リップスライム / エポック

はてなブックマークに追加
リップスライム / エポック
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    EPOCH
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-10370
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    リップスライム / エポックをAmazon.co.jpで購入するリップスライム / エポックを@TOWER.JPで購入するリップスライム / エポックをHMV.co.jpで購入するリップスライム / エポックを楽天ブックスで購入するリップスライム / エポックをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
DJ FUMIYAが復活した2年ぶり5枚目のオリジナル・アルバムは、『進め!電波少年』のようなサイバー・ドラム入りアフリカン・ビートで幕を開ける。テーマは“自然と文明の共存”。くるりやスチャダラパー、m-floのVERBALら豪華なゲスト陣が華を添えるアッパーな仕上がり。★
ガイドコメント
休養していたDJ FUMIYAも復帰したRIP SLYMEが放つ、約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム。くるりとのコラボ作「ラヴぃ」やヒット・チューンの「ブロウ」などを収録。2ndステージの幕開けにふさわしい、エポック・メイキングな作品に仕上がっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2006/11/27)  ⇒  18位 (12/4)  ⇒  39位 (12/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2006/11/27)  ⇒  13位 (12/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/11/27)  ⇒  7位 (12/4)  ⇒  18位 (12/11)  ⇒  19位 (2007/1/8)
収録曲
01EPOCH〜intro〜
野生動物の雄たけび&鳥のさえずり、そして、アジア・テイストたっぷりの弦楽器のフレーズでスタートする『エポック』オープニング・イントロ。しばらく療養していたDJ FUMIYAへの“おかえり!”がたっぷりと含まれたMCも、かっこよくて感動的。
02ELEPHANT
コミカルな音像と聴く者をがっちりとROCKする“強さ”が兼ね備えられたトラックは、まさにFUMIYAならでは。“理由なんて考えないで、とにかくパーティを続けていこう”といった、ヴァイブレーションが伝わるフロウも気持ちいい。
03Hot chocolate
“ビター・チョコレート”な感じの、グルーヴィでセクシーな低音ラップから、誰もが口ずさめるサビへの展開はさすがRip Slyme。トロットロに甘くエロい歌詞も要注目。DJ FUMIYA不在ながら見事!
04ブロウ
生のエレクトリック・ギターをフィーチャー、テイストの異なる複数のリズムを組み合わせ、さらにストリングまで加えたFUMIYAのトラックがとにかく素晴らしい。しっかりと抑制を効かせ、大人っぽいヴァイブレーションを放射するフロウもいい。
05Island
森広隆との共作によるレゲエ・チューン。TUFF SESSIONのヨウヘイ(パーカッション)をフィーチャーしたリズムは十分に骨太でありながら、とろけるほどにメロウ。スロウ&フリーな雰囲気がたまらなく気持ちいい。
06パーリーピーポー (Hosted by VERBAL)
VERBAL(m-flo)をホストに招いたパーティ・チューン。チープでシックなムードをたたえたエレクトロ・ビートのなかで、VERBALがリップスライムのメンバーを紹介。そしてパーティへと突入だ!
07DIG DUG
80'sゲーム・ミュージック風のサウンドと“ドスンドスン”という形容がぴったりハマるビートがひとつになった、ユニークなナンバー。リップスライムが持つ“ナチュラル・ボーン・遊び心”がばっちり炸裂している。
08レッツゴー7〜8匹 (feat.スチャダラパー)
スチャダラパーをフィーチャー、ドリフから“ちょっと、ちょっとちょっと”まで、幅広いギャグ・センスとヒップホップの自由さが交差するフロウが軽やかで印象的。FUMIYAとシンコのスクラッチ・バトル(?)もかなり楽しい。
09Break beats ERA
緻密に構築されたリズム・アレンジやチル・アウト系のグルーヴと、ほんのりと生まれてくる高揚感をたたえたインスト。FUMIYAの持つ唯一無二の音楽センス、トラックメイカーとしての技術の高さがここにもはっきりと示されている。
10アゲインスト
アグレッシヴかつダークなイメージのトラックの中で、”逆らえ 抗え”という強烈なメッセージが響きわたる、ラジカル・ヒップホップ。“精神的にアンチエイジング”というフレーズからは、彼らの存在の強さがストレートに伝わってくる。
11ラヴぃ (リップスライムとくるり)
“リップスライムとくるり”名義としてリリースされたシングル。アコースティックなサウンドとヒップホップ的ビート、ノスタルジックなメロディとスムースなフロウが完璧に融合したこの曲は、まさにコラボレーションの理想形だ。
12Present
60〜70年代のエヴァーグリーン・ポップスの2000年代ヒップホップ的解釈、とでも形容すべき、ポップで愛らしいナンバー。“プレゼント”をめぐる感情の数々を叙情的に映し出したリリックも、なんだかとてもかわいい。
13LINDA
本格的なアコースティック・ジャズのムードをたたえたピアノに、けだるくもセクシーな女性ヴォーカルをフィーチャーしたインタールード。ゆったりと心地よい気分転換であると同時に、アルバム『エポック』全体のアクセントにもぴったりだ。
14Wonderful
ジャズのビッグバンドっぽい大らかでクールなスウィングをバック・トラックに、“どんどんさわげ、がんがん踊れ。明日はきっと素晴らしい!”というメッセージを感じさせてくれるフロウ。これらが、聴く者の気分を軽やかに上げてくれる、シックでハッピーなナンバー。
仕様
初回のみ三面見開きパノラマ紙ジャケ仕様
タイアップ
  • 「ブロウ」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「ブロウ」 - リクルート「フロム・エー」TV-CMソング
  • 「ブロウ」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「ブロウ」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「ラヴぃ」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
封入特典
  • ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • RIP SLYME
    日本のヒップホップ・グループ。メンバーはRYO-Z、ILMARI、PES、SUの4MCとDJのFUMIYAによる5名。1994年に結成し、2001年のシングル「STEPPER'S DELIGHT」でメジャー・デビュー。以降、日本武道館公演を……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015