Dragon Ash / few lights till night

はてなブックマークに追加
Dragon Ash / few lights till night
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FEW LIGHTS TILL NIGHT
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    MOB SQUAD
  • 規格品番:
    VICL-36160
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Dragon Ash / few lights till nightをAmazon.co.jpで購入するDragon Ash / few lights till nightをHMV.co.jpで購入するDragon Ash / few lights till nightを楽天ブックスで購入するDragon Ash / few lights till nightを@TOWER.JPで購入する
    Dragon Ash / few lights till nightを山野楽器で購入するDragon Ash / few lights till nightをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
彼らにしては少ない音数で聴かせるミディアム・テンポのメッセージ・ソング。ギターの美しいアルペジオが繰り返す哀愁、そしてラテン風のリズムから映し出される穏やかな情景。やりきれなさと前向きさをクロスさせたKjのヴォーカルがリリックの浸透力を深め、胸を打つ。
ガイドコメント
「Ivory」に続く、Dragon Ashのシングル。アッパーな前作とは対照的に、本作はギターのアルペジオがなんともいえない切なさを醸し出すミディアム・テンポのナンバー。新たな彼らの魅力が感じられる意欲作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    3位 (2006/9/25)  ⇒  12位 (10/2)  ⇒  14位 (10/9)
収録曲
01few lights till night
やりきれなさと希望をクロスさせたリリックを深く浸透させていくKjのヴォーカルが、叙情的で優しく澄んでいる。音数の少ないサウンドや美しいギターのアルペジオが、その情景をリアルに映し出すミディアム・ナンバー。
02stir
彼らの得意技ともいえる、メランコリックで情熱的なサウンドが響く、17thシングル「few lights till night」カップリング曲。スパニッシュ風ギターが駆け抜けるラテン色を全編にまぶしたアッパー・チューン。
03sleep tight
シングル「few lights till night」にカップリング収録の、ゆったりとした温かみのあるフォーク・チューン。柔らかいヴォーカルとスティール・ギターのブルージィな音色が心地よく、高揚した気持ちをクールダウンするのには、抜群に効果的だ。
タイアップ
  • 「few lights till night」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「few lights till night」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
封入特典
  • Dragon Ashロゴステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • Dragon Ash
    日本のミクスチャー・ロック・バンド。メンバーはKj(vo,g)、桜井誠(ds)、BOTS(DJ)、HIROKI(g)、DRI-V(DANCE)、ATSUSHI(DANCE)。1997年に降谷建志(Kj)、馬場育三(IKUZONE/b)、桜井……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015