宇多田ヒカル / First Love

はてなブックマークに追加
宇多田ヒカル / First Love
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FIRST LOVE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-24067
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    宇多田ヒカル / First LoveをAmazon.co.jpで購入する宇多田ヒカル / First Loveを@TOWER.JPで購入する宇多田ヒカル / First LoveをHMV.co.jpで購入する宇多田ヒカル / First Loveを楽天ブックスで購入する宇多田ヒカル / First LoveをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
その歌い方からR&B路線で見られがちな彼女だが、このアルバムではいろんなサウンドを取り入れ、歌い上げている。それもとってもハートフルに。何とスケールの大きな16歳シンガーなんだろう……! あどけなさが残ってるのも等身大の彼女らしくていい。
ガイドコメント
すでに全国のFM、有線、クラブなどでオンエア、チャート・インして話題となっている大型新人、宇多田ヒカル。昨年12月に発売された1stシングルに続いての待望の1stアルバム。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    12位 (2014/5/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    18位 (2014/3/17)  ⇒  2位 (5/5)
収録曲
01Automatic (Album Edit)
02Movin'on without you
03In My Room
ラップやスクラッチを取り込み、R&Bテイストを意識したミディアム・ナンバー。ファンキーなギターがアクセントとして効いていて、単なるポップスではない、空間の奥行きを感じるサウンドに汲み上げている。
04First Love
05甘いワナ〜Paint It、Black
06time will tell
07Never Let Go
08B&C (アルバム・ヴァージョン)
09Another Chance
派手さはないが、アダルトで落ち着いたムードを醸し出す、クールなダンス・チューン。ヴェルヴェットで覆ったようなコーラス・ワークと淡々としたリズム・プログラミングとが、違和感なくまとまっている。
10Interlude
11Give Me A Reason
12Automatic (Johnny Vicious Remix)
(12)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Automatic」 - フジテレビ「宇多田ヒカル Making of unplugged」
  • 「First Love」 - NTT東日本TV-CMソング
アーティスト
  • 宇多田ヒカル
    1983年1月19日生まれ、米・ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ヒッキー”。母は藤圭子。10歳頃から始動し、ファミリー・ユニット“Cubic U”名義での作品を経て、98年にデビュー。たちまちシーンを席巻し、日本音楽史上……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015