ザ・ストロークス / ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

はてなブックマークに追加
ザ・ストロークス / ファースト・インプレッションズ・オブ・アース
CD
ミニ・レビュー
3作目。シュガー・レイやサブライムなどのヒット作を手がけてきたデヴィッド・カーンと組み、よりメロディを聴かせることに重きを置いた内容にシフト・チェンジ。ドラマティックで抑揚のついた展開ながら演奏面でのボトムの太さも失われていない。
ガイドコメント
新世代の潮流を生み出したNY出身の5人組、ザ・ストロークスの3rdアルバム。デヴィッド・カーンをプロデューサーに迎えた本作は、よりスケールの大きくなったサウンドが堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2006/1/2)  ⇒  2位 (1/9)  ⇒  4位 (1/16)  ⇒  9位 (1/23)  ⇒  14位 (1/30)  ⇒  32位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2006/1/2)  ⇒  1位 (1/9)  ⇒  5位 (1/16)  ⇒  9位 (1/23)  ⇒  14位 (1/30)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2006/1/2)  ⇒  1位 (1/9)  ⇒  5位 (1/16)  ⇒  6位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2006/1/2)  ⇒  1位 (1/9)  ⇒  5位 (1/16)  ⇒  8位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2006/1/2)  ⇒  1位 (1/9)  ⇒  9位 (1/16)  ⇒  9位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2006/1/2)  ⇒  1位 (1/9)  ⇒  8位 (1/16)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/1/2)  ⇒  1位 (1/9)  ⇒  2位 (1/16)  ⇒  3位 (1/23)  ⇒  6位 (1/30)  ⇒  10位 (2/6)  ⇒  10位 (2/13)
収録曲
01YOU ONLY LIVE ONCE
バッキバキに固められた硬質のビートと突き抜けるようなクリアなギター・カッティング。音もバンドも格段に飛躍したことを見せつける、新生感たっぷりのミドル・チューン。奔放なジュリアンのヴォーカルが胸に響く。
02JUICEBOX
野太いベース・ラインに牽引され、獰猛なサウンドが牙を剥いて襲い掛かるハイ・テンションなロックンロール・ナンバー。めくるめく速度で加速・炎上・爆破を繰り返すオーヴァーランなエネルギーの塊のような凄まじさが体験出来る。
03HEART IN A CAGE
スカスカなガレージ・サウンドというイメージを一瞬で払拭させるヘヴィなグルーヴを展開。ほとんどハード・メタル的ともいえる高速アルペジオが、ドラマティックで壮大な世界観を生みだしている。
04RAZORBLADE
シャープなギター・カッティングと鋭いアルペジオが繰り広げるサウンドは、まさに「カミソリの刃」。極限まで無駄を省いた、タイトで研ぎ澄まされたロックが、芸術的ともいえる妖しい美しさを放っている。
05ON THE OTHER SIDE
痙攣するようなアルペジオのフレーズとどこかしらドアーズを彷彿とさせる陰鬱なメロディが相まって、独特の世界を構築。ダークでありつつもメロディアスに仕上げることで、きちんとポップに昇華しているあたりに巧さを感じる。
06VISION OF DIVISION
ガシガシと刻まれるリズム・ギターからメタル風の速弾きプレイまで、ギター・サウンドがさまざまな顔を見せてくれる一曲。変幻自在に変化する音色は、まさに凝縮されたプログレともいうべきダイナミックさ。この曲だけでお腹いっぱいになれる程の満足感。
07ASK ME ANYTHING
メロトロンとジュリアスのヴォーカルのみで構成されたシンプルな一曲ながら、ミニマリズムの極地ともいうべき独特のフレーズが無限の情景を思い起こさせる。生まれながらにして既にクラシック並みのエレガントさを内包している。
08ELECTRICITYSCAPE
メランコリックなメロディと疾走するギター・フレーズ、そして祈るような歌声。どこかしら初期レディオヘッドを彷彿とさせるUKフレイヴァー漂う一曲。暗闇を内包した美しさが、圧倒的な存在感をもって迫ってくる。
09KILLING LIES
水の波紋のように広がっていく音のグルーヴが心地よいミドル・チューン。ゆっくりと静かではあるが、外側に向かえば向かう程、波が大きくなっていくような確かな強さを秘めている。ベースのニコライが作曲に参加。
10FEAR OF SLEEP
ヴォーカルのフレーズをギターが並列して鳴らすという奇妙なAメロから一転、サビでは鬱屈とした感情を大爆発させたエモーショナルなサウンドスケープを展開。タイトル通り、「未知なる不安」を体現した一曲といえよう。
1115 MINUTES
初の本格的なバラード・ナンバー……かと思いきや、後半は急転してスピーディなロックンロールに。前半と後半で全く違う顔を見せ、そのどちらもが一曲でも成立するものなのに、こうしてまとめてしまうところが実に天の邪鬼なストロークスらしい。
12IZE OF THE WORLD
シンプル・コード展開を基盤としつつも、アレンジ面でアルペジオを多用するなどして、ぐっとメロディアスに仕上げた印象。サビでのジュリアンの絶叫にも似たヴォーカルがドリルのように胸をえぐる。
13EVENING SUN
最低限の音だけを鳴らし、最低限のセッションのみで紡がれる無駄を一切省いた静かな一曲だが、音の間にある緊迫感はかなり高い。表面張力ギリギリで保たれている水面のような、決壊直前のエネルギーの塊ともいうべき熱さを内包している。
14RED LIGHT
バウンシーなビートの上を縦横無尽に駆けめぐるメロディアスなアルペジオから生み出される、奇妙なファンシーさを持ったドリーミー・サウンド。悪趣味でありつつも洗練された、なんとも毒々しいエレクトリカル・パレードだ。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/ピンバッジ(初回のみ)
アーティスト
  • ザ・ストロークス
    米・ニューヨーク出身のロック・バンド。メンバーはジュリアン・カサブランカス(vo)、ニック・ヴァレンジ(g)、アルバート・ハモンド・ジュニア(g)、ニコライ・フレイチャー(b)、ファブリジオ・モレッティ(ds)の5名。1999年に結成。“ネ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015