ニュー・ファウンド・グローリー / フロム・ザ・スクリーン・トゥ・ユア・ステレオ・パート2 [廃盤]

はてなブックマークに追加
ニュー・ファウンド・グローリー / フロム・ザ・スクリーン・トゥ・ユア・ステレオ・パート2 [廃盤]
CD
ミニ・レビュー
映画関連の曲をパンクにアレンジするシリーズの第2弾。リサ・ローブ作品「ステイ」をポップにカヴァー、しかもその作者本人が参加するなど、ゴージャスな企画だ。アレンジも楽しめるし、ほかにも多くのゲストが参加しているので、付加価値もたっぷり。
ガイドコメント
エモ・パンク・バンド、ニュー・ファウンド・グローリーの映画音楽カヴァー集『フロム・ザ・スクリーン・トゥ・ユア・ステレオ』の第2弾。シックスペンス・ノン・ザ・リッチャーの「Kiss Me」をはじめ名曲揃いだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    10位 (2007/9/17)  ⇒  21位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2007/9/17)  ⇒  20位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2007/9/17)  ⇒  9位 (9/24)  ⇒  9位 (10/1)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/9/17)  ⇒  6位 (9/24)  ⇒  10位 (10/1)  ⇒  9位 (10/8)  ⇒  15位 (10/15)
収録曲
01KISS ME
シックスペンス・ノン・ザ・リッチャーのヒット曲のカヴァー。切れ味鋭いギター・サウンドが爽快な雰囲気を作り、疾走感に満ちたサウンドを生み出している。原曲の美しいメロディはそのままに、彼ららしいパンキッシュな味付けが楽しめる。
02IT AIN'T ME BABE
ジョニー・キャッシュとその妻ジューン・カーターによってヒットした、ボブ・ディランのナンバーをカヴァー。原曲の温かでノスタルジックなムードを大切にしつつ、持ち味であるノイジーでタイトなギター・サウンドを前面に押し出した、彼ららしい仕上がりだ。
03THE PROMISE
イギリスのエレ・ポップ・グループ、ホエン・イン・ロームの88年のヒット・ナンバーのカヴァーで、ジョーダンの味わい深いヴォーカルが際立った一曲。メロウなパートとポップなパートとをメリハリをつけて弾きわけた演奏も見事だ。
04THE KING OF WISHFUL THINKING
イギリスのブルー・アイド・ソウル・デュオ、ゴー・ウェストのカヴァー。ライヴで大合唱が発生しそうなドラマティックな展開と高揚感にあふれた演奏が魅力。パトリック・スタンプ(フォール・アウト・ボーイ)の客演にも注目だ。
05STAY (I MISSED YOU)
リサ・ローブのヒット曲のカヴァーで、リサ自身もヴォーカルで参加した楽曲。まるで自身のオリジナル曲かのように情熱的なパフォーマンスを展開するジョーダンの圧倒的なヴォーカルから、この曲に対する思いが伝わってくる。
06LOVE FOOL
映画『ムーラン・ルージュ』の挿入歌としておなじみとなった、カーディガンズのナンバーをカヴァー。テイキング・バック・サンデイのアダム・ラザーラを迎え、スウィートなバラードを彼ららしいメランコリック・パンク・ソングに仕上げている。
07IRIS
グー・グー・ドールズのヒット・バラードのカヴァー。原曲のノスタルジックで寂しげなメロディを活かしたヴォーカルを、破壊的で激しいギター・サウンドが包み込んでいる。ウィル・ピュー(カーテル)がゲスト参加。
08DON'T YOU (FORGET ABOUT ME)
イギリスのロック・バンド、シンプル・マインズの全米No.1ヒットのカヴァーで、重低音を効かせたギター&ベースがクールなポップ・パンク・ナンバー。楽しい雰囲気を盛り上げるバック・ヴォーカルもいい味を出している。
09J'Y SUIS JAMAIS ALLE
ヤン・ティルセン作曲による映画『アメリ』のオリジナル・スコアをカヴァーしたインストゥルメンタル・ナンバー。1分半の尺の中で息の合ったジャムが繰り広げられる。疾走するギターとそれをコントロールするかのような落ち着いたリズム隊との対比が面白い。
10CRAZY FOR YOU
マドンナによる全米No.1ヒットをカヴァー。セイ・エニシングのマックス・べミスを迎え、やや寂しげな雰囲気を残しつつも、ポップでキャッチーなアメリカ特有の青春パンクに仕上げている。ブレのないジョーダンのヴォーカルが見事だ。
11HEAD OVER HEELS
イギリスを代表するロック・バンド、ティアーズ・フォー・フィアーズのカヴァー・ソング。冒頭のハードで渋いギター・ソロが出色の仕上がりを見せており、全編にわたってギタリスト2人の掛け合いが見せ場を作り出している。
12HUNGRY EYES
映画『ダーティ・ダンシング』に使われヒットしたエリック・カルメンのナンバーをカヴァー。小刻みなギター・ストロークを中心に進行する典型的なポップ・パンクで、ヴォーカルも親しみやすくライヴでも盛り上がりそうだ。
(12)ボーナストラック
封入特典
  • ライナーノーツ
アーティスト
  • ニュー・ファウンド・グローリー
    米・フロリダ州コーラルスプリングス出身のポップ・パンク・バンド。メンバーはチャド・ギルバート、ジョーダン・パンディク、サイラス・ブルーキ、イアン・グルーシュカの4名。1997年に結成。2002年の通算3作目『スティックス・アンド・ストーンズ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015