フー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス

はてなブックマークに追加
フー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ECHOES, SILENCE, PATIENCE & GRACE
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ROSWELL RECORDS / RCA
  • 規格品番:
    BVCP-21552
  • 価格:
    2,669 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    フー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイスをAmazon.co.jpで購入するフー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイスを@TOWER.JPで購入するフー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイスをHMV.co.jpで購入するフー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイスを楽天ブックスで購入するフー・ファイターズ / エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイスをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
10年ぶりにギル・ノートンが制作を担当した2年ぶり6枚目のアルバム。重厚かつ躍動感に満ちたナンバーを軸に、要所要所に生ギターやピアノをバックにした、しっとり系の楽曲を配した構成はオーソドックスだが、中庸の美とでもいうべきロックがここにはある。
ガイドコメント
アメリカを代表するロック・バンド、フー・ファイターズの6thアルバム。ギル・ノートンをプロデューサーに迎え、エッジの効いた激しいロック・サウンドを繰り広げている。彼ららしいエネルギッシュな一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2007/9/24)  ⇒  6位 (10/1)  ⇒  8位 (10/8)  ⇒  12位 (10/15)  ⇒  37位 (10/22)  ⇒  25位 (10/29)  ⇒  30位 (11/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/9/24)  ⇒  5位 (10/1)  ⇒  9位 (10/8)  ⇒  19位 (10/15)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/9/24)  ⇒  6位 (10/1)  ⇒  10位 (10/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/9/24)  ⇒  5位 (10/1)  ⇒  7位 (10/8)  ⇒  8位 (10/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2007/9/24)  ⇒  7位 (10/1)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/9/24)  ⇒  7位 (10/1)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/9/24)  ⇒  2位 (10/1)  ⇒  1位 (10/8)  ⇒  2位 (10/15)  ⇒  9位 (10/22)  ⇒  10位 (10/29)  ⇒  11位 (11/5)  ⇒  14位 (11/12)  ⇒  14位 (2008/3/31)
収録曲
01THE PRETENDER
アコースティックな響きに乗り、穏やかに歌い出されるイントロから急転直下。アグレッシヴなサウンドやヴォーカルが怒涛のごとくあふれ出し、ハイテンションな世界へ引きずり込む、アルバム『エコーズ,サイレンス,〜』のオープニングを飾るにふさわしいナンバー。
02LET IT DIE
美しいメロディを奏でるアコースティック・サウンドと溜め込んだエネルギーを一気に吐き出すかのような轟音と咆哮が、鮮やかな対比をみせるナンバー。カート・コバーンの死を思い起こさせる歌詞にも注目。
03ERASE/REPLACE
強靭なリズム・セクションと小刻みにフレーズを奏でるギターをバックに、ありったけの感情をぶつけるデイヴ・グロールのシャウトが胸に響くヘヴィ・チューン。美しいメロディの端々にどこか懐かしさを感じる、そんな一曲だ。
04LONG ROAD TO RUIN
1970〜80年代のウエスト・コースト・ロックを思わせる爽やかな疾走感とハーモニーを聴かせつつ、フー・ファイターズらしいヘヴィネス、エナジーの放出もきっちり表現したナンバー。アメリカン・ロックの正常進化ともいえる曲。
05COME ALIVE
つぶやくような抑え気味のヴォーカルとメロディアスな旋律を奏でるアコースティック・サウンドを聴かせる前半部。そこから徐々に高揚感を増していき、ヘヴィなカオス状態へなだれ込んでいく後半部。静と動の両極を一曲に収束したナンバーだ。
06STRANGER THINGS HAVE HAPPENED
フォーキーな佇まいの中にアグレッシヴな情感を秘かに内包した、ニール・ヤングを彷彿とさせるアコースティック・チューン。生ギターの乾いた響きが寂寥感を演出し、デイヴ・グロールの哀感込めた歌唱を絶妙にサポートしている。
07CHEER UP, BOYS (YOUR MAKE UP IS RUNNING)
ギター、ドラム、ベースが三位一体となって激しく畳み掛けるフレーズをはじき出す。イントロから怒涛のエンディングまで、ロックのダイナミズムをダイレクトに表現した、フー・ファイターズのアクティヴな面を象徴するナンバー。
08SUMMER'S END
ぶっといギターの音とそれを支える強靭なリズム・セクションのタフでワイルドなサウンドや、デイヴ・グロールの愁いを含んだヴォーカルは、ニール・ヤングの作品を想起させる。土埃舞う荒地を疾駆するようなヘヴィ・チューンだ。
09BALLAD OF THE BEACONSFIELD MINERS
驚異的なテクニックの持ち主として知られ、数多くのミュージシャンと共演し、ソロ作も発表している女性ギタリスト、カーキ・キングをゲストに迎えた生ギターによるインストゥルメンタル。小品ながら味わい豊かなナンバー。
10STATUES
デイヴ・グロールによるピアノをフィーチャーしたミディアム・チューン。緩やかに流れゆく雲のような、ゆったり感と柔らかさを持ったスケール豊かな曲で、フー・ファイターズが獲得したいい意味での大人の余裕を感じさせる。
11BUT, HONESTLY
マイルドな響きを紡ぐアコースティック・ギターをフィーチャーした穏やかな前半から、堰を切ったように奔流が暴れまくるアグレッシヴな後半への変化がスムースかつ鮮やか。フー・ファイターズの二面性を巧みに表現したナンバーだ。
12HOME
デイヴ・グロール本人がピアノを弾きながら、切々と感情込めて丁寧に歌い綴るスロー・ナンバー。ある種、達観した心境を描いた歌詞の中で、“今の望みは家に帰ることだけ”というフレーズがもの悲しさとともに親近感を抱かせる。
13ONCE & FOR ALL
ズッシリとした手応えを与えるサウンドと、それをしっかり受け止めて力強い歌唱を聴かせるデイヴ・グロールのヴォーカルが一体となったヘヴィ・チューン。クールなフレーズを奏でるクリス・シフレットのギターも印象的だ。
14SEDA
牧歌的な雰囲気をたたえた、シャッフル調の軽快なアコースティック・ナンバー。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングなど、1960〜70年代のカントリー/ウエスト・コースト・ロックのバンドがやっても似合いそうな、ハートウォーミングな魅力がある。
(13)(14)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/携帯保護シールシート(初回のみ)
アーティスト
  • フー・ファイターズ
    米・ワシントン州シアトル出身のオルタナティヴロック・バンド。元ニルヴァーナのドラマーとして活動したデイヴ・グロール(vo,g)を中心に、1994年に結成。グランジやパンク風のサウンドにポップなメロディを添えて人気を博し、世界的なバンドへと成……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015