レミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]

はてなブックマークに追加
レミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ETHER
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スピードスター
  • 規格品番:
    VICL-61577
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    レミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するレミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]をHMV.co.jpで購入するレミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]を楽天ブックスで購入するレミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    レミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]を山野楽器で購入するレミオロメン / ether(エーテル) [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
「3月9日」「アカシア」「モラトリアム」「南風」というシングル曲を含むセカンド・アルバム。メンバー三人によるシンプルなサウンドにこだわってきた彼らが、自らの音楽性を広げるべく、ストリングス〜打ち込み〜鍵盤といった要素をどん欲に取り入れた意欲作。
ガイドコメント
『朝顔』に続く、レミオロメンの2ndアルバム。「モラトリアム」「南風」といったシングルのほか、新世代ロック・サウンドを強く印象づける、フレッシュな楽曲が満載された充実盤。
リサーチ
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  10位 (3/21)  ⇒  16位 (3/28)  ⇒  17位 (4/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  9位 (3/21)  ⇒  13位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/3/7)  ⇒  8位 (3/14)  ⇒  7位 (3/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  9位 (3/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2005/3/7)  ⇒  5位 (3/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2005/3/7)  ⇒  4位 (3/14)  ⇒  4位 (3/21)  ⇒  6位 (3/28)  ⇒  6位 (4/11)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/3/7)  ⇒  1位 (3/14)  ⇒  5位 (3/21)  ⇒  8位 (3/28)  ⇒  7位 (4/4)  ⇒  9位 (4/11)  ⇒  14位 (4/18)  ⇒  17位 (5/2)  ⇒  18位 (12/12)  ⇒  20位 (12/19)  ⇒  13位 (2006/1/2)  ⇒  15位 (1/9)  ⇒  18位 (1/16)
収録曲
01春夏秋冬
ストリングスの美しい音色で幕を開け、彼ららしいギター、軽快なドラムス&ベースが重なっていく。印象的だけれど嫌味じゃないヴォーカルも爽やか。サザン級のキャッチーさ&海っぽさを持ったポップなラブ・ソング。
02モラトリアム
スマッシュ・ヒットを記録した疾走感あふれるアッパー・ロック・チューン。ヴォーカル藤巻の広い青空を連想させる、伸びやかで憂いのある声が素直に気持ちいい。
03春景色
ざらついた変態ギターと変則的で畳み掛けるようなリズムを刻むドラムが、ハードでアグレッシヴ。しかしサビでは一気にレミオロメンらしいキャッチーさを獲得する、快感度の高いロック・ナンバー。
04アカシア
ミスチルでおなじみ・小林武史プロデュースの3rdシングル。“どんなことだって起こるさ 好きに生きるよ”というメッセージがリスナーを前向きにしつつ、彼ら自身の決意表明ともとれる痛快なロック・ナンバー。
05永遠と一瞬
ピアノの悲しげな音色が切ない、ミッド・テンポの青春ソング。メロディックなベースがギター以上に感情を表現して心に響いてくる。希望を見つめ前に進んでいこうとする思いを甘酸っぱく歌い上げている。
06深呼吸
キラキラ系のギターが優しい、ミディアム・チューン。ビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」をも彷彿とさせる、牧歌的な開放感あふれるサイケデリック・ワールドが美しい。
07ドッグイヤー
懐かしいような哀愁漂う歌謡曲的なメロディとギターのフレーズが印象的。平坦なヴォーカルが、サビのリズミカルなドラミングにあわせるようにテンポを上げていく時の、ユーモラスな感覚が心地良いナンバー。
08五月雨
スペイシーな4つ打ちビートに、伸びやかでメロディックなヴォーカル・ラインが乗ったポップなナンバー。スピッツを彷彿とさせる切なくポップなメロディが、青春の疾走感たっぷりだ。
09コスモス
何かが始まるような期待感、胸の高鳴りを感じさせる穏やかな空気あふれるポップ・チューン。短編小説のごときストーリー性のある歌詞が、その景色を眼前に示してくれるようなリアリティと臨場感のある作品。
103月9日
“3月9日”に結婚をする友人のために作られたという美しいスロー・バラード。また、2005年3月9日に行なわれた初の武道館ライヴのラストでも演奏された、レミオロメンにとって何かとメモリアルな曲。
11南風
“君をもっと愛をもっと欲しいのさ”という照れるくらいストレートな歌詞にハートを射抜かれる、幸福感にあふれた作品。曲に躍動感を与える裏打ちのビートや抜けのいい声がライヴの臨場感を出している。
12海のバラッド
ピアノ&ヴォーカルで静かに始まり、リズム隊が景色を広げるように音を重ねる。途端に温かさが体中に伝わっていくような包容力たっぷりに仕上がった、珠玉のバラード・ナンバー。
タイアップ
  • 「3月9日」 - TBS「Pooh!」エンディングテーマ
  • 「3月9日」 - ネスレコンフェクショナリー「キットカット」TV-CMソング
  • 「3月9日」 - バンダイ/マイクロソフト/セイコー「フレンドシッププロジェクト」TV-CMソング
  • 「モラトリアム」 - テレビ東京「元祖!でぶや」エンディングテーマ
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • レミオロメン
    小・中・高と同級生の3人が2000年に結成したロック・バンド。2003年3月、ミニ・アルバム『フェスタ』でデビュー。同年8月のシングル「電話」でメジャー進出。繊細なメロディと日本語を大切にした歌詞で瞬く間に人気を獲得する。2005年のシング……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015