BREAKERZ / FIGHTERZ

はてなブックマークに追加
BREAKERZ / FIGHTERZ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FIGHTERZ
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ZAIN
  • 規格品番:
    ZACL-9038
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BREAKERZ / FIGHTERZをAmazon.co.jpで購入するBREAKERZ / FIGHTERZを@TOWER.JPで購入するBREAKERZ / FIGHTERZをHMV.co.jpで購入するBREAKERZ / FIGHTERZを楽天ブックスで購入するBREAKERZ / FIGHTERZをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ヒット曲5曲を含む、4枚目のアルバム。劇的なストリングスの「THEME OF FIGHTERZ」で幕開け後、重厚なロックの扉が開く。攻撃的な「NEXT LEVEL」、メランコリックな「SECRET GIRL」、ロッカ・バラード「Orion」、グルーヴィな「GRAND FINALE」など、シングル曲と遜色ない贅沢な楽曲が並ぶ。友情を歌った「ぼくら」が温かく、折り返し部分でいいアクセントになっている。
ガイドコメント
3ヵ月連続リリース第3弾となる、2009年12月2日発表の4thアルバム。日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』オープニング・テーマ「Everlasting Luv」やエンディング・テーマ「光」といったヒット・シングルなどを収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2009/11/30)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    11位 (2009/11/30)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2009/11/30)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2009/11/30)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2009/11/30)
収録曲
01THEME OF FIGHTERZ
アルバム『FIGHTERZ』の冒頭を飾る壮大なインストゥルメンタル。荘厳で雄大なゲーム・ミュージックのような仕上がりで、凛々しいクラシック・サウンドから彼らの変わることのない攻めの姿勢が感じ取れる。
02NEXT LEVEL
妖しげにうねるギター・リフが体を揺らすロック・チューン。“いらないコマンドは防御”“ガンガンいこうぜ!”などRPGの世界を思わせる歌詞に、次のレベルを目指して突き進んでいく彼らの熱い心意気をなぞらえたユニークな一曲だ。
03LOVE FIGHTER〜恋のバトル〜 (FIGHTERZ MIX)
恋のバトルをボクシングになぞらえて描いた7thシングルのアルバム・ミックス。“愛のストレート”でノックアウトを狙いながら、バテたふりしてクリンチしたいという下心ものぞかせるなど、あの手この手で奮闘する男をセクシーな歌唱で好演。
04SUPER-HI-TENSION!!
爽快感と躍動感に満ちたアッパー・ロック。一度きりの人生を思い切り楽しみたいと、DAIGOの人柄をそのまま反映したようなポジティヴな内容が元気をくれる一曲だ。“全力で走れ 無我夢中になって”と聴いているだけで思わず駆け出しそうになる。
05BAMBINO〜バンビーノ〜 (FIGHTERZ Version)
グラスを交わす効果音とムーディなトランペット・ソロで幕を開ける、5thシングルのアルバム・ヴァージョン。アグレッシヴなロック・サウンドにホーン・セクションが大胆に絡むホットな一曲で、一夜の体温を求めるアダルトな内容を情熱的に歌い上げている。
06Everlasting Luv
読売テレビ・日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』オープニング・テーマとなった5thシングル。DAIGOの力強いヴォーカルと疾走するギターが魅力のアッパー・ロックで、ずっと一緒にいられるようにつないだ手を離さないというラヴ・ソングとなっている。
07SECRET GIRL
ジャジィで哀愁漂うアッパー・サウンドに情熱的なホーン・セクションが絡む、アダルトな歌謡ロック。“所詮あなたのSECRET GIRL”と独り占めできない状況への嘆きと抑えが効かない衝動を綴った女性目線の一曲で、過激な表現にドキリとさせられる。
08ぼくら
友のありがたみをストレートに歌った心温まるミッド・ナンバー。素朴なサウンドに柔らかいヴォーカルが映える仕上がりだ。“僕らはいつも友(きみ)を待ってる”と、独りで辛いときにもきっと支えになってくれる一曲だ。
09初恋トランポリン
恋に躍る心と好きな人の胸に飛び込みたいと募る想いをトランポリンに模したミッド・ロック。いま一歩踏み出せない“草食系”男子の苦悩を軽快に歌い上げた一曲で、“俺がんばれ!”という健気さが好印象。結局“明日にしようかな”と諦めるオチが微笑ましい。
10Orion
しなやかな弦の旋律が琴線に触れるドラマティックなバラード。一人夜空を見上げ、自分の元を去った大切な人がそこで輝いているなら今すぐに逝きたいと願い悲嘆する内容だ。歩みを進めたくても体が動かない主人公の心情を、慟哭とも思える歌唱で表現している。
11Snow Rose
清涼感と緊張感をまとった疾走ロック。何もかもを覆い隠すように雪が降り続くなか、失ってから気づく彼女の大切さを一人痛感する失恋ソングだ。愁いを帯びながらも凛としたヴォーカルがドラマティックなサウンドにマッチしている。
12DEAR LIAR
ありもしないことに尾ひれをつけて平気に触れ回る“LIAR”に“さあ消え失せろ!”と告げる攻撃的なロック・チューン。“わざわざ釈明するのもバカみたい”になるほどありふれた嘘に怒りを吐き出した内容で、社会に痛烈なメッセージを投げつけている。
13GRAND FINALE
固い絆で結ばれた友人と迎える“グランドフィナーレ”を描いた卒業ソング。何をするにもつるんできた青春の想い出を胸に、これからも一緒に泣いて笑ってバカしたいと歌う。清々しい男同士の友情を、爽快感に満ちたサウンドと伸びやかな歌唱で表現している。
14光 (FIGHTERZ Version)
日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』エンディング・テーマとなった6thシングルのアルバム・ヴァージョン。イントロにストリングス・アレンジが加わり、より壮大な仕上がりになっている。これまで支えてくれた人たちへの感謝を込めた、温かいバラードだ。
15Feel so good (B.R.Z Version)
DAIGOが番組企画で触れ合った盲導犬のために書いた楽曲を“B.R.Z Version”としてリアレンジ。“寄り添うように歩いてゆこう”“誰よりも固い絆になる”など、ともに生きる大切な人と信じあうことの素晴らしさを説いた感動的な一曲だ。
(15)ボーナストラック
アーティスト
  • BREAKERZ
    日本のロック・バンド。メンバーはDAIGO(vo)、SHINPEI(g、cho)、AKIHIDE(g,cho)の3名。2007年6月に結成し、翌月にアルバム・デビュー。キャッチーなメロディとヘヴィなギターを軸としたエモーショナルなロックで人……
  • 同時発売作品
    ZACL-9036   3,800円+税   2009/12/02 発売
    BREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    3ヵ月連続リリース第3弾となる、2009年12月2日発表の4thアルバム。日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』オープニング・テーマ「Everlasting Luv」やエンディング・テーマ「光」といったヒ……
    ZACL-9037   3,800円+税   2009/12/02 発売
    BREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するBREAKERZ / FIGHTERZ [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    3ヵ月連続リリース第3弾となる、2009年12月2日発表の4thアルバム。日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』オープニング・テーマ「Everlasting Luv」やエンディング・テーマ「光」といったヒ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015