フジファブリック / FAB FOX

はてなブックマークに追加
フジファブリック / FAB FOX
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FAB FOX
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-25847
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    フジファブリック / FAB FOXをAmazon.co.jpで購入するフジファブリック / FAB FOXをHMV.co.jpで購入するフジファブリック / FAB FOXを楽天ブックスで購入するフジファブリック / FAB FOXを@TOWER.JPで購入する
    フジファブリック / FAB FOXを山野楽器で購入するフジファブリック / FAB FOXをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
各方面から絶賛の評価を受ける新鋭5人衆が、満を持して放つセカンド・アルバム。飄々とした志村節に乗って、変幻自在にくねるビートはより一層磨きがかかり、クリアさを増したサウンドと絶妙に溶け合っている。また一歩、新たな段階に踏み込んだ自信作。★
ガイドコメント
ロング・ヒットを記録した前作から約1年ぶりとなる2ndフル・アルバム。4〜6thまでの3枚のシングル曲など、彼ららしい印象的なナンバーが満載。練られたサウンドの中にある独特の懐かしさが魅力。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2005/11/7)  ⇒  14位 (11/14)  ⇒  26位 (11/21)  ⇒  34位 (11/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2005/11/7)  ⇒  11位 (11/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2005/11/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2005/11/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2005/11/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2005/11/7)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/11/7)  ⇒  6位 (11/14)  ⇒  15位 (11/21)  ⇒  12位 (11/28)  ⇒  18位 (2009/12/28)  ⇒  12位 (2010/1/4)
収録曲
01モノノケハカランダ
アルバム『FAB FOX』のオープニングを飾るのにふさわしい、最高に痛快なロック・チューン。刃物のように切れ味鋭いギターが曲を先導していくが、志村正彦のヴォーカルもそれに煽られるように、いつも以上にアグレッシヴに突き進んでいく。フジファブリックというバンドの勢いが実感できる一曲だ。
02Sunny Morning
アルバム『FAB FOX』1曲目の「モノノケハカランダ」同様、フジファブリックというバンドの勢いが実感できるナンバー。テーマは“旅立ち”。それならば、もちろん歩いてゆくよりも全力疾走のほうがいい、というのがフジファブリック流なのだ。「飛び込め!」という歌詞がポイントだが、ライヴの際にはダイヴのし過ぎにくれぐれもご注意を。
03銀河 (Album ver.)
1stシングル「桜の季節」から続いてきた“四季”をテーマにしたシリーズの最終章となる、“冬盤”ともいえる4thシングル曲のアルバム・ヴァージョン。「タッタッタッ」「パッパッパッ」といった擬音を巧みに使用することで楽曲のインパクトをアップさせるという、“劇画”的な手法が秀逸なロック・チューンだ。
04唇のソレ
ギターの速弾きがどこかカントリー&ウエスタン風のコミカルな味わいのナンバー。ちょっぴりユニコーンを連想させる感じが興味をそそらせる。内容は、誰しもが少なからず持っている“フェティシズム”についてのもので、こうした三枚目を演じるフジファブリックも魅力的だ。
05地平線を越えて
フジファブリックならではのポジティヴなロック・チューン。ボトムが太くハードにドライヴィングしていく全体のサウンドやキーボードのフレーズ、そして間奏における凝ったギター・ソロなど、どこか60年代後半〜70年代初頭のころのアート・ロックを彷彿とさせる。バンドの懐の深さが存分に味わえる一曲。
06マリアとアマゾネス
フジファブリックらしい歯切れの良いロック・ナンバー。主人公は、彼女が“マリア”から“アマゾネス”へと変貌するのを楽しんでいるフシがある。ということは、彼は相当のマゾヒストなのか? それとも……と、ついつい想像をたくましくしながら聴いてしまう一曲だ。
07ベースボールは終わらない
1960年代のアメリカン・ポップスを彷彿とさせるイントロのピアノのライン、ソフト・ロック調の弾むベース・ラインと、フジファブリック流にポップを極めたといったナンバー。晴れた休日は、こんな曲を聴きながら、河原のグラウンドで草野球……なんていうのもいいかも、と思わせてくれる聴後感がイイ。
08雨のマーチ
雨が降ると、いつもの見なれた街の景色がちょっぴり変わって見えてきたりするもの。そんな時、決まって気分はセンチメンタル……という“雨”についての歌。70年代に活躍したシンガー・ソングライターであるニルソンの作品をフジファブリック流に演奏している、という表現がピッタリの曲調だ。
09水飴と綿飴
歌詞の内容そのままに“祭りのあと”の寂しさに満ちた心持ちを歌ったバラード。あの娘と一緒に夏祭りに行けてとても楽しかったはずが、ふたりでトボトボと帰り道を歩きながら、まだ何か物足りないと感じてしまう……。そんな誰もがきっと経験したことがある心境や遠い記憶を呼び覚ましてくれる、不思議な曲。
10
雨上がりの気持ち良い空気をそのまま曲に昇華させたような、爽快ギター・ロック・ナンバー。シンプルに据えられたベース・ラインの上で、コロコロとキーボードがステップを刻む。きれいに寄り添ったAメロのコーラスが、清涼感を際立たせて心地良い。良質のポップ・センスを持つバンドだと改めて実感させられる。
11Birthday
誕生日がきて、今年もまたひとつ歳を取ると、一年前とはあまり変わっていない自分を実感し、ちょっとばかり焦ったりする。そして毎年思うのだ。“オレはもっとスゴイことができて、きっと他人に対しても思いやりの持てる人間のはず”だと。そんな思いが込められた、フジファブリック流のバースデイ・ソング。名曲です。
12茜色の夕日
インディ時代の1stミニ・アルバム『アラカルト』に収録されていた人気曲の別ヴァージョン。独特の詞世界とどこか懐かしくも力強いメロディが魅力的。綺麗な夕焼けを目にして、感じることやふと思い出すことはきっと人それぞれ違うもの。ちょっぴり大袈裟にいえば、それが人生というものなのだ……。そう思わせるナンバーだ。
仕様
CDエクストラ内容:スクリーンセーバー
タイアップ
  • 「虹」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ
アーティスト
  • フジファブリック
    日本のロック・バンド。2000年に志村正彦を中心に結成。日本的情緒があふれるキャッチーなメロディと変幻自在なサウンドで人気を呼び、2004年にシングル「桜の季節」でメジャー・デビュー。2009年12月に志村が急逝するも、その後は山内総一郎(……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015