capsule / FLASH BACK

はてなブックマークに追加
capsule / FLASH BACK
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FLASH BACK
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    contemode
  • 規格品番:
    YCCC-10011
  • 価格:
    2,420 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    capsule / FLASH BACKをAmazon.co.jpで購入するcapsule / FLASH BACKを@TOWER.JPで購入するcapsule / FLASH BACKをHMV.co.jpで購入するcapsule / FLASH BACKを楽天ブックスで購入するcapsule / FLASH BACKをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
セルフ・リミックス・アルバムのリリースから間を置かずに、6作目のオリジナル・アルバムが届いた。今や日本のポップスの中心地に間違いなくいる中田ヤスタカの本拠地であるcapsule。自分の好きなクラブ系のサウンドとポップの折り合いが非常に興味深い。
ガイドコメント
中田ヤスタカ率いる男女2人組ユニットの通算10枚目のオリジナル・アルバム。ジャンルレスな音楽性に加え、よりメロディアスになったサウンドとリズムが唯一無二の個性を放っている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2007/12/3)  ⇒  4位 (12/10)  ⇒  29位 (12/17)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/12/3)  ⇒  8位 (12/10)  ⇒  11位 (12/31)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2007/12/3)  ⇒  5位 (12/10)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2007/12/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2007/12/3)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2007/12/3)  ⇒  3位 (12/10)  ⇒  17位 (12/17)  ⇒  17位 (12/31)  ⇒  13位 (2008/1/7)  ⇒  18位 (1/14)  ⇒  18位 (2/11)
収録曲
01construction
アルバム『FLASH BACK』の冒頭、1分間のイントロダクション。ミドル・テンポのシンプルなマシン・ビートに、“ファミコンサウンド”なシンセのフレーズがポップに絡む。カラフル極まりないこのアルバムのカラーを、雄弁に物語っているといえる。
02FLASH BACK
突如鳴り響く、アラームのようなシンセの絶叫。そこからさらにテンションの高いドラム・ビートと、ブリブリに歪んだシンセとベースがあふれ出す。ディスコ・パンクといっても差し支えないくらいの、ロックでエレクトロニックなインスト・ナンバー。
03Eternity
アルバム『FLASH BACK』3曲目にしてようやく顔を出す、待ってましたのヴォコーダー・ヴォイス。中田ヤスタカが作るクールなメロディ・ラインは相変わらず健在で、キュートなこしじまとしことの相性も良い。トラックはダンサブルな80年代ディスコ仕様。
04You are the reason
カラフル、ポップ、キュートの3拍子が揃った、capsuleの真骨頂。Aメロ、Bメロ、サビの展開がはっきりと存在し、歌謡曲としての機能性も持ち合わせている。全英詞で歌われる流麗なヴォーカルがソウルフルだ。
05Love Me
ノイジーなエレクトロ・サウンドで奏でられるサイバーなディスコ・ナンバー。こしじまとしこがつぶやきにも似たヴォーカル・スタイルで“Do you love me?”と連呼する、セクシーでクールな楽曲に仕上がっている。
06I'm Feeling You
シンプルで整合性のあるトラックであるがゆえに、ヴォーカルのメロディ・ラインが際立つ。全編日本語で歌われるポップで聴きやすいメロディの効果もあって、capsuleの歌謡曲サイドの特徴がよく現れている楽曲だ。
07MUSiXXX
ノイズまみれのデジタル・サウンドが不思議なキャッチーさを持って鳴り響く、capsuleらしい楽曲。ハウシーな4つ打ちやシンプルなフレーズとコードのリフレインが、曲にダンス・トラックとしての機能を持たせている。
08Get down
チープさスレスレの軽妙なシンセ・サウンドから幕を開ける、キュートなヴォーカル・トラック。力の抜けた詞世界とヴォーカル・スタイルは、聴けば聴くほどいつの間にかクセになる。Perfumeの楽曲にも通ずる、中田ヤスタカの真骨頂といえる好ナンバー。
09Electric light Moon light
揺らぎのあるビートと美しいシンセが絡む、R&Bのようなトラックが印象的。心地良いヴォコーダー・ヴォイスやポップでキャッチーな歌謡曲的展開を用いながら、洗練された切なさも同時に感じさせる、完成度の高い楽曲だ。
アーティスト
  • CAPSULE
    日本の音楽ユニット。国内外で幅広く活躍するクリエイター“中田ヤスタカ”の活動の中心となるユニットで、ヴォーカリスト“こしじまとしこ”とともに1997年に結成。2001年、シングル「さくら」でデビューを果たす。当初はボッサ、ラウンジ系などのモ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015