FUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3

はてなブックマークに追加
FUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    FUNKY MONKEY BABYS 3
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    DREAMUSIC
  • 規格品番:
    MUCD-1204
  • 価格:
    2,723 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    FUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3をAmazon.co.jpで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3を@TOWER.JPで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3をHMV.co.jpで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3を楽天ブックスで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ3をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
疾走感漂うポップ・サウンドを軸に、ストレートな感情を焙り出す言葉がちりばめられている3作目。「希望の唄」「桜」「旅立ち」「告白」「風」「雪が降る街」と既発表曲を多く含む、そのキャッチーさもいいが、淡いメロディと絵画的なリリックが印象的な「ナツミ」という佳曲の発見に、アルバムならではの娯楽性を感じた。
ガイドコメント
FUNKY MONKEY BABYSの3rdアルバム。「旅立ち」「告白」「希望の唄」といったヒット曲を中心に、ヒップホップの枠を越えた爽快でポジティヴなナンバーが堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    18位 (2009/3/2)  ⇒  25位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    16位 (2009/3/2)  ⇒  16位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2009/3/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2009/3/2)  ⇒  10位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2009/3/2)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2009/3/2)  ⇒  9位 (3/9)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    13位 (2009/3/2)  ⇒  17位 (3/9)
収録曲
01メロディーライン
涼しげなエレクトロ・サウンドによる近未来感満載のトラック。耳になじむ“メロディーライン”が心地よく、軽快なリズムに体も自然と揺れる。“世界中にこんなmusicを”というファンモンの願いを込めたメッセージが印象的な、フロアを盛り上げるアンセム。
02希望の唄
ギターのアルペジオが印象的な、澄んだサウンドのポップ・チューン。まっすぐ胸に響く感謝の言葉を綴った、大切な人へ送るメッセージ・ソングとなっている。映画『ラブファイト』の主題歌に起用された9thシングル。
03
「Lovin' Life」から2年ぶりとなる、2009年発表のファンモン流“桜ソング”。“ありがとうの涙”というフレーズが想いのすべてを物語る極上のラヴ・ソングだ。優しいサウンドと歌詞があいまって涙を誘う。
04おかえりなさい
遠距離にいる相手を気遣い心配する詞とやわらかいサウンドが見事にマッチした、大切な人に捧げるミディアム・ナンバー。アコギの音色が心地よく響く、落ち込んだときや挫けそうなときに励ましてくれそうな心温まる一曲だ。
05旅立ち
映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の主題歌となった、2008年発表の7thシングル。未来へ向かう前向きな言葉が満載の応援歌だ。一歩踏み出したいときや新たな世界へ旅立つ人へ送る歌としてピッタリの、さわやかなポップ・ナンバー。
06告白
タイトルも詞も直球勝負の彼ららしい、ストレートなラヴ・ソング。うまく言えない不器用な男の歌で、青春くさい甘酸っぱささえ感じられる。告白するときはもちろん、結婚式やあらゆる恋愛場面に似合う定番ソングになりそうだ。
07ナツミ
軽快なサウンドがさわやかな夏の空気を思わせるサマー・ポップ・チューン。“国道”“並木道”“海岸線”とそれぞれの場面ごとに昔の恋を思い返していく。センチメンタルな想いがストレートに響く、切ないラヴ・ソングだ。
08ガムシャラBOY
ラテン・テイストの情熱的なアレンジが灼熱の夏を感じさせる、ホットなナンバー。“まだこんなもんじゃないさ”と背中を一押しも二押しもしてくれそうな、熱い言葉がぎっしりと詰まった応援歌だ。
09
初秋の香りとともに昔の恋人を思い出すラヴ・ソング。徐々に薄れゆく記憶や感触を憂うなか、鮮明に思い浮かぶ笑顔を懐かしく噛み締める。涼しげなトラックに別れてしまった後悔をストレートに綴った詞が相まって、とてもせつない。
10雪が降る街
『ファンキーモンキーベイビーズ3』収録の「ナツミ」「風」に続く失恋ソングの冬ヴァージョン。キラキラと雪を思わせるサウンドと昔の恋人を想う詞が切なさを強調している。“いつか二人やり直せるそんな奇跡を夢見て”という一途な想いが悲しい。
11ナイトショット
宇宙感あふれるサウンドにグルーヴが心地よくうねるパーティ・ライクな一曲。一夜限りの関係を描く詞は危険な香りがたっぷり。ノリノリのサウンドで盛り上がること間違いなしのフロア・キラー・チューンだ。
12LOVE乱舞〜恋のミッション〜
デートに失敗した男を陽気なリズムで歌い飛ばすパーティ・チューン。デート費用を親に借りたり雑誌の受け売りでデート・プランを決めたりといった、主人公の情けなさがかえって楽しい。終了後にエレクトロ調のおふざけソングが隠されている。
タイアップ
  • 「おかえりなさい」 - アイフルホームTV-CMソング
  • 「おかえりなさい」 - 電通/テレビ東京「Friend-Ship Project」TV-CMソング
  • 「メロディーライン」 - コカ・コーラボトリング「Happy Music キャンペーン」TV-CMソング
  • 「希望の唄」 - 東映「ラブファイト」主題歌
  • 「希望の唄」 - レコチョク「レコチョク」TV-CMソング
  • 「告白」 - 岩手めんこいテレビ「BEATNIKS」オープニングテーマ
  • 「告白」 - 第一興商「DAM★うたフル」TV-CMソング
  • 「告白」 - サントリー「LUCKY CIDER」TV-CMソング
  • 「告白」 - レコチョク「レコチョク」TV-CMソング
  • 「桜」 - 第一興商「DAM★とも」TV-CMソング
  • 「桜」 - ロッテ「ガーナミルクチョコレート」TV-CMソング
  • 「桜」 - レコチョク「レコチョク」TV-CMソング
  • 「桜」 - 日本テレビ「横浜国際女子駅伝FINAL」イメージソング
  • 「桜」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」オープニングテーマ
  • 「風」 - フジテレビ「めざましどようび」テーマソング
  • 「旅立ち」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「旅立ち」 - ギャガ・コミュニケーションズ「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」主題歌
  • 「旅立ち」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「旅立ち」 - 第一興商「メロDAM」TV-CMソング
アーティスト
  • FUNKY MONKEY BABYS
    2004年、東京・八王子市で結成された日本の音楽ユニット。メンバーはファンキー加藤(vo)、モン吉(vo)、DJケミカル(DJ)の3名。愛称は“ファンモン”。2005年、ケツメイシがパーソナリティを務めるFM番組のデモテープ・コンテストで準……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015