BONNIE PINK / Even So

はてなブックマークに追加
BONNIE PINK / Even So
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    EVEN SO
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ORGANON
  • 規格品番:
    WPCL-10090
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BONNIE PINK / Even SoをAmazon.co.jpで購入するBONNIE PINK / Even Soを@TOWER.JPで購入するBONNIE PINK / Even SoをHMV.co.jpで購入するBONNIE PINK / Even Soを楽天ブックスで購入するBONNIE PINK / Even SoをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
98年の2nd『evil and flowers』以来、久々にトーレ・ヨハンソンと強力タッグを組んだ傑作アルバム。シングル「Private Laughter」ほか全12曲入り。
ガイドコメント
98年の2nd『evil and flowers』以来、久々にトーレ・ヨハンソンと強力タッグを組んだ傑作アルバム。シングル「Private Laughter」ほか全12曲入り。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2004/5/10)  ⇒  10位 (5/17)  ⇒  15位 (5/24)  ⇒  23位 (5/31)  ⇒  29位 (6/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2004/5/10)  ⇒  5位 (5/17)  ⇒  10位 (5/24)  ⇒  19位 (5/31)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2004/5/10)  ⇒  5位 (5/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2004/5/10)  ⇒  9位 (5/17)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2004/5/10)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2004/5/10)  ⇒  10位 (5/17)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/5/10)  ⇒  4位 (5/17)  ⇒  5位 (5/24)  ⇒  3位 (5/31)  ⇒  5位 (6/7)  ⇒  9位 (6/14)
収録曲
01Private Laughter
02Ocean
細かく刻まれるアコースティック・ギターのストロークが気持ちいい、メロウでしっとりとしたロッカ・バラード。よく磨かれた大理石のように美しく透き通った彼女のヴォーカルが映える、海の気高さを感じさせる1曲。
03New Dawn
ブラック・ミュージックからの影響を強く感じさせるリズミックなバック・トラックに乗せて、悪女的な雰囲気で歌いちらすR&B風ナンバー。若い女性らしい恋心を目一杯詰め込んだ、はかなくも優しい歌詞との対照が魅力。
045 more minutes
愛しい異性との別れのシーンを歌った切ない歌詞が、同世代の女性から絶大な支持を集める失恋ソング。「あと5分ここにいてくれたら……」と歌われる詞は哀しさ満点。あえてハードなギター・サウンドにしたアレンジもぴったり。
05The Answer〜ひとつになる時〜
太陽、海、世界、雨そして神……。深く壮大な詞(ことば)がちりばめられた歌詞は何を意味するのか。深読みをしながら聴くのも一興なハード・ロック・ナンバー。神秘的な彼女の歌声が、壮大な雰囲気をいっそう盛り上げる。
06I just want you to be happy
ギターのアルペジオ・サウンドが美しくもどこか切ない気分にさせる、全編英詞のバラード・ナンバー。愛する男性の幸せだけを祈り続ける、痛々しい女性の心情を切々と歌った歌詞が胸に迫る。
07Mint
不協和音的なギターのリードがどこか不穏な雰囲気をかきたてる、ヘヴィなR&Bナンバー。身の回りに存在するすべてに嫌気がさした一人の女性を主人公に、切々と愛の言葉を連ねていく。ハードな1曲だ。
081・2・3
ギターとホーンのリフを駆使したキャッチーなイントロでいきなりハートを鷲づかみ。メロディアスでグルーヴィなポップス・ナンバーだ。とはいっても彼女のこと、ヴォーカルはどこか物悲しく、青春期特有の焦燥感や切迫感が曲いっぱいにあふれている。
09Last Kiss
10Walk with you
バック・ビートを強調したブラックなノリが気持ちいい、ライトでポップなナンバー。女性から男性に向けた愛のメッセージ、心からの応援歌。優しい言葉を掛けながらも一緒に闘う強さも持ち合わせた、女性の目線で歌い上げる1曲だ。
11人生ゲーム
明るく爽やかなギター・サウンドと王道のベース・ラインが理屈抜きにかっこいい、往年のサーフ・ミュージックを彷彿とさせるようなポップ・ソング。透明感あふれる彼女のヴォーカルが染みわたる、軽快な1曲だ。
12Bedtime Story
腹の底から振り絞るように、感情を切々と歌い上げる姿が神々しくさえある、ヘヴィで壮大なバラード・ナンバー。全編にわたって英詞で歌われる世界は、美しくもどこか切ない。どこまでも高く溶けていく、彼女のファルセットが聴きどころ。
タイアップ
  • 「Last Kiss」 - フジテレビ「GANTZ」エンディングテーマ
アーティスト
  • BONNIE PINK
    1973年4月16日、京都府生まれの女性シンガー・ソングライター。95年にアルバム『Blue Jam』でデビュー。トーレ・ヨハンソン制作の『Heaven's Kitchen』やミッチェル・フルームと組んだ『Let go』など洋楽的なサウンド……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015