ブラック・アイド・ピーズ / エレファンク [廃盤]

はてなブックマークに追加
ブラック・アイド・ピーズ / エレファンク [廃盤]
CD
ミニ・レビュー
女性シンガーをメンバーに加えてのサード作。バンドと打ち込み、歌とラップを自在に使いこなして、さらにはジャスティン・ティンバーレイクまで使いこなして、デビュー作から続く音楽的癖というか持ち味を保ちながら、大きく逞しく幅を広げた作品。★
ガイドコメント
オーガニックなヒップホップ・サウンドで人気のBEPの3rdアルバム。象の歩くスピードのグルーヴをコンセプトにした、温かみのあるメロウな作品だ。イン・シンクのジャスティン・ティンバレークも参加。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    19位 (2003/7/7)  ⇒  18位 (7/14)  ⇒  25位 (7/21)  ⇒  25位 (7/28)  ⇒  32位 (8/4)  ⇒  21位 (8/11)  ⇒  13位 (8/18)  ⇒  18位 (8/25)  ⇒  17位 (9/1)  ⇒  21位 (9/8)  ⇒  32位 (9/15)  ⇒  36位 (10/13)  ⇒  37位 (12/29)  ⇒  31位 (2004/1/5)  ⇒  19位 (1/12)  ⇒  32位 (1/19)  ⇒  21位 (2/2)  ⇒  22位 (2/9)  ⇒  27位 (2/16)  ⇒  30位 (3/1)  ⇒  19位 (3/8)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    20位 (2004/2/2)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2003/8/18)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2004/3/8)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    9位 (2003/7/7)  ⇒  8位 (7/14)  ⇒  12位 (7/21)  ⇒  14位 (7/28)  ⇒  13位 (8/11)  ⇒  7位 (8/18)  ⇒  7位 (8/25)  ⇒  6位 (9/1)  ⇒  12位 (9/8)  ⇒  10位 (2004/1/12)  ⇒  15位 (1/19)  ⇒  11位 (2/2)  ⇒  11位 (2/9)  ⇒  10位 (2/16)  ⇒  12位 (3/1)  ⇒  8位 (3/8)
収録曲
01HANDS UP
02LABOR DAY (IT'S HOLIDAY)
03LET'S GET RETARDED
04HEY MAMA
持ち前の天然素材ヒップホップに、ダンスホール・レゲエのリズムをセンス抜群に取り込んだ時点で勝負あり。音楽は皆兄弟。そんな標語すら唱えたくなる、複数ジャンルが違和感なく溶け込んだコシのあるトラック。踊りたい夜にはこの曲で。
05SHUT UP
06SMELLS LIKE FUNK
07LATIN GIRLS
08SEXY
09FLY AWAY
10THE BOOGIE THAT BE
11THE APL SONG
12ANXIETY
13WHERE IS THE LOVE
ジャスティン・ティンバーレイクの参加に誰もが驚いたスウィート・メロウ・ナンバー。普段はお祭り騒ぎが基本線の彼らだからこそ、この曲に込められた「世界平和・人類愛・人種差別弾劾」のメッセージも逆に説得力を増す。
14SUMTHIN FOR THAT ASS
タイアップ
  • 「Hey Mama」 - アップルコンピューター「iPod」
  • 「Let's Get Retarded」 - アップルコンピューター「iMac G5」
アーティスト
  • ブラック・アイド・ピーズ
    米・ロサンゼルス出身のヒップホップ・ミクスチャー・グループ。ウィル・アイ・アム、アップル・デ・アップ、タブーの3名を中核とし、前身のアトバン・クランから現名称へ改名。1995年に再始動。ユニークなパフォーマンスが評判を呼び、ファーギーが加入……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015