門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]
CD
紙ジャケット仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    FASCINATION
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-62610
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]をAmazon.co.jpで購入する門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]をHMV.co.jpで購入する門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]を楽天ブックスで購入する門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]を@TOWER.JPで購入する
    門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]を山野楽器で購入する門あさ美 / Fascination [紙ジャケット仕様]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
80年代のシティ・ポップ・シーンでアダルトな雰囲気をもった女性シンガーとして活躍した門あさ美が、テイチク時代に発表した7作品が紙ジャケで復刻。鈴木茂のアレンジが光る79年の1作目『Fascination』。謎の官能的なシンガーとして注目を浴びるきっかけとなった80年の『SACHET』。代表曲「月下美人」を収録した81年の『SEMINUDE』。松岡直也がサウンド・プロデュースした物語仕立ての構成となっている82年の『HOT LIPS』。井上鑑のアレンジによる83年の『PRIVATE MALE』。ドン・コスタ仕込みのアレンジからニューウェイヴ的なサウンドまで展開してみせる惣領泰則による84年の『U RA RA』。大波を乗り切った安堵めいたものを感じてしまう85年の『BELLADONNA』。同時代のポップ・シーンで活躍した女性シンガーたちの歌声までも思い起こさせる。
1970〜80年代に活躍した門あさ美の1stアルバム。ほぼ全曲の作詞・作曲を彼女自身が手がけた作品で、今聴いても新鮮な響きの歌声が印象的だ。鈴木茂、松任谷正隆がアレンジで参加している。
トラックリスト
01Morning Kiss
02Keep on Loving
03Stop Passing Night
04South Shore
05Good Luck
06Fascination
07Darling
08Smile for Me
09Fancy Evening
10Blue
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • 解説・歌詞
  • 門あさ美
    1955年10月17日生まれ。名古屋市出身。ヤマハのポプコン出身。1979年「ファッシネイション」でレコード・デビュー。同名のファースト・アルバムのほぼ全曲の作詞作曲を門あさ美本人が手がけた。コンサート活動をほとんどせず、TV出演も少なかっ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015