CHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]

はてなブックマークに追加
CHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DOUBLE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    A&M
  • 規格品番:
    UMCK-1217
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    CHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するCHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]をHMV.co.jpで購入するCHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]を楽天ブックスで購入するCHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    CHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]を山野楽器で購入するCHAGE and ASKA / DOUBLE [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
5年ぶりの通算21作目。5〜7,10曲目がシングルのためか(8、9曲目もカップリング)全体にポップな作品が多い。ASKAらしい壮大な10曲目も見事だが、お茶目な歌声と歌詞の1曲目も新鮮。二人の歌声、二つの方向性などがタイトルどおり楽しめる。CHAGEが原風景を歌った9曲目に感涙。
ガイドコメント
前作『NOT AT ALL』より約5年ぶりとなる、CHAGE&ASKAのユニバーサル移籍第2弾アルバム。「36度線−1995夏−」や「僕はMusic」など、シングル4曲を収録。再開させるユニット活動への強い意欲に満ちている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    27位 (2007/1/22)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    19位 (2007/1/22)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2007/1/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2007/1/22)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2007/1/22)
収録曲
01パパラッチはどっち
アイロニーの効いた独特な詞世界や、ASKAの絡みつくようなヴォーカルとCHAGEの絶妙なコーラス、そしてメロディアスでキャッチーなサビと、彼らの魅力がすべて詰まった渾身のポップ・ソング。シンセサイザーの不思議な音色が良いアクセントを与えている。
02Wasting Time
ディストーションを効かせたギター・リフが印象的な、アダルト・テイストのミディアム・ロック・ナンバー。シンプルかつタイトなバンド・サウンドを包み込むような重厚なコーラス・ワークが、曲に深みとアクセントを与えている。
03地球生まれの宇宙人
作詞・作曲そしてヴォーカルと、“ポップ・スター”ASKAここにありと言わんばかりの傑作。深いながらも決して説教臭くならない歌詞、独特ながら親しみやすいメロディ、クセがあるのに心地よい歌声……と、そのすべてが見事な結合を見せている。
04ボクラのカケラ
日々の疲れで元気と勇気が不足しがちなアナタにオススメのポップ・チューン。ポジティヴなメッセージが込められた歌詞やにぎやかなホーン・サウンド、そして2人のパワフルでハートフルなヴォーカルが、聴く者にエネルギーを与えてくれる。
05Here&There
0636度線-1995夏- (album ver.)
肩の力が抜けた感じの詞や、レゲエやボサ・ノヴァといったさまざまな南国風の音楽のエッセンスをちりばめたサウンドが楽しいポップ・チューン。高低差の大きなメロディが、ASKAの妖しくセクシーなヴォーカルを引き立てている。
07僕はMusic
Aメロでのたたみかけるようなラップが印象的な、ノリノリのポップ・チューン。Aメロの意外性と、チャゲアスらしいパワフルなサビで、1曲で2度おいしい作り。「イェイ! イェイ! イェイ!」と叫び続けるCHAGEのハジケっぷりが楽しい。
08光の羅針盤 (コンパス) (album ver.)
幻想的で壮大なスケール感が漂う、マンドリンやバンジョーの重厚なサウンドが印象的なミディアム・ナンバー。作詞・作曲を担当したCHAGEがリード・ヴォーカルをとり、コーラスをASKAが担当している。
09crossroad〜いまを生きる僕を〜 (album ver.)
CHAGEのリード・ヴォーカルによる、しっとりとしたジャジィ・テイストのスロー・バラード。ストリングスとコーラスを中心としたシンプルなサウンドが、深みのある詞と温かみある歌声を包み込んで、美しいハーモニーを奏でている。
10Man and Woman
バック・バンド・メンバー澤近泰輔のアコースティック・ピアノをフィーチャーしたミディアム・バラード。抑えながらも感動的なヴァースから劇的なサビへと、メロディ・メイカー・ASKAの本領が発揮された、雄大で躍動感に満ちたメロディが印象的。
タイアップ
  • 「Here&There」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Here&There」 - フジテレビ「ウチくる!?」エンディングテーマ
  • 「Man and Woman」 - TBS「2時っチャオ!」エンディングテーマ
  • 「Man and Woman」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
アーティスト
  • CHAGE&ASKA
    CHAGE(本名・柴田秀之)とASKA(本名・宮崎重明、ともに58年福岡県出身)によるデュオ。1979年に「ひとり咲き」でデビュー。81年の「万里の河」の大ヒットで人気を獲得。着実にファンを拡大しながら、91年には「SAY YES」が連続1……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015