Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FEEL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Dimension Point
  • 規格品番:
    AVCN-99003
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
デビュー20周年を経て、さらなる高みへまい進する安室奈美恵の2013年7月10日リリースのアルバム。攻撃的なトラックからシンプルなバラードまで、世界の今を凝縮した最先端のトラックメイク満載の一枚となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2013/7/22)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2013/7/8)  ⇒  5位 (7/15)  ⇒  14位 (7/22)  ⇒  18位 (7/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2013/7/8)  ⇒  4位 (7/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2013/7/8)  ⇒  4位 (7/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/7/8)  ⇒  2位 (7/15)  ⇒  9位 (7/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2013/7/8)  ⇒  4位 (7/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2013/7/8)  ⇒  8位 (7/22)  ⇒  14位 (7/29)  ⇒  18位 (8/5)
収録曲
01Alive
アルバム『FEEL』のリード曲。フックンスリングで知られるDJ、アンソニー・マニスカルコ制作によるサイバー・ハウス風で、冒頭の浮遊感漂うヴォーカルや性急に刻まれるギターやサイケで太いベースが微睡みを呼ぶ。生きるためにはあなたの愛が必要と強く訴えている。
02Rainbow
清々しく軽快なメロディ・ラインとデジタルなアッパー・ビートを組み合わせた、アクティヴなエレクトロ・ハウス。痛みや苦しみを伴わない人生なんてない……今は“虹”がかかるのを待とうよと、キュートなヴォーカルで健気に言い聞かせる。
03Can You Feel This Love
フジテレビ系『めざましテレビ』テーマ曲ということもあり、晴れやかなダンス・サウンドが印象的。制作はSUITE CHICにも提供した山木隆一郎。“With a good day”から幕開ける、まぶしい一日のはじまりにピッタリの心弾むアッパーな曲だ。
04Big Boys Cry
コーセー「ESPRIQUE」CMソングとなった40thシングル。ノルウェーの音楽集団DSign Musicが、春っぽい軽やかさを上モノにしたリズミカルなビート・トラックを制作。くよくよしないで気にせずいこうよと励ますガールズ応援歌だ。
05Hands On Me
「WANT ME, WANT ME」風のエキゾティックなビートを練り込んだ、NYのアダム・カピット制作のアッパー・エレクトロ・ハウス。ドラムンベースも飛び出すコンプレクストロな展開も、歴戦の強者の安室にとっては独壇場。野性味あふれるエスニックな曲だ。
06Heaven
EDMの寵児、ゼッドによる爽快なシンセが走るトランシーなエレクトロ・ハウス。あなたと一緒にいられる場所、それが“天国”……と歌うラヴ・ソングで、歓喜に沸くような高揚感が魅力。呪文風の“バダバダ・ブン・バダビン・バダ・ブーン”のフレーズも好アクセント。
07Poison
女性上位なラヴ・アフェアを、キリキリとした高音を刻みながら急降下していく、危険な香りがぷんぷんと漂うセクシーなトラックで描出。そこで安室が“私の恋は毒薬よ”と妖しく誘えば……男はイチコロだ。アダム・カピット制作のエレクトロ・チューン。
08La La La
UKのブルー作品などのヒットを持つダウッドによるトランシーなエレクトロ・ハウス。心配しなくても、“ラララ”と前へ進めば、きっとすべてが良くなり輝き出すとエールを送る。自身が出演し話題となったコーセー「ESPRIQUE」CMソング。
09Supernatural Love
性急でうねりのあるフックでエフェクト・ヴォイスを効かせた、サイバーな色彩も感じるエレクトロ・ダンスホール。K-POPシーンで主流のダンス・ミュージック仕様にまとめたのは、コリアン・アメリカンのスティーヴン・リー。
10Let Me Let You Go
JDウォーカーが大きく制作に関与した、ピアノとストリングスで描いたシンプルなミディアム・バラード。過度な装飾を控えて、ヴォーカルの力を軸に真摯に伝える姿勢に好感が持てる。穏やかながら芯の強さが響くナンバーだ。
11Contrail
飛行機雲を意味するタイトルよろしく、どこまでも広がるスケールの大きさと清爽を感じさせる。安室の良さを知り尽くすNao'ymtによる、勇気を与えるフレッシュな人生応援歌だ。TBS系ドラマ『空飛ぶ広報室』主題歌となったダンス・チューン。
12Stardust In My Eyes
HyGrade.プロデュースによる生命力あふれるエレクトロ・ハウス。ストリングスをはじめとするバックやドラムンベース風な展開も、輝かしい曲風へ好アシスト。アルバム『FEEL』のボーナス・トラックとしてラストを飾る。
仕様
初回のみデジパック仕様
タイアップ
  • 「Big Boys Cry」 - コーセー「ESPRIQUE」TV-CMソング
  • 「Can You Feel This Love」 - フジテレビ「めざましテレビ」テーマソング
  • 「Contrail」 - TBS「空飛ぶ広報室」主題歌
  • 「La La La」 - コーセー「ESPRIQUE」TV-CMソング
アーティスト
  • 安室奈美恵
    1977年9月20日生まれ、沖縄県那覇市出身のシンガー。15歳の時にスーパーモンキーズの一員としてデビュー。95年の「TRY ME〜私を信じて〜」で本格的なソロ活動へ移行すると、「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒットを重ね、“……
  • 同時発売作品
    Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [CD+DVD]
    AVCN-99001〜B   4,180円(税込)   2013/07/10 発売
    Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する
    2012年でデビュー20周年を迎えた安室の10作目は、エレクトロ・ハウスやEDMなど、ダンス・ミュージックのトレンドを積極的に導入した先鋭的なトラックが並ぶ。シンプルな歌ものは少ないが、“攻め”の姿勢……
    Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [Blu-ray+CD]
    AVCN-99002〜B   4,620円(税込)   2013/07/10 発売
    Namie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [Blu-ray+CD]をamazon.co.jpで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [Blu-ray+CD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [Blu-ray+CD]をHMV.co.jpで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [Blu-ray+CD]を楽天ブックスで購入するNamie Amuro / FEEL [デジパック仕様] [Blu-ray+CD]をTSUTAYAで購入する
    デビュー20周年を経て、さらなる高みへまい進する安室奈美恵の2013年7月10日リリースのアルバム。攻撃的なトラックからシンプルなバラードまで、世界の今を凝縮した最先端のトラックメイク満載の一枚となっ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015