宇多田ヒカル / Flavor Of Life

はてなブックマークに追加
宇多田ヒカル / Flavor Of Life
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FLAVOR OF LIFE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    東芝EMI
  • 規格品番:
    TOCT-40095
  • 価格:
    1,048 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    宇多田ヒカル / Flavor Of LifeをAmazon.co.jpで購入する宇多田ヒカル / Flavor Of LifeをHMV.co.jpで購入する宇多田ヒカル / Flavor Of Lifeを楽天ブックスで購入する宇多田ヒカル / Flavor Of Lifeを@TOWER.JPで購入する
    宇多田ヒカル / Flavor Of Lifeを山野楽器で購入する宇多田ヒカル / Flavor Of LifeをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
バラード・ヴァージョンが人気ドラマ『花より男子2』のイメージ・ソングに使われた、宇多田ヒカルの2007年第1弾シングル。オーソドックスな曲調ながら、胸を締めつける切ない歌詞を情感豊かに歌い上げている。低音の使い方などに新境地も見て取れる秀作。
2007年2月発表のシングル。恋する女性が共鳴しそうな見事な心理描写と、宇多田ヒカルならではの洗練されたメロディが魅力の切ないポップ・チューンだ。TBS系ドラマ『花より男子2』のイメージ・ソング。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    1位 (2007/2/26)  ⇒  4位 (3/5)  ⇒  5位 (3/12)  ⇒  10位 (3/19)  ⇒  8位 (3/26)  ⇒  18位 (4/9)
トラックリスト
01Flavor Of Life
「ありがとうと〜」というア・カペラの印象的なサビから始まる、切ないポップ・チューン。質の良い恋愛小説のごとき詞が共感を呼び、際立つメロディ・ラインは心の琴線に触れる。ファルセットも磨きがかかって、キラメキ感倍増!
02Flavor Of Life (Ballad Version)
大人の恋愛を歌ったポップ・チューンのバラード・ヴァージョン。TBS系ドラマ『花より男子2』のイメージ・ソングとして劇中で披露された。オリジナルよりもスローでストリングスを基軸としたサウンドが、切なさをいっそう盛り上げている。
03Flavor Of Life (Original Karaoke)
04Flavor Of Life (Ballad Version) (Original Karaoke)
「ありがとうと〜」というア・カペラの印象的なサビから始まる、切ないポップ・チューン。質の良い恋愛小説のごとき詞が共感を呼び、際立つメロディ・ラインは心の琴線に触れる。ファルセットも磨きがかかって、キラメキ感倍増!
05Flavor Of Life (Antidote Mix)
「ありがとうと〜」というア・カペラの印象的なサビから始まる、切ないポップ・チューン。質の良い恋愛小説のごとき詞が共感を呼び、際立つメロディ・ラインは心の琴線に触れる。ファルセットも磨きがかかって、キラメキ感倍増!
(5)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Flavor Of Life」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Flavor Of Life」 - TBS「花より男子2」イメージソング
  • 宇多田ヒカル
    1983年1月19日生まれ、米・ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ヒッキー”。母は藤圭子。10歳頃から活動を始め、ファミリー・ユニット“Cubic U”名義で楽曲を発表。98年に本人名義でデビューするとたちまちシーンを席巻……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015