松たか子 / Five years〜singles

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FIVE YEARS - SINGLES
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    ポリドール
  • 規格品番:
    UPCH-1120
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松たか子 / Five years〜singlesをAmazon.co.jpで購入する松たか子 / Five years〜singlesをHMV.co.jpで購入する松たか子 / Five years〜singlesを楽天ブックスで購入する松たか子 / Five years〜singlesを@TOWER.JPで購入する
    松たか子 / Five years〜singlesを山野楽器で購入する松たか子 / Five years〜singlesをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
シンガーのほか作詞・作曲に挑戦するなど、女優以外にもマルチな才能を発揮する松たか子。97年のレコード・デビューから5年間に発表されたシングル曲を年代順に網羅した1枚。透明感のある歌に癒されること間違いなし。
収録曲
01明日、春が来たら
97年春、歌手デビュー作品にして、いきなりのヒット。ミドル・テンポのやさしいメロディと、彼女の出過ぎないすっぴんの歌声は、まさに早春の日溜りのごとく。19歳の瑞々しさがぎゅーっと詰まった、永遠のピュア・ソング。
02I STAND ALONE
03WIND SONG
04真冬のメモリーズ
05サクラ・フワリ
歌手デビューから1年目、ふたたび「春の出発」を歌うナチュラル・バラード。デビュー曲でまとっていた初々しさを脱ぎ、フワリとしたやさしいタッチのヴォーカルでリスナーを包む。「大人の歌手」へと成長を遂げた作品。
06ごめんね。
07Stay with me
08夢のしずく
09月のダンス
10桜の雨、いつか
2000年発表、自ら主演を務めたドラマ『お見合い結婚』の主題歌である。「和」を意識した美しいピアノの旋律と、松のナチュラル・ヴォイスが溶け合う瑞々しい作品。自作による素直で飾らない詞にも高感度◎である。
11優しい風
2000年の通算11作目、作詞・作曲を自ら担当。公演先での鼻歌からできちゃったという作品。アコースティック・サウンドをバックに、広音域にわたるメロディをのびのびと歌い上げる、松らしい開放感あふれるバラードだ。
12コイシイヒト
2001年、通算12作目はSMAPへの楽曲提供などで知られる川村結花とのコラボレーション。エキゾティックなアコースティック・サウンドをバックに永遠の片思いを歌う、すべての女の子に贈る胸キュンのラヴ・ソング。
13花のように (moonstruck version)
タイアップ
  • 「コイシイヒト」 - フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」エンディングテーマ
  • 「月のダンス」 - セイコー「LUKIA」CFソング
  • 「桜の雨、いつか」 - フジテレビ「お見合い結婚」主題歌
  • 「夢のしずく」 - 資生堂「ホワイティア」CFソング
  • 「優しい風」 - 資生堂「ホワイティア」CFソング
アーティスト
  • 松たか子
    1977年6月10日生まれ、東京都出身の女優/歌手。本名は佐橋隆子(旧姓・藤間)。9代目松本幸四郎を父に、松本紀保を姉に、7代目市川染五郎を兄に持つ。夫はミュージシャンの佐橋佳幸。16歳の93年に初舞台を踏み、翌年の大河ドラマ『花の乱』でT……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015