スーパー・バター・ドッグ / FUNKASY

はてなブックマークに追加
スーパー・バター・ドッグ / FUNKASY
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FUNKASY
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    パーロフォン
  • 規格品番:
    TOCT-24480
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スーパー・バター・ドッグ / FUNKASYをAmazon.co.jpで購入するスーパー・バター・ドッグ / FUNKASYをHMV.co.jpで購入するスーパー・バター・ドッグ / FUNKASYを楽天ブックスで購入するスーパー・バター・ドッグ / FUNKASYを@TOWER.JPで購入する
    スーパー・バター・ドッグ / FUNKASYを山野楽器で購入するスーパー・バター・ドッグ / FUNKASYをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
メジャー通算4枚目となるニュー・アルバム。ファンキーなテイストを核としながら、「Rainy Way」、「Midnightツイテナイ」ではヴォーカル永積の深みあるヴォーカルも聴ける。
収録曲
01コミュニケーション・ブレイクダンス
4thアルバム『FUNKASY』のオープニング・ナンバー。軽快なリズムと跳ねるようなピアノが心地よいダンサブル・ファンク。永積タカシの個性的なヴォーカル・スタイルは、聴けば聴くほど癖になる中毒性を持つ。
02FUNKYウーロン茶
CMソングかと思うくらい“ウーロン茶”のフレーズを連発するファンク・ナンバー。チャイニーズ・テイストをベースにしたダンサブルなアレンジはクールの一言。躍らせどころと盛り上げどころが満載の、ライヴでも人気の一曲。
03セ・ツ・ナ
イントロのロック・テイストのギター・リフがクールなミディアム・ナンバー。「『足りねー』って放つメッセージなくねー?」など、ゆるさとスタイリッシュさの境界線を軽快に行き来するような詞が聴きどころ。
04日本男子
ピアノがスウィングする軽快なポップ・ファンク・ナンバー。日本の男性に向けて、陽気に飄々と「Keep On Dancing〜♪」とリフレインする歌詞は、小さな悩みや葛藤も明るく吹き飛ばしてくれそうだ。
05FUNKY労働者
ジェイムス・ブラウンばりのシャウトから始まる、泥臭さのあるギター・ファンク・ナンバー。“ブルドーザー→父さん→ご苦労さん→倒産”と韻を踏んでいく言葉のリズムもおもしろい。サウンドも詞も“ガテン系”の一曲。
06Blackpage
アコースティック・ギターとシンプルなリズム・アレンジでしっとりと聴かせるインストゥルメンタル・ナンバー。終盤に入ってくる池田貴史のムーディな電子ピアノが、スタイリッシュな世界観を演出。彼ら流のラウンジ・ミュージックだ。
07Midnightついてない-都会花 (プラタナス)編-
都会生活の中で出会った男女の一夜の情事をムーディなアレンジで描いた一曲。……なのだが、男性なのに“ついてない”、女性なのに“ついている”という、一筋縄ではいかない展開に発展。ワケありの歌詞を神妙に歌っているところがクスリと笑える。
08ボーイ風なガール
80年代ニューミュージックを思わせる秀逸なポップ・ナンバー。逞しい彼女と交際している頼りない男子の目線で展開される、哀愁を漂わせながらも茶目っ気のある歌詞は、サウンドとの相性が抜群。突き抜けるように爽快なシンセ・ソロも聴きどころ。
09Rainyway
ハードなギターとキーボードを、16ビートで聴かせるアレンジがクールなロック・ナンバー。シリアスなサウンドに永積タカシの切ない声がピタリとはまり、“ファンク”に留まらないスーパー・バター・ドックの懐の深さを感じる一曲。
10コラ!
若者が心の中でぼやくような本音を歌った、ファンク・ロック・ナンバー。竹内朋康のヘヴィなギターと池田貴史の叩きつけるようなシンセが絶妙なコラボレーションを聴かせるソロ・パートは必聴だ。
11エ!?スネ毛
8分にも及ぶ超大作ヘヴィ・ファンク・ロック。永積タカシお得意の韻を踏んだ歌詞を英語のように歌うテクニックは、“ファンク”を独自に消化したスーパー・バター・ドックならでは。ふざけた“スネ毛”さえもクールに聴こえてくる。
アーティスト
  • スーパー・バター・ドッグ
    日本のファンク・バンド。1994年に永積タカシ、竹内朋康らを中心に結成。96年のアルバム『犬にくわえさせろ』を発表後、97年にアルバム『FREEWAY』でメジャーへ進出。ファンキーな楽曲と圧倒的なパフォーマンスで人気を獲得。オールナイト・イ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015