ステイシー・ケント / ドリーマー・イン・コンサート〜ライヴ・イン・パリ

はてなブックマークに追加
ステイシー・ケント / ドリーマー・イン・コンサート〜ライヴ・イン・パリ
CD
ミニ・レビュー
ジャズ歌手ステイシー・ケントの仏ブルーノート第3弾で、初のライヴ・アルバム。会場のラ・シーガルは音響がいいので選ばれた。夫でサックスのジム・トムリンソンとピアノ・トリオを従え、ステイシーはギターも演奏。スタンダードのほかに仏語の歌、ボサ・ノヴァなどを歌う。
ガイドコメント
ステイシーの母国であるアメリカのソングブックと昨今活動のフォーカスとなっているフランスのシャンソンを織り交ぜた極上のライヴ・アルバム。ジョビンのカヴァーまでさらりと歌いきる器の大きさは特筆もの。
収録曲
01IT MIGHT AS WELL BE SPRING
02CES PETITS RIENS
03POSTCARD LOVERS
04IF I WERE A BELL
05CORCOVADO
06WATERS OF MARCH
07THE BEST IS YET TO COME
08O COMBOIO
09DREAMER
10BREAKFAST ON THE MORNING TRAM
11THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FROM ME
12SAMBA SARAVAH
13JARDIN D'HIVER
14MI AMOR
15コラサォン・ヴァガブンド
(14)(15)ボーナストラック
演奏
ステイシー・ケント(VO,G 他) ジム・トムリンソン(SAX,PERC) グラハム・ハーヴェイ(P) ジェレミー・ブラウン(CB) マット・スケルトン(DS,PERC)
録音
2011.5
封入特典
  • 解説・歌詞・ライナーノーツ
アーティスト
  • ステイシー・ケント
    米ニューヨーク生まれの女性ヴォーカリスト。サラ・ローレンス大学では文学を専攻。91年のヨーロッパ旅行の際、ロンドンで英国のミュージシャンと交流を深めて以降、ロンドンを拠点に活動中。97年にキャンディド・レーベルからデビュー作『クローズ・ユア……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015