フーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
フーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    EVERY MAN FOR HIMSELF
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    アイランド
  • 規格品番:
    UICL-9035
  • 価格:
    2,852 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    フーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するフーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]を@TOWER.JPで購入するフーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するフーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するフーバスタンク / 欲望 [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
「ザ・リーズン」等の大ヒットをもつフーバスタンクの、前作から2年半ぶりとなる3rdアルバム。シングル「イフ・アイ・ワー・ユー」を中心に、メロディを重視した耳に残るスケールの大きなロック・サウンドが楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/5/1)  ⇒  5位 (5/8)  ⇒  20位 (5/15)  ⇒  20位 (5/22)  ⇒  22位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/5/1)  ⇒  5位 (5/8)  ⇒  8位 (5/15)  ⇒  18位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2006/5/1)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2006/5/1)  ⇒  5位 (5/8)  ⇒  9位 (5/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2006/5/1)  ⇒  4位 (5/8)  ⇒  8位 (5/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2006/5/1)  ⇒  9位 (5/8)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/5/1)  ⇒  3位 (5/8)  ⇒  9位 (5/15)  ⇒  8位 (5/22)  ⇒  9位 (5/29)  ⇒  14位 (6/5)
収録曲
[Disc 1]
01THE RULES
ヘリコプターが飛んでいる音、軍曹が部下に命令を下しているような様子を収めた、歌も演奏もない短いイントロ。なんだか物々しいが、この雰囲気がアルバム『欲望』の次曲「ボーン・トゥ・リード」へ受け継がれていく。
02BORN TO LEAD
イントロ「ザ・ルールズ」と繋がった、アルバム『欲望』の実質的なオープニング・ナンバー。ハードなサウンドとキャッチーなメロディが共存した、フーバスタンクならではの痛快な曲だ。金属的なギター音やフレーズなど、興味深い工夫も。
03MOVING FOWARD
イントロの美しいコーラスが印象的なミディアム・ナンバー。「前進しよう」というポジティヴなメッセージを、バラード系の曲でここまでスケール大きく、また力強く表現できているあたりに、彼らの成長ぶりがうかがえる。
04INSIDE OF YOU
空間をうまく生かしたサウンドで、ギターとヴォーカルがドラムスの間を行き来する様子がとても心地よく、そしてカッコいい。特にギター・リフとヴォーカルの絡みが何ともスリリングな、ホーン入りのダイナミックな曲だ。
05THE FIRST OF ME
小気味いいギター・カッティグにヴォーカルが乗り、徐々に楽器が加わって盛り上がっていくポップなナンバー。静かにフェイド・アウトして終わるなど、余韻も心地よい。これまでになかったタイプの曲で、新境地を開いたナンバー。
06GOOD ENOUGH
静かに始まるが、しばらくして一転轟音ギターが飛び込んでくるスケールの大きい曲。とはいえ闇雲に突っ走るだけでなく、大胆さと繊細さのバランスも巧みに考えられた、ヘヴィかつメロウなモダン・ロック。
07IF I WERE YOU
オルゴールの音色から始まるメロウなバラード。そうしたオープニングもさることながら、美しいメロディや流麗なギター・ソロなどにうっとりとさせられる、アルバム『欲望』の先行シングル第1弾。
08WITHOUT A FIGHT
ツェッペリンを思い出させる部分もある、ライヴ・フィーリングいっぱいのハードなロック。シャウト気味の疾走感あるヴォーカルや唸りを上げる強烈なギター・リフが印象的で、ステージでも盛り上がりそうな曲だ。
09DON'T TELL ME
バラードとヘヴィ・ロックが合体したかのような起伏の激しいミディアム・ナンバー。大胆な試みだが、メロディはあくまでキャッチーなので全体的に違和感は感じられない。バンドの魅力が1曲で2倍味わえる曲だ。
10LOOK WHERE WE ARE
メロディの良さが味わえるキャッチーなロックンロール。スピード感があり軽快でもあるのだが、どこどなく哀愁を帯びたムードを持っているのが特徴。派手さはないが、耳に残る忘れがたい曲だ。
11SAY THE SAME
美しいメロディと美しいコーラスをじっくり聴かせる雄大なロック。ヴォーカルも楽器も、すべてが有機的に絡みあった深みのある演奏だ。じわじわと盛り上がり、曲がクライマックスになると恍惚感さえ覚える。
12IF ONLY
アイドルにカヴァーされてもおかしくないようなポップな佳曲。クリアなギター・リフや哀愁のある味わい深いヴォーカルが、感動的かつロマンティック。シングル・カット曲としてのクオリティを持ったナンバーだ。
13MORE THAN A MEMORY
7分の大作。しかも、サックス、トランペット、アコーディオンなどがフィーチャーされ、トラッドぽさや牧歌的なムードをも感じさせる。従来から考えると、大きな変化に驚かされるが、数ある代表曲のなかでも、名曲といっていい佳曲となっている。
14FINALLY AWAKE
シンプルでノリノリのロックンロール。パワフルな8ビートとキャッチーなメロディが、自然に体を揺らしてくれるライヴ向きの曲だ。ユニークな60年代風ギター・ソロなど、理屈抜きに楽しめる。
15WAITING
どっしりとしたドラムスがヴォーカルとギターを支える、奥行きのあるロック。シンプルだが、メロディもよく、サウンド的にも勢いがある爽快な曲だ。イントロとエンディングも洒落ていて、ディテールに気が配られているのもイイ。
[Disc 2]〈DVD〉〈サマーソニック04より〉
01アウト・オブ・コントロール (ライヴ)
02セイム・ディレクション (ライヴ)
03ザ・リーズン (ライヴ)
〈「レット・イット・アウト+3」DVDより〉
04セイム・ディレクション (ビデオ)
05クローリング・イン・ザ・ダーク (ライヴ)
06レット・イット・アウト (ライヴ)
07ザ・リーズン (UKヴァージョン)
(14)(15)ボーナストラック
アーティスト
  • フーバスタンク
    米国ロサンゼルス出身のオルタナティヴ・ロック・バンド。1994年、米国アグーラ高校のクラスメイトであるダグラス・ロブ(vo)、ダン・エストリン(g)とクリス・ヘッス(ds)により結成。2001年にデビュー・アルバム『フーバスタンク』を発表(……
  • 同時発売作品
    フーバスタンク / 欲望
    UICL-1055   2,095円+税   2006/05/03 発売
    フーバスタンク / 欲望をamazon.co.jpで購入するフーバスタンク / 欲望をTOWER RECORDS ONLINEで購入するフーバスタンク / 欲望をHMV.co.jpで購入するフーバスタンク / 欲望を楽天ブックスで購入するフーバスタンク / 欲望をTSUTAYAで購入する
    「ザ・リーズン」を世界的にヒットさせた米三人組ロック・バンドの3作目。管楽器、アコーディオンなどを入れ新たな魅力を打ち出した大作(13)、甘いバラード(7)など、メロディを大切にしつつも過去を捨てるか……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015