ジェイムス・イングラム / フォーエヴァー・モア〜ベスト&デュエット

はてなブックマークに追加
ジェイムス・イングラム / フォーエヴァー・モア〜ベスト&デュエット
CD
ミニ・レビュー
比較的軽めのソウル・シンガー、ジェイムスがウインダム・ヒルへ移籍しての第1弾。自らのヒットを新録でセルフ・カヴァー。バックのトラックは違うが、彼の声は変わらず、素晴らしい。ナンシー・ウイルソンなどとのデュエット曲にもいい曲が多い。
ガイドコメント
移籍第1弾。新曲、ニュー・ヴァージョン、傑作デュエットも収録されたラヴ・バラードの名手のレーベル枠を越えたベスト盤。日本盤のみパティ・オースティンとのデュエット曲も収録されている。
収録曲
01FOREVER MORE (I'LL BE THE ONE)
02I BELIEVE I CAN FLY
03BABY COME TO ME
04I BELIEVE IN THOSE LOVE SONGS
05EVERYTHING MUST CHANGE
06YAH MO BE THERE
07NO NEED TO SAY GOODBYE
08JUST ONCE
09WISH YOU WERE HERE
10ONE HUNDRED WAYS
11MY FUNNY VALENTINE
12SOMEWHERE OUT THERE
13I DON'T HAVE THE HEART
14THE DAY I FALL IN LOVE
15HOW DO YOU KEEP THE MUSIC PLAYING
アーティスト
  • ジェイムス・イングラム
    1952年2月16日生まれ、米・オハイオ州アクロン出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー。本名はジェイムス・エドワード・イングラム。ロサンゼルスへ移り、レイ・チャールズのバンドなどを経て、81年にクインシー・ジョーンズ作品に参加。参……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015