エヴァネッセンス / フォールン [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
エヴァネッセンス / フォールン [CD+DVD] [限定]
CD
ミニ・レビュー
フジロックにも初見参した彼らの、メジャー・デビュー作の生産限定盤。インダストリアルなグルーヴに、耽美的でクラシカルなアレンジをプラスし、そこにエモーショナルなエイミー・リーの歌声がのると、妖しさとピュアさとが交錯しながら唯一無二の音世界が形作られていく。
ガイドコメント
女性ヴォーカル・ロック・バンドのデビュー作はゴジックなムードの音満載。「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」のPVを収録したDVD付き。
ガイドコメント
新世代女性ヴォーカル・ロック・バンド“エヴァネッセンス”のデビュー作は、へヴィーなものからバラードまで、幅広いサウンド。「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」のPVを収録したDVD付き。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2003/5/5)  ⇒  16位 (5/19)  ⇒  16位 (5/26)  ⇒  10位 (6/2)  ⇒  13位 (6/9)  ⇒  21位 (6/16)  ⇒  6位 (6/23)  ⇒  8位 (6/30)  ⇒  5位 (7/7)  ⇒  9位 (7/14)  ⇒  13位 (7/21)  ⇒  4位 (7/28)  ⇒  15位 (8/4)  ⇒  6位 (8/11)  ⇒  17位 (8/18)  ⇒  30位 (8/25)  ⇒  38位 (9/1)  ⇒  39位 (12/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2003/5/5)  ⇒  17位 (5/19)  ⇒  13位 (5/26)  ⇒  11位 (6/2)  ⇒  15位 (6/9)  ⇒  4位 (6/23)  ⇒  7位 (6/30)  ⇒  4位 (7/7)  ⇒  5位 (7/14)  ⇒  7位 (7/21)  ⇒  4位 (7/28)  ⇒  10位 (8/4)  ⇒  7位 (8/11)  ⇒  17位 (8/18)  ⇒  18位 (8/25)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2003/5/19)  ⇒  5位 (5/26)  ⇒  7位 (6/2)  ⇒  7位 (6/9)  ⇒  9位 (6/23)  ⇒  10位 (7/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2003/5/19)  ⇒  9位 (5/26)  ⇒  7位 (6/23)  ⇒  5位 (6/30)  ⇒  3位 (7/7)  ⇒  4位 (7/14)  ⇒  8位 (7/21)  ⇒  8位 (7/28)  ⇒  8位 (8/11)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2003/5/5)  ⇒  7位 (5/19)  ⇒  9位 (5/26)  ⇒  7位 (6/2)  ⇒  7位 (6/30)  ⇒  5位 (7/7)  ⇒  9位 (7/14)  ⇒  7位 (7/21)  ⇒  8位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2003/5/5)  ⇒  7位 (5/26)  ⇒  7位 (6/2)  ⇒  5位 (6/9)  ⇒  10位 (6/23)  ⇒  3位 (6/30)  ⇒  4位 (7/7)  ⇒  3位 (7/14)  ⇒  5位 (7/21)  ⇒  7位 (7/28)  ⇒  6位 (8/11)  ⇒  4位 (8/18)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    6位 (2003/5/5)  ⇒  9位 (5/19)  ⇒  13位 (5/26)  ⇒  8位 (6/2)  ⇒  10位 (6/9)  ⇒  12位 (6/16)  ⇒  2位 (6/23)  ⇒  5位 (6/30)  ⇒  2位 (7/7)  ⇒  3位 (7/14)  ⇒  3位 (7/21)  ⇒  1位 (7/28)  ⇒  6位 (8/4)  ⇒  4位 (8/11)  ⇒  9位 (8/18)  ⇒  15位 (8/25)
収録曲
01GOING UNDER
“生きなきゃいけない”と強いメッセージを反映した、どっしりしたギター・リフが冴えわたる一曲。ヘヴィ・メタル/ハード・ロックの要素が強く打ち出され、バンドとしての力強さを感じさせる。
02BRING ME TO LIFE
映画『デアデビル』の主題歌に起用され、デビュー曲にして世界中で大ヒットを巻き起こした、女性ヴォーカルのニュー・ロック。バンド・サウンドにオーケストラをプラスした、ゴシック調の深い音像が見事映画にマッチ。
03EVERYBODY'S FOOL
ダークでヘヴィながら一緒に口ずさめるほどメロディアスなサビが印象的なミディアム・ナンバー。美しいコーラスやストリングスと、ヘヴィなバンド・サウンドのコントラストが描くダイナミックなドラマに引き込まれる。
04MY IMMORTAL
エイミーの囁き嘆くようなヴォーカルとピアノ、重厚なオーケストラで聴かせるバラード。不安や痛みという抽象的なテーマが壮大なスケール感を持つ楽曲にはまり、バンドの別の一面を垣間見せる。
05HAUNTED
タイトルどおり、ダークで不気味な空気がたちこめる、おどろおどろしいゴス風のナンバー。どこまでも愛する人を追い求める女の情念が込められたねっとりした質感のヴォーカルは、女性にしか出せない味だろう。
06TOURNIQUET
ウィスパー・ヴォイスから凄まじい絶叫までを自在に操る表情豊かなヴォーカルと起伏に富んだドラマティックな展開。「死」をテーマにした壮絶な世界を描いた、究極のゴシック・ナンバーだ。
07IMAGINARY
重厚なサウンドに気圧されない、哀しみも怒りもすべて受け入れてしまうような懐の深さを内包した声が存在感を放っているナンバー。細かいヴィブラートのかかった歌声は、日本デビュー時に宇多田ヒカルとも比較された。
08TAKING OVER ME
恋愛にまつわる心の痛みや恐怖を表現した、ずっしりと重い世界観のナンバー。しかし、緻密なサンプリングや陰りのあるメロディでその重みを中和したサウンドは、初期のリンキン・パークに通じるものがある。
09HELLO
ささやきかけるような繊細なヴォーカルを乗せた、もの悲しいピアノの旋律が涙腺を刺激するダークなバラード。シンプルなサウンドでも壊れそうな心を巧みに表現して説得力ある楽曲に仕立てる、エイミーの表現者としての力量が存分に発揮されている。
10MY LAST BREATH
ヨーロピアン・ゴシック風のシンフォニック・サウンドに打ち込みを溶け込ませた、ゴス・インダストリアルとでもいうべき趣の美麗なトラック。後半の畳み掛けるようなコーラス・アンサンブルがカタルシスをもたらす。
11WHISPER
荘厳なオーケストレーションや大仰なクワイアを導入した、壮大なスケールの音世界が広がるオペラ風の楽曲。美しくもどこか冷めた感覚のサウンドの中で、温もりに満ちたエモーショナルな歌声が輝きを放っている。
12FARTHER AWAY
仕様
※〈DVD付〉内容:ブリング・ミー・トゥ・ライフ
アーティスト
  • エヴァネッセンス
    米・アーカンソー州リトルロック出身のロック・バンド。エイミー・リーを中心に結成。2枚のEPと自主制作盤『オリジン』を経て、2003年にアルバム『フォールン』でメジャー・デビュー。リード・シングル「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」が映画『デアデ……
  • 同時発売作品
    エヴァネッセンス / フォールン [限定]
    EICP-242   2,200円(税込)   2003/06/25 発売
    エヴァネッセンス / フォールン [限定]をamazon.co.jpで購入するエヴァネッセンス / フォールン [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するエヴァネッセンス / フォールン [限定]をHMV.co.jpで購入するエヴァネッセンス / フォールン [限定]を楽天ブックスで購入するエヴァネッセンス / フォールン [限定]をTSUTAYAで購入する
    映画『デアデビル』挿入歌「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」を含む新世代女性ヴォーカル・ロック・バンド“エヴァネッセンス”のデビュー作。へヴィーなものからバラードまで、幅広いサウンドが魅力。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015