ザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジ

はてなブックマークに追加
ザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FIRE AGE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    HAPPY SONG RECORDS
  • 規格品番:
    BVCR-11122
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジをAmazon.co.jpで購入するザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジを@TOWER.JPで購入するザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジをHMV.co.jpで購入するザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジを楽天ブックスで購入するザ・クロマニヨンズ / ファイヤーエイジをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
1年1ヵ月ぶりのサード・アルバムは、彼ららしいストレートなロック満載の全14曲。シンプルな8ビートのシングル曲で幕を開け、最新シングル曲「スピードとナイフ」など、気持ちのいいほど真っ直ぐなロックを展開。初回盤のDVDには“ここでしか観られない”貴重なライヴ映像を収録。
ガイドコメント
甲本ヒロト、真島昌利率いるザ・クロマニヨンズの通算3枚目となるフル・アルバム。「エイトビート」「スピードとナイフ」などを収めた、鋭くパワフルな楽曲が並んでいる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2008/10/13)  ⇒  16位 (10/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2008/10/13)  ⇒  15位 (10/20)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2008/10/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2008/10/13)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2008/10/13)  ⇒  8位 (10/20)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2008/10/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2008/10/13)  ⇒  9位 (10/20)  ⇒  20位 (10/27)
収録曲
01エイトビート
同名の4thシングル曲の別テイクとなる、アルバム『ファイヤーエイジ』のオープニング・ナンバー。ハーモニカをフィーチャーした朗らかなサウンドに、“生きること”を高らかに歌い上げる清々しいヴォーカルが映えている。
02ゴーゴーゴー
エッジの効いたリズム・ギターや疾走感あるギター・ソロなど、真島昌利の爽快なプレイが精彩を放つ8ビート・チューン。“明日はなくても 今はあるだろう”など、タイトルどおりのポジティヴな歌詞が気分を高揚させてくれる。
03ぼうふら
怪しげなベース・ラインに先導される、ストレートなパンク・チューン。所詮嫌われ者の蚊にしか成長できない“ぼうふら”の惨めな存在に自分自身を投影しているかのような歌詞には、吐き出し口のない怒りが感じられる。
04独房暮らし
甲本ヒロト作詞・作曲による、疾走感あふれるロックンロール・チューン。含みを持たせた歌詞は、部屋に独りきりで引きこもっている状態を喩えた“独房暮らし”の中で、他者と接することの必然と恐怖に葛藤する心模様が描かれているようにも。
05自転車リンリンリン
バイトを終えて自転車で家に帰るという日常風景を、緊張感あふれるサウンドで包み込んだロック・チューン。“家賃10円になればいいのになあ”などのユニークな詞の間に、若者が持つ焦燥感が巧みに表現されている。
06ニャオニャオニャー
ノラネコたちによる会議を描写したユニークなミドル・ナンバー。“何をしようか、どうしようか”ととりとめもなく悩み、アルバイトの採用面接に落ちてしまうという猫たちの描写は、現代の若者たちに対する憤りにも感じられる。
07海はいい
南国のリゾートを思わせる、のどかなリズムが特徴的なスロー・テンポのナンバー。一語一語を噛み締めるような甲本ヒロトのヴォーカルは哀愁を帯びていて、それを助長するブルースハープの寂しげな音色とともに心に染み込んでいく。
08スピードとナイフ
キャッチーなベース・ラインが特徴的な、アルバム『ファイヤーエイジ』からの2ndシングル曲。“変わってしまったことへの感慨”を描いたセンチメンタルな詞を、朗らかなヴォーカルで聴かせるというギャップが面白い。
09ナントカドン
“怪獣になってすべてを破壊してしまいたい”という、恋にも夢にも破れた主人公の悲痛な想いが歌われる哀愁のロックンロール・ナンバー。真島昌利の叙情的なギター・プレイが作品のテーマをより深く刻み込んでいる。
10太陽さん
ポジティヴなオーラにあふれた、ミドル・ロック・チューン。あらゆるものを温かく包む太陽への感謝を綴った、壮大でもあり身近にも感じられる歌詞のユニークさが彼ららしい。あくまで爽快感をたたえたコーラス・ワークも印象的だ。
11まーだーまーだー
ビニール傘に描かれた、象やライオンなどアフリカに棲む動物のイラストを題材にしたミドル・テンポのロック・ナンバー。“ないよりも あればまだ 捨てられるのに”などの意味深長な言葉の真意を探っていくのも面白い。
12化石とミイラ
明るいメロディ・ラインと楽しそうなコーラスが印象的な、スロー・テンポのロック・ナンバー。“化石とミイラ こわれもの”“隕石が降っている 星がつもります”など、甲本ヒロトらしい観念的な詞作に惹きつけられる。
13ジェームス・ディーン
“人類はわりと最低だけど 人類はてんで最高なんだぜ”と歌われるサビが高揚感を与えるシンプルなロックンロール・チューン。緩急をつけた切れ味の鋭い演奏が、彼らのバンドとしての実力を最大限に伝えている。
14ドロドロ
ミステリアスでおどろおどろしいリフが印象的な、3rdアルバム『ファイヤーエイジ』のクロージング・ナンバー。“ドロドロ”という意味のない歌詞がテンポ良く何度も繰り返されると、だんだんと心地良くなれるから不思議だ。
タイアップ
  • 「エイトビート」 - モスバーガー「モスライスバーガー「焼肉」」TV-CMソング
アーティスト
  • ザ・クロマニヨンズ
    日本のロック・バンド。メンバーは甲本ヒロト(vo)、真島昌利(g)、小林勝(b)、桐田勝治(ds)の4名。元ザ・ブルーハーツ/ザ・ハイロウズの甲本と真島を中心に、2006年に結成。多くの野外フェスに出演した後、同年9月に「タリホー」でシング……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015