ベイビー・シャンブルズ / ダウン・イン・アルビオン [廃盤]

はてなブックマークに追加
ベイビー・シャンブルズ / ダウン・イン・アルビオン [廃盤]
CD
ミニ・レビュー
元リバティーンズのピーター・ドハーティーが結成したバンドのデビュー盤。スキャンダラスな話題に事欠かない彼の素性が、酔いどれロックの形を借りて生々しく晒された快作だ。スカからサイケまで、その幅広い音楽性を聴くと、彼が天才と呼ばれるのもよくわかる。
ガイドコメント
ザ・リバティーンズのピーター・ドハーティ率いる4人組バンドの1stフル・アルバム。ラフな中にもクールさを持ち合わせる彼らしいパンク・サウンドが魅力。ゴシップでも騒がれる彼の圧倒的な存在感は圧巻。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2005/11/7)  ⇒  13位 (11/14)  ⇒  27位 (11/21)  ⇒  39位 (11/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2005/11/7)  ⇒  10位 (11/14)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2005/11/7)  ⇒  10位 (11/14)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2005/11/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    10位 (2005/11/7)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2005/11/7)  ⇒  3位 (11/14)  ⇒  6位 (11/21)  ⇒  12位 (11/28)  ⇒  14位 (12/12)
収録曲
01La belle et la bete
02FUCK FOREVER
03A'REBOURS
04THE 32ND OF DECEMBER
05PIPEDOWN
06STICKS AND STONES
07KILLAMANGIRO
088 DEAD BOYS
09IN LOVE WITH A FEELING
10PENTONVILLE
11WHAT KATY DID NEXT
12ALBION
13BACK FROM THE DEAD
14LOYALTY SONG
15UP THE MORNING
16MERRY GO ROUND
17FLOPHOUSE
18WHAT KATIE DID
(17)(18)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:F  k Forever (Clean Version of“Fuck Forever”) (video)
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ベイビーシャンブルズ
    その振舞いの破天荒さでも注目を集める英国の人気ロック・バンド、ザ・リバティーンズのフロントマンであるピーター・ドハーティを中心に結成された4人組。2003年に始動、ザ・リバティーンズと並行して活動を行なう。04年、セルフ・タイトルの限定シン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015