リトル・ウィリーズ / フォー・ザ・グッド・タイムス [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
リトル・ウィリーズ / フォー・ザ・グッド・タイムス [紙ジャケット仕様]
CD
ミニ・レビュー
ノラ・ジョーンズ、そして彼女と仲良しの中年男性4人による、カントリー音楽をやるグループの2作目。大半がウィリー・ネルソンらのカヴァー曲で、アメリカののどかな風景をぽっかりと浮き上がらせる。童心に帰り、心底趣味を追求している、と説明したくなる。
ガイドコメント
ノラ・ジョーンズの参加グループとして脚光を浴びたカントリー・バンドが5年以上を経て2枚目のアルバムを発表。各々の出身は米国内でも大きく異なるが、共通する音楽的背景を楽しんでいるさまが素晴らしい。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2012/1/9)  ⇒  17位 (1/16)  ⇒  15位 (1/23)  ⇒  27位 (1/30)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2012/1/9)  ⇒  16位 (1/16)  ⇒  12位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2012/1/9)  ⇒  10位 (1/16)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2012/1/9)  ⇒  9位 (1/23)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2012/1/9)  ⇒  6位 (1/16)  ⇒  8位 (1/23)  ⇒  9位 (1/30)  ⇒  10位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2012/1/9)
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    1位 (2012/1/9)  ⇒  1位 (1/16)  ⇒  1位 (1/23)  ⇒  1位 (1/30)  ⇒  1位 (2/6)  ⇒  1位 (2/13)  ⇒  3位 (2/20)  ⇒  2位 (2/27)  ⇒  5位 (3/5)  ⇒  7位 (3/12)  ⇒  7位 (3/19)  ⇒  7位 (3/26)  ⇒  9位 (4/2)  ⇒  11位 (4/9)  ⇒  12位 (4/16)  ⇒  12位 (4/23)  ⇒  10位 (4/30)  ⇒  18位 (5/7)  ⇒  18位 (5/14)
収録曲
01I WORSHIP YOU
ウィリー・ネルソンのカヴァー・バンドとして結成した、ノラ・ジョーンズ在籍バンドの2ndアルバム『フォー・ザ・グッド・タイムス』の冒頭曲で、スタンリー・ブラザーズの代表曲のカヴァー。伝道的なブルーグラス・スタイルを崩さない、丁寧な演奏が味わい深い。
02REMEMBER ME
夫婦デュオ、ルル・ベル&スコッティ(スコット・ワイズマン)の名曲のカヴァー。ウィリー・ネルソンもカヴァーしたナンバーの、のどかなカントリー・ワルツの雰囲気を踏襲したオーガニックな響きが心地よい。ノラの情熱的な歌声が胸に響く。
03DIESEL SMOKE, DANGEROUS CURVES
50年代に人気を博したドイ・オデールのナンバーで、1967年にはレッド・シンプソンがカヴァーした、トラック野郎御用達の楽曲のカヴァー。リチャード・ジュリアンの無頼な歌い方とノラの柔らかなヴォーカルのコントラストが楽しめる。
04LOVESICK BLUES
1949年にハンク・ウィリアムスが取り上げてヒットした、1920年代に書かれたティン・パン・アレー産のカントリー・クラシックを、ツイン・ヴォーカルという形態でカヴァー。穏やかなフレーズをちりばめた日曜の午後にぴったりの楽曲だ。
05TOMMY ROCKWOOD
ギター担当のメンバー、ジム・カンピロンゴのオリジナル・ギター・インストゥルメンタル。彼の愛器、ユーモラスなフレーズを繰り出すフェンダー・テレキャスターの低音弦が頼もしく響く、楽しいカントリー・ナンバー。
06FIST CITY
60〜70年代を代表する女性カントリー歌手、ロレッタ・リンが1968年に放った楽曲のカヴァー。浮気性の夫について綴った内容の歌をロッキン・カントリー風味に解釈した、サウンドはエネルギッシュで楽しいナンバー。
07PERMANENTLY LONELY
ウィリー・ネルソンがキャリア初期のソングライター時代に書き、歌手、ティミー・ユーロが1963年のアルバムで歌った名曲のカヴァー。ピアノをメインとしたスロウ・テンポかつシンプルな伴奏の、哀愁漂うポップ・ソングだ。
08FPUL OWL ON THE PROWL
1967年の映画『夜の大走査線』の劇中に登場する歌のカヴァー。どこかしみったれた感じ、場末のバーなんかを回想させるカントリー調のメロディを、男女ツイン・ヴォーカルのハーモニーで聴かせている。歌詞もひねくれていて綺麗な言葉が出てこない。
09WIDE OPEN ROAD
ジョニー・キャッシュが1954年末にサン・レコードと契約し、最初にレコーディングしたと言われている楽曲のカヴァー。ウェスタン・スウィングのテイストを取り入れたアレンジがクセになる。歌詞は戻ってこない“君”と会うことを待ち望んでいる男について。
10FOR THE GOOD TIMES
ジャニス・ジョップリンの遺作となったヒット「ミー・アンド・ボビー・マギー」の作者にして、のちにシンガー・ソングライター、俳優としても活躍するクリス・クリストファーソンの作品を、前作に続いて選曲。柔らかく優しいサウンドとヴォーカルに癒される。
11IF YOU'VE GOT THE MONEY I'VE GOT THE TIME
50年代のカントリー黄金期を代表する一人、レフティ・フリゼルのデビュー曲にして、1976年にはウィリー・ネルソンがカヴァーした楽曲のカヴァー。王道のカントリー・ナンバーを、ネルソンがステージで演奏するようにアップ・テンポにアレンジしている。
12JOLENE
オリビア・ニュートン・ジョンのヒットで知られる、1973年発表のドリー・パートンの楽曲のカヴァー。自分の恋人を奪わないで、と友達“ジョリーン”に懇願している。フォーキーなメロディとギターを中心としたシンプルな演奏に、静かな興奮を覚える。
13DELIA'S GONE
2ndアルバム『フォー・ザ・グッド・タイムス』日本盤ボーナス・トラック収録曲。ジョニー・キャッシュの愛唱歌でボブ・ディランもカヴァーした、とある殺人事件を題材にしたフォーク・ソングのカヴァー。悲しい歌詞だが、サウンドは緩やかなカントリー調にアレンジ。
(13)ボーナストラック
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • 歌詞・対訳・解説
アーティスト
  • リトル・ウィリーズ
    ノラ・ジョーンズ(p、vo)、リー・アレキサンダー(b)、リチャード・ジュリアン(g、vo)、ジム・カンピロンゴ(g)、ダン・ライザー(ds)の5人組。ノラのアルバムをプロデュースするリーと、ノラとは大学時代に知り合ったリチャードなど、旧知……
  • 同時発売作品
    ザ・リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [限定]
    TOCP-54345   1,429円+税   2012/01/11 発売
    ザ・リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [限定]をamazon.co.jpで購入するザ・リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するザ・リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [限定]をHMV.co.jpで購入するザ・リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [限定]を楽天ブックスで購入するザ・リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [限定]をTSUTAYAで購入する
    ノラ・ジョーンズ率いる5人組バンドの1stアルバム。オリジナル曲のほか、ウィリー・ネルソンやエルヴィス・プレスリーのカヴァーをモダンなカントリー作風で披露。各メンバーの実力もさることながら、やはりノラ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015