スペイン・ピアノ名曲集 ラローチャ(P) ブルゴス / RPO [限定]

はてなブックマークに追加
スペイン・ピアノ名曲集 ラローチャ(P) ブルゴス / RPO [限定]
CD
ガイドコメント
ラローチャ全盛期の、もっとも得意としたスペインもの。リズムの的確さと、フレーズのうたい回しなど、他の追随を許さないラローチャならではの見事なもので、近代スペインのピアニズムの精髄を聴かせている。
収録曲
01ソナタ ニ長調 (M.アルベニス)
02組曲「旅の思い出」op.71〜第6曲 入り江のざわめき (I.アルベニス)
03パバ-ナ・カプリーチョop.12 (I.アルベニス)
04組曲「旅の思い出」op.71〜第5曲 プエルタ・デ・ティエラ「土の門」 (I.アルベニス)
05組曲「スペイン」op.165〜第3曲 マラゲーニャ (I.アルベニス)
06組曲「スペイン」op.165〜第2曲 タンゴ (I.アルベニス)
07「スペイン組曲」op.47〜第3曲 セビーリャ (I.アルベニス)
08ソナタ ト短調 (ソレル)
09ソナタ ニ長調 (ソレル)
10スペイン舞曲集op.37〜第7曲 バレンシアーナ (グラナドス)
11スペイン舞曲集op.37〜第5曲 アンダルーサ (グラナドス)
12ジプシー舞曲第1集op.55〜第5曲 サクロモンテ (トゥリーナ)
133つのアンダルシア舞曲op.8〜第3曲 サパテアード (トゥリーナ)
14ピアノ小協奏曲 (1953) (モンサルバーチェ)
演奏
アリシア・デ・ラローチャ(P) (14)ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
録音
(1)〜(13)75.4 (14)76.10
アーティストおよび作曲家
  • アリシア・デ・ラローチャ
    ピアニスト。1923年スペインのバルセロナ生まれ。グラナドスの高弟フランク・マーシャルに師事し、6歳で初リサイタル、12歳でモーツァルトの協奏曲を演奏。47年から本格的なコンサート活動を始め、53年ロンドン、55年米国にデビューし、以後各国……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015