇒  6位 (6/6)  ⇒  10位 (6/13)  ⇒  9位 (6/20)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2005/5/23)  ⇒  1位 (5/29)  ⇒  3位 (6/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2005/5/23)  ⇒  2位 (5/29)  ⇒  10位 (6/6)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/5/23)  ⇒  1位 (5/29)  ⇒  3位 (6/6)  ⇒  7位 (6/13)  ⇒  11位 (6/20)  ⇒  11位 (6/27)
収録曲
01TURN UP THE SUN
アルバム『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース』の幕開けを飾る、アンディ・ベル作のナンバー。ソフトなギターの音が醸すオアシスらしからぬムードから、じっくりとオアシス節へと移行する展開が技アリ。アウトロも秀逸。
02MACKY FINGERS
淡々と同じビートが刻まれる、オアシス新機軸のローファイ・ナンバー。が、聴く人が聴けば、元ネタがヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「僕は待ち人」であることにすぐ気づく。ノエルのソウルフルな歌唱が新鮮。
03LYLA
爽やかなメロディとリアムの男臭い歌唱との絶妙なミスマッチが生む、オアシス得意のシンガロング・ナンバー。ザック・スターキーが叩くメリハリある8ビートがもたらす躍動感は、それまでのオアシスの曲にはない新味だ。
04LOVE LIKE A BOMB
リアム・ギャラガーとゲム・アーチャーの共作曲。アコースティック・ギター主体の牧歌的なムードから晴れ晴れとしたメロディへと高揚する構成の妙は、“作曲家”リアムの才能が開花間近である証。開放的な好曲だ。
05THE IMPORTANCE OF BEING IDLE
ついに「水戸黄門」まで引用!? と驚かされるイントロだが、憂いあるメロディにはキンクスとラーズの曲を合挽きしたような妙味が。「明日は明日の風が吹く」的歌詞をノエルがファルセット・ヴォイスで歌い上げている。
06THE MEANING OF SOUL
ヨーイ、ドンッ!! で一直線に駆け抜ける2コード・ナンバー。リアムのオレ様キャラ全開の歌詞が、小細工皆無の真っ直ぐなメロディともども痛快。50'sロックンロール風のドラム・サウンドが楽曲のアクセントに。
07GUESS GOD THINKS I'M ABEL
自身の兄弟関係を聖書に登場するケインとアベルの関係になぞらえてみせた歌詞。これには「あのリアムがそんな気の利いた歌詞を!?」と驚かされるはず。終始トラッド・フォーク風の雰囲気だが、最後の最後で一変する。
08PART OF THE QUEUE
ノエルが得意とするアコースティック・ギター主体の熱っぽい曲。が、そこにシャッフル・ビートでアクセントを付けるあたりに成長の跡が。聴くうちにストラングラーズの「ゴールデン・ブラウン」が脳内でシンクロ。
09KEEP THE DREAM ALIVE
夢を追い続けられないまま人生の岐路に向かう男を描いた、ほんのりサイケデリックで、ほのかに苦み走ったミディアム・ナンバー。切ないメロディが哀楽を、リズム隊が生み出す力強いサウンドが喜怒を体現している。
10A BELL WILL RING
ゲム・アーチャーがソングライターとしての本領を発揮したロッキンなナンバーは、ビートルズ『リボルバー』からの影響色が濃い凝ったサウンド。これまでのオアシスの曲がたじろいでしまうほどにポジティヴな歌詞だ。
11LET THERE BE LOVE
ロック・クラシックの風味をあれこれ混合した、オアシス得意の名曲再構築メロウ・ナンバー。ノエルとリアムが一曲を分担して歌うパターンは、オアシス史上、久々の快挙。大げさ紙一重のアレンジが、いかにも彼ら。
12CAN Y'SEE IT NOW? (I CAN SEE IT NOW!!)
センチなメロディを得意とするソングライター、ノエルの裏サイドを全面に出したスペーシーなインスト。これを聴けば、彼がケミカル・ブラザーズやデス・イン・ヴェガスを支持する理由もよく分かる。妙な高揚感が◎。
13SITTING HERE IN SILENCE (ON MY OWN)
おなじみのビートルズ風イントロ……も何も、これは「セクシー・セディ」でしょ、なメランコリック・ナンバー。2分足らずの短い曲ながら、鉄琴を鳴らすなどアレンジ面でひと工夫。でも「セクシー・セディ」だ。
(12)(13)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Let There Be Love」 - 東宝「シュガー&スパイス〜風味絶佳〜」挿入歌
  • 「Lyla」 - ソニー「NETJUKE」TV-CMソング
  • 「Lyla」 - ソニー「WALKMAN S series」TV-CMソング
  • 「Lyla」 - 東宝「シュガー&スパイス〜風味絶佳〜」主題歌
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • オアシス(Rock)
    英マンチェスター出身のロック・バンド。リアムとノエルのギャラガー兄弟を中核として、1994年に『オアシス』でアルバム・デビュー。全英初登場1位となりスターダムにのし上がると、メンバーチェンジを重ねながら2009年の活動停止までトータル700……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015