ザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-

はてなブックマークに追加
ザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FLASH
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    HAPPY SONG RECORDS
  • 規格品番:
    BVCR-11083
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-をAmazon.co.jpで購入するザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-を@TOWER.JPで購入するザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-をHMV.co.jpで購入するザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-を楽天ブックスで購入するザ・ハイロウズ / フラッシュ-ベスト-をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
全曲がハイライトと断言できる、珠玉の18曲を収録した初のベスト・アルバムにして、ラスト・アルバム。カリスマ的人気を誇ったブルーハーツのフロントマンふたりが、ただロックンロールのみを武器に歩み続けた歴史が刻まれている。聴くたびに泣きそうになる。★
ガイドコメント
1995年にアルバム『ザ・ハイロウズ』でデビューした大御所ロック・バンド、初のベスト・アルバム。シングル曲を中心にタイアップ使用曲ばかりが収録された本作は、彼らの10年の軌跡が辿れる内容だ。入門編にも最適。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2006/1/2)  ⇒  3位 (1/9)  ⇒  9位 (1/16)  ⇒  16位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/1/2)  ⇒  2位 (1/9)  ⇒  8位 (1/16)  ⇒  15位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2006/1/2)  ⇒  5位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2006/1/2)  ⇒  5位 (1/9)  ⇒  8位 (1/16)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2006/1/2)  ⇒  2位 (1/9)  ⇒  4位 (1/16)  ⇒  6位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2006/1/2)  ⇒  5位 (1/9)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/1/2)  ⇒  2位 (1/9)  ⇒  3位 (1/16)  ⇒  4位 (1/23)  ⇒  7位 (1/30)  ⇒  15位 (2/6)
収録曲
01ミサイルマン
02スーパーソニックジェットボーイ
03胸がドキドキ
04相談天国
05ロッキンチェアー
06月光陽光
07千年メダル
08ローリング・ジェット・サンダー
09罪と罰
10ハスキー (欲望という名の戦車)
11青春
松本人志、中居正広らが主演していた日本テレビ系ドラマ『伝説の教師』の主題歌。平熱で淡々と歌い上げるヴォーカルに説得力が宿るのは、甲本ヒロトの歌い手としての存在感が大きいからだろう。鍵盤をアクセントにしたシンプルな曲調である。
12十四才
13いかすぜOK
「アクエリアス」のCMイメージ・ソングに起用された楽曲。夏場にスポーツで汗をたっぷりかいているような光景が浮かび上がってくる躍動感あふれるサウンドは、ベッタリとせず、爽やかに駆け抜けていく。開放感漲るパワフルな曲調に体も自然と動く。
14Too Late To Die
曲名を連呼するシンガロング必至の歌詞や曲調自体もシンプルさを極めているにもかかわらず、タテノリの極上グルーヴを最高潮に高めた仕上がりだ。ライヴで拳を振り乱し、歌い上げているファンの姿が透けて見えてくる豪快なロックぶりだ。
15夏なんだな
直球の曲名が物語るように、「アクエリアス」のCMイメージ・ソングに抜擢された楽曲だ。風流なアコースティック・ギターで静かに始まり、一転パワフルなバンド・サウンドに切り替わっていく展開が最高だ。夏のキーワード盛りだくさんの歌詞にも要注目。
16日曜日よりの使者
映画『ゼブラーマン』の主題歌となったこの曲は、ゆったりした手拍子とアコギ、パイプオルガン調のキーボードが快晴の爽やかな草原を連想させる。慌しい日常から一歩抜け出し、ゆとりを持ちたい人にお薦め。
17荒野はるかに
18サンダーロード
タイアップ
  • 「Too Late To Die」 - CoCo壱番屋
  • 「いかすぜOK」 - コカ・コーラボトリング「アクエリアス」
  • 「サンダーロード」 - リクルート「フロム・エー」
  • 「夏なんだな!」 - コカ・コーラボトリング「アクエリアス」
  • 「荒野はるかに」 - JOC(日本オリンピック委員会)「アテネオリンピック 自転車競技」応援ソング
  • 「日曜日よりの使者」 - Honda「Do you have a HONDA?」
  • 「日曜日よりの使者」 - アサヒビール「アサヒ オフ」TV-CMソング
  • 「日曜日よりの使者」 - 東映「ゼブラーマン」主題歌
封入特典
  • 「FLASH」特製ステッカー
アーティスト
  • ザ・ハイロウズ
    1995年、元ブルーハーツの真島昌利(g)、甲本ヒロト(vo)らによって結成。同年、「ミサイルマン」でデビュー。当初は借りもののサウンドに意味のない歌詞をのせるといった方法論を取っていたが、2作目の『タイガーモービル』(96年)以降は、初期……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015