フーバスタンク / フォーネヴァー

はてなブックマークに追加
フーバスタンク / フォーネヴァー
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FOR(N)EVER
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    アイランド
  • 規格品番:
    UICL-1081
  • 価格:
    2,304 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    フーバスタンク / フォーネヴァーをAmazon.co.jpで購入するフーバスタンク / フォーネヴァーを@TOWER.JPで購入するフーバスタンク / フォーネヴァーをHMV.co.jpで購入するフーバスタンク / フォーネヴァーを楽天ブックスで購入するフーバスタンク / フォーネヴァーをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
日本でも安定した支持を獲得してきた、アメリカ産ヘヴィ・ロック・バンドによる4枚目のアルバム。音像としてはハードな側面が強調された印象だが、キャッチーな楽曲作りの巧さは変わらない。体を揺さぶるものからじっくりと堪能させるものまで幅広く聴かせる。
ガイドコメント
日本でもヒットした前作『欲望』より、約2年ぶりとなる4thアルバム。広い空間を感じさせるグルーヴと螺旋状に絡み合うような歪曲のメロディは健在。さらに磨きのかかったエモい楽曲が満載だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2009/1/26)  ⇒  11位 (2/2)  ⇒  19位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2009/1/26)  ⇒  7位 (2/2)  ⇒  13位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2009/1/26)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/1/26)  ⇒  3位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2009/1/26)  ⇒  2位 (2/2)  ⇒  8位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2009/1/26)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2009/1/26)  ⇒  3位 (2/2)  ⇒  6位 (2/9)  ⇒  13位 (2/16)  ⇒  13位 (2/23)
収録曲
01MY TURN
4thアルバム『フォーネヴァー』からのシングル・カット第1弾となる、重厚なギター・リフが前面に出たハードなロック・ナンバー。“いつになったら俺の番になるんだ?”と半ばキレ気味な詞だが、ダグラスのヴォーカルが不思議と爽快さを感じさせる。
02I DON'T THINK I LOVE YOU
息の長いヴォーカルとコーラスが沁みるナンバー。かつては揺るぎない愛で結ばれていた二人の、時を経て一つの答えにたどり着いた瞬間のことを綴っている。メロディアスな楽曲が、巻き戻せない過去の存在を、切なく色濃く印象づけている。
03SO CLOSE, SO FAR
壮大なストリングスや爽快なタンバリンが映えるミディアム・ナンバー。メジャー・コードの合間にマイナー・コードを上手く挟んだ展開のなかで、今はそばにいない大切な人を想い耐えんとする心模様を描いている。
04ALL ABOUT YOU
ハードなサウンドに乗せて、アルバム『フォーネヴァー』中最高の“イライラ感”を正面からぶちまけた一曲。腹を立てた時のエネルギーを表わすかのように、歪んだギターが力強くうなる。“おまえのことが嫌いになる!”と直球でタンカを切るさまはかなり爽快。
05THE LETTER
女の裏切りに気づいた男の哀愁を歌ったミッド・スロー。物的証拠=手紙によって繊細な心を粉々に砕かれた悲しすぎる結末を、絶妙なコーラス・ワークを効かせつつ歌い上げる。エフェクターを使用したギター・サウンドが物語性を強めている。
06TEARS OF YESTERDAY
辛い出来事のせいで晴れない心を、曇りの空にたとえたメロウな一曲。“息で曇らせた窓に”愛しい“おまえの名前を書く”というインドア派の独白ではあるが、前向きに頑張ろうという微かな明るさと強さを絶妙なコードで提示している。
07SICK OF HANGING ON
不安定なサウンドを奏でる歪んだ2本のギターによって、女に振り回される男の苛立ちを絶妙に描写したトラック。勢いのあるカッティングや激しく高低を往来するベースで盛り上がるサビが、煮え切らない相手に対する怒りを想像させる。
08YOU'RE THE ONE
タイトルが示すとおり、これ以上ないほどまっすぐなラヴ・ソング。伸びのある声がダグラスの持ち味だが、ここでは明快なヴォーカルを披露し“恐れやしない おまえが必要なんだ”という大胆な告白をやってのけている。バンドの無骨さも活きた好ナンバー。
09WHO THE HELL AM I?
ずっしりとしたギターに明朗なヴォーカルを乗せた、フーバスタンクらしさを満載したトラック。オルタナティヴな雰囲気から一転、ダグラスの雄叫びとともにヘヴィなマイナー・サウンドへと展開。迷える自分を正面から見据えた、素直なリリックも好感。
10YOU NEED TO BE HERE
“思い通りにはいかない世界だからこそ、お前にここに居て欲しい”という願いを、ややしっとりと語るスロー・ナンバー。くぐもらせたヴォーカルとリヴァーブさせたバンド・サウンドというエフェクト効果により、現実的な視線と理想への憧れを交錯させた世界を描いている。
11GONE GONE GONE
エネルギッシュなドラムが重厚なビートを刻むミッド・チューン。悪い評判どおりでしかなかった恋人に対する諦めと自嘲ムードを表わした、ギターのシンコペーションが面白い。離縁状を叩きつけるかのように、バッサリとカット・アウトするのもクール。
12REPLACE YOU
ベッドルームでの回想を綴ったリリックが切ない、オルタナティヴ感が漂う曲。明快な8ビートの上での哀愁を誘うヴォーカルに絶妙なラインのコーラスを重ね、ぶつけようのない感情のくすぶりを醸し出している。
13STAY WITH ME
抜群に伸びの良いヴォーカルを生かした、アルバム『フォーネヴァー』の中でもっとも美メロといえるミディアム・ナンバー。壮大さを感じさせつつもやや短めに仕上げたことで、率直な“懇願”を力強く訴えることに成功している。繊細なピッキングを聴かせるギターが印象深い。
(12)(13)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • フーバスタンク
    米国ロサンゼルス出身のオルタナティヴ・ロック・バンド。1994年、米国アグーラ高校のクラスメイトであるダグラス・ロブ(vo)、ダン・エストリン(g)とクリス・ヘッス(ds)により結成。2001年にデビュー・アルバム『フーバスタンク』を発表(……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015