ジェット / ゲット・ボーン [限定]

はてなブックマークに追加
ジェット / ゲット・ボーン [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GET BORN
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    エレクトラ
  • 規格品番:
    WPCR-22101
  • 価格:
    2,090 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ジェット / ゲット・ボーン [限定]をAmazon.co.jpで購入するジェット / ゲット・ボーン [限定]を@TOWER.JPで購入するジェット / ゲット・ボーン [限定]をHMV.co.jpで購入するジェット / ゲット・ボーン [限定]を楽天ブックスで購入するジェット / ゲット・ボーン [限定]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
ロックンロール・リバイバルとネオ・ガレージ・ロック界をリードするバンドの1つとして注目される、メルボルン出身の4人組のデビュー作。エレクトラが破格の契約金で競り落としたスーパー大型新人だ。
収録曲
01LAST CHANCE
“ラスト・チャンス”に賭ける意気込みを封じ込めた、初期ローリング・ストーンズを思わせる刹那的なガレージ・ロック・ナンバー。全体が一丸となって迫ってくるドライヴ感満点のバンド・アンサンブルは、ワイルド極まりない。
02ARE YOU GONNA BE MY GIRL
iPodのCMソングとして使用され世界中で大ヒットを記録した、ジェットの代名詞といえるロックンロール・ナンバー。往年のモータウン・ビートを現代的にビルドアップしたノリノリのグルーヴには、いやがうえにもノセられてしまう。
03ROLLOVER D.J>
ザ・スミスの「パニック」にも通じる、軽薄なダンス・ミュージックに対するアンチテーゼ。ロック・バンドの魅力をこれでもかと封じ込めた熱狂のロックンロールだ。ビリー・プレストンがハモンド・オルガン奏者としてゲスト参加。
04LOOK WHAT YOU'VE DONW
サイケデリック期のビートルズをトレースした幻想的なバラード・ナンバー。大人になって初めて分かる“若気の至り”を振り返ったような歌詞とノスタルジックなメロディ・ラインが見事にマッチしており、胸を打つ。
05GET WHAT YOU NEED
リズミカルなギター・リフにアメリカ南部の香りが漂うブルース・ロック・ナンバー。「自分の手に入れたいものを掴み取るんだ!」と力強く繰り返される、ポジティヴな歌詞がリスナーを勇気づける。押し付けがましくない応援歌だ。
06MOVE ON
君に会えるまで、とにかく前に進んでいくしかない……。そんな決意を噛みしめるかのように丁寧に歌い上げた、ブルージィなアコースティック・バラード。アナログ・レコード調のスクラッチ・ノイズを織り交ぜたサウンド処理がユニークだ。
07RADIO SONG
「自分たちの曲がラジオで流れることはないだろう」。そんなジェットの下積み時代の苛立ちを皮肉っぽく歌い上げた、やさぐれたスロー・バラード。メンバーの息がピッタリと合った、美しい3声のコーラス・ワークに思わずうっとり。
08GET ME OUTTA HERE
「気が狂いそうなほど嫌な状況に甘んじずに、どうにかしてそこから抜け出すんだ!」。そんな生への渇望が込められた前向きなロックンロール・ソング。元ジェリーフィッシュのロジャー・マニングがメロディアスなピアノを奏でている。
09COLD HARD BITCH
思いっきり拳をあげて踊り狂えるような曲を狙って作られた、お馬鹿な意味なしダンス・ナンバー。ザ・フー直系のキレのあるギター・ロック・サウンドで、キース・ムーンに肉薄した、手数の多い爆裂ドラミングが迫力満点!
10COME AROUND AGAIN
大切な人を失った男の悲しみが歌われた、号泣バラード・ナンバー。メンバーのキャメロン・マンシーの実体験に基づいて書かれた曲だからこそ、心を引き裂かれた痛みが言葉の壁を超えて心にまっすぐに伝わってくる。
11TAKE IT OR LEAVE IT
グルーヴィなジャングル・ビートから猛スピードで疾走する8ビートへとなだれ込む、狂騒のロックンロール。野性的な色気に満ちたサウンドには、オーストラリアの先輩バンドであるユー・アム・アイからの影響が垣間見られる。
12LAZY GUN
T.レックスを思わせるグラマラスなブギー・ロック・チューン。英国ロック的な叙情メロディの中に抑えきれない強い怒りが込められている、アメリカ政府が行なっている数々の悪事を批判したポリティカルなメッセージ・ソングだ。
13TIMOTHY
突発性乳児死亡症で亡くなってしまったキャメロン・マンシーの兄へ捧げられた、荘厳なバラード・ナンバー。アコースティック・ギターを中心に組み立てられたメランコリックかつサイケデリックなサウンドが、深い悲しみを描き出す。
14HEY KIDS
将来に希望をもって育ったはずなのに、いつのまにか希望を失いかけている……そんな子供たちのやる気を起こさせるために作られた、活力に満ちたロック・チューン。ニック・セスターの覚醒した咆哮を中心に据えた、アグレッシヴなアンサンブルだ。
(14)ボーナストラック
タイアップ
  • 「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」 - TBS「10カラット」オープニングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ジェット(AUS)
    豪・メルボルン出身のロックンロール・バンド。メンバーはニック・セスター(g,vo)、キャメロン・マンシー(g,vo)、マーク・ウィルソン(b)、クリス・セスター(ds,vo)の4名。2001年に結成。翌年、英NME誌に取り上げられると、20……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015