DUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]

はてなブックマークに追加
DUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]
SA-CD
SA-CDハイブリット
  • 原題:
    DUO 3
  • ジャンル:
    クラシック 〜 独奏曲
  • レーベル:
    フォンテック
  • 規格品番:
    FOCD-9553
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    DUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]をAmazon.co.jpで購入するDUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]をHMV.co.jpで購入するDUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]を楽天ブックスで購入するDUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]を@TOWER.JPで購入する
    DUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]を山野楽器で購入するDUO 3 岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P) [SA-CDハイブリッド]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
岡崎、伊藤のDUOシリーズ3作目。過去2枚同様ベートーヴェンのソナタが1曲入っている。こんな感じでソナタ全集作り上げちゃうんだろうか。上げてくれると嬉しいけど。とにかく岡崎の音がきれい。ニュアンス豊かで表現に奥行きがある。それにも増して伊藤がめちゃくちゃうまいのだ。★
トラックリスト
●ベートーヴェン:
01ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調op.30-2
シューベルト:
02幻想曲ハ長調D.934 op.post.159
仕様
SA-CDハイブリッド仕様
演奏
岡崎慶輔(VN) 伊藤恵(P)
録音
2011.8
  • 伊藤恵
    ピアニスト。1959年愛知県出身。桐朋学園高校からザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学、ハノーファー国立音大でライグラフに師事。81年ロン=ティボー・コンクールで3位、83年にはミュンヘン国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾り、サヴァリ……
  • 岡崎慶輔
    1979年福岡生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。96年リューベック国立音楽大学(ドイツ)に入学、ザハール・ブロンに師事。97年、第7回ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリン・コンクール(シニア部門)で日本人初の第1位を受賞。98年よりケルン国……
  • フランツ・ペーター・シューベルト
    1797年生まれ。1828年没。オーストリアの作曲家。ロマン派音楽の開拓者で、ドイツ歌曲の基礎を築いた。早くから才能をあらわし、サリエリに認められ教えを受けた。ほとんど定職を持たずに、友人らに支えられて生活。オペラから歌曲、教会音楽まで幅広……
  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    1770年生まれ。1827年没。ドイツの作曲家。祖父も父も宮廷歌手。14歳で宮廷オルガニスト。1792年ワルトシュタイン伯爵の後援でウィーンに行き、ハイドン、アルブレヒツベルガー、サリエリらに学ぶ。革新的な作風は表現の幅を拡大し、ロマン派へ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015