ファレル・ウィリアムス / ガール

はてなブックマークに追加
ファレル・ウィリアムス / ガール
CD
ガイドコメント
ダフト・パンク「ゲット・ラッキー」やロビン・シック「ブラード・ラインズ」を手掛けるなど、2013年の音楽シーンを席巻したファレル・ウィリアムスの約8年ぶりのアルバム。シングル「ハッピー」やアリシア・キーズら豪華ゲスト参加曲を収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2014/3/10)  ⇒  6位 (3/17)  ⇒  11位 (3/24)  ⇒  11位 (3/31)  ⇒  6位 (4/7)  ⇒  4位 (4/14)  ⇒  6位 (4/21)  ⇒  3位 (4/28)  ⇒  5位 (5/5)  ⇒  10位 (5/12)  ⇒  9位 (5/19)  ⇒  9位 (5/26)  ⇒  27位 (6/2)  ⇒  11位 (6/9)  ⇒  19位 (6/16)  ⇒  26位 (6/23)  ⇒  25位 (6/30)  ⇒  40位 (7/7)  ⇒  19位 (7/14)  ⇒  35位 (7/21)  ⇒  30位 (7/28)  ⇒  21位 (8/11)  ⇒  35位 (8/18)  ⇒  39位 (8/25)  ⇒  34位 (12/22)  ⇒  23位 (12/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2014/3/3)  ⇒  5位 (3/10)  ⇒  7位 (3/17)  ⇒  9位 (3/24)  ⇒  9位 (3/31)  ⇒  10位 (4/7)  ⇒  4位 (4/14)  ⇒  6位 (4/21)  ⇒  3位 (4/28)  ⇒  3位 (5/5)  ⇒  6位 (5/12)  ⇒  7位 (5/19)  ⇒  13位 (5/26)  ⇒  20位 (6/2)  ⇒  11位 (6/9)  ⇒  20位 (6/16)  ⇒  18位 (6/30)  ⇒  16位 (7/14)  ⇒  18位 (7/28)  ⇒  18位 (8/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2014/3/10)  ⇒  6位 (3/24)  ⇒  3位 (4/14)  ⇒  1位 (4/28)  ⇒  4位 (5/5)  ⇒  6位 (5/12)  ⇒  8位 (5/19)  ⇒  7位 (6/23)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    7位 (2014/3/3)  ⇒  5位 (3/10)  ⇒  4位 (3/17)  ⇒  5位 (3/24)  ⇒  7位 (3/31)  ⇒  5位 (4/14)  ⇒  4位 (4/21)  ⇒  1位 (4/28)  ⇒  2位 (5/5)  ⇒  4位 (5/12)  ⇒  7位 (5/19)  ⇒  10位 (5/26)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2014/3/3)  ⇒  5位 (3/10)  ⇒  10位 (3/17)  ⇒  9位 (3/24)  ⇒  7位 (3/31)  ⇒  5位 (4/14)  ⇒  5位 (4/21)  ⇒  2位 (4/28)  ⇒  2位 (5/5)  ⇒  4位 (5/12)  ⇒  6位 (5/19)  ⇒  8位 (6/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2014/3/3)  ⇒  6位 (3/10)  ⇒  9位 (3/24)  ⇒  8位 (3/31)  ⇒  7位 (4/7)  ⇒  5位 (4/14)  ⇒  5位 (4/21)  ⇒  2位 (4/28)  ⇒  3位 (5/5)  ⇒  6位 (5/12)  ⇒  6位 (5/19)  ⇒  10位 (5/26)  ⇒  8位 (6/2)  ⇒  8位 (6/9)  ⇒  7位 (6/23)  ⇒  10位 (6/30)  ⇒  6位 (7/7)
収録曲
01MARILYN MONROE
映画音楽の巨匠ハンス・ジマーのアレンジによる流麗で弾力のあるストリングスで幕を開ける、すべての恋人へのメッセージ。グルーヴィなディスコ・ポップに乗せて、マリリン・モンローでもクレオパトラでもなく特別な君こそすべてさと語りかける。
02BRAND NEW
ジャスティン・ティンバーレイクを迎えて、愛する人への感謝を綴る。ジャクソン5「帰ってほしいの」風のギター・リフや高揚誘うホーンがリズミカルに駆け抜ける、飛びきりのファンキー・ポップだ。ファルセット全開の“グッドモーニング!”が印象的。
03HUNTER
浮気心に警鐘を鳴らす忠告ソング。ハンターである私の部屋には仕留めた剥製が飾られていると、脅しも含んだ怖い警告が緊張を呼ぶ。呼応したギターとベースのリフがジワジワと背後から忍び寄るような雰囲気を演出するファンキー・ポップだ。
04GUSH
タイトルの“どくどく流れ出す/噴き出す”の意味からもわかるように、今夜は一緒にダーティになるかい? と問いかけるベッドタイム・ソング。カラカラと乾いたギターを組み込んだブラコン曲風で、濃密な夜の色合いを映し出している。
05HAPPY
幸福が隅々まで浸透していくような爽やかなファンキー・ポップ。いきいきとしたクラップ、伸びやかなコーラス、モータウン風メロディとともに昇天していく展開が痛快。ファレル流「幸せなら手をたたこう」といえる大ヒット・シングル。数多くの派生動画を生んだPVも話題に。
06COME GET IT BAE
カナダ人ギタリストのフランチェスコの軽快なギター・リフとリズミカルなハンドクラップの勢いを借りて、勝ち気なマイリー・サラスが早く迎えにきてよと恋しい彼に呼びかける。ファレルはファルセット多めでイイ男を熱演。オールドなファンキーR&Bだ。
07GUST OF WIND
「ゲット・ラッキー」でコラボしたダフト・パンクを呼び寄せ、レトロ・フューチャー感を創出しミディアム・ファンク。重めのベースや性急なハンス・ジマーのストリングスに黄昏や倦怠がちらつくが、実はファレルが妻に捧げた最上級のラヴ・ソング。
08LOST QUEEN
ゴスペルや聖歌隊のような雰囲気のなか、愛する人を“迷える女王”のようだといい、僕が君に仕えれば迷いも消えると語りかける。波音を境に、JoJoを迎えてメロウなR&Bバラードへと展開。忠実な愛を誓う。二部構成によるラヴ・ソングだ。
09KNOW WHO YOU ARE
トロピカルなリゾート感も漂う洒落たミディアム・レゲエ。アリシア・キーズが世界中の女性が自由になれるまで挑むわと誓えば、ファレルが優しい声色でしっかりとサポート。アリシア寄りのメロディだが、二人の相性は抜群。
10IT GIRL
一見素朴なタイトルだが、端的に言えば“すごくエロい女”の意。君がいなくなったら僕は恋しくなってしまうと告げるメイクラヴ・ソングだ。にぎわいが次第に寂しくなっていく祭りの後のような、ゆるめのグルーヴがほどよい余韻と心地よさを生む。
11SMILE
チキチキと忙しく刻まれるビートと温かいシンセで描くエレクトロ風味のミッド。「ハッピー」ほどの大きな多幸感はないものの、身近にある幸せや喜びをシンプルなコードに乗せて“乾杯!”“笑顔で!”と優しいファルセットで語りかける。二人の未来へのエールだ。
(11)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Come Get It Bae」 - レッドブルTV-CMソング
  • 「Happy」 - Honda「FREED」TV-CMソング
  • 「Happy」 - Honda「FREED Modulo X」TV-CMソング
  • 「カム・ゲット・イット・ベイ」 - ユニクロ「UT THE NEW MODEL T」TV-CMソング
  • 「ハッピー」 - フィアットクライスラージャパン「FIAT 500」TV-CMソング
  • 「ハッピー」 - 日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」エンディングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ファレル・ウィリアムス
    1973年4月5日、米ヴァージニア州生まれのミュージシャン/プロデューサー/ファッションデザイナー。90年代からチャド・ヒューゴとともにプロデューサー・チーム“ザ・ネプチューンズ”として活動。2001年には“N.E.R.D.”を結成。その後……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015