KREVA / GO [廃盤]

はてなブックマークに追加
KREVA / GO [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GO
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ポニーキャニオン
  • 規格品番:
    PCCA-09857
  • 価格:
    2,934 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    KREVA / GO [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するKREVA / GO [廃盤]を@TOWER.JPで購入するKREVA / GO [廃盤]をHMV.co.jpで購入するKREVA / GO [廃盤]を楽天ブックスで購入するKREVA / GO [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
約2年ぶりのフル・アルバムとなる5作目。重めのトラックに乗せるすさまじいまでのフロウが印象的な「基準」に始まり、阿部真央をフィーチャーした「微炭酸シンドローム」、さらにシングル曲まで、どこを切ってもKREVAらしさが詰まっている。攻撃的な姿勢を保ち続けるリリックにも注目だ。
ガイドコメント
KREVAの2年ぶり、通算5作目となるフル・アルバム。シングル「挑め」「C'mon,Let's go」「KILA KILA」など、全12曲を収録。イケイケの作品になったと語る自信作で、最新型のKREVAが堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2011/9/5)  ⇒  25位 (9/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2011/9/5)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2011/9/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2011/9/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2011/9/5)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2011/9/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2011/9/5)  ⇒  10位 (9/12)
収録曲
01基準
ホンモノを選ぶ眼や価値判断を持てとハードなビートとともに迫る攻撃性高めのトラック。2分強だが、“全然違う〜”以降の高速ラップや「マカー GB-mix」「国民的行事」といった自身の曲を組み込んで、ホンモノの基準を誇示するKREVAらしい上目線ソングだ。
02挑め
信念貫き常に頂点へ挑めと煽るアグレッシヴな14thシングル。なった者でしか解らない勝者の孤独と誇りを勇んでフロウするが、サラッと“ALWAYS 何丁目にも夕日が輝く”“東京事変より能動的”などと遊びを組み込む余裕がKREVAらしい。
03KILA KILA
MAJOR MUSIC制作参加の16thシングル。逆境をはねのけ輝かしい未来へ突き進めという励ましを抑揚ある“キラキラ”のフックに包含。チープなシンセやヴォイス・エフェクトを駆使したトラックとは対照的な、力強く快活なメッセージ・ソングだ。
04蜃気楼 (feat.三浦大知)
意中の女性を追いかけては消える蜃気楼にたとえたメランコリックなナンバー。KREVAによる煙たく寂れたロック風ヴァースと三浦大知が哀切な歌唱をみせるR&Bダンサー風フックとのシンクロが見事だ。トラック制作はMAJOR MUSIC。
05呪文
身に染み込んで離れないパーティ・ライクな自分がふたたび目覚める様子を綴った曲。脳内に浮かんだ意識を示した“アイムフレッシュアイムドオプ……”以下のエフェクト使いフレーズは、まさに呪文のよう。暗闇を漂うようなムードのドープなトラックが印象的だ。
06runnin' runnin'
まどろみに包まれるようなジャジィなマイナー調クラブ風トラックの海を、肩の力を抜いたKREVAのフロウが泳いでいく。濃厚ながらも心地よく染みわたる陰りのあるサウンドに乗せ、日々の苦悩や憂鬱から抜け出せない心境を語るムーディなナンバーだ。
07HOT SUMMER DAYS
メロウなグルーヴに支配されたサマー・ナイト・クルージン・アンセムといったところか。夏特有の気だるさをしっかりと具現したナヨナヨ加減のフロウが、じんわりと肌に張り付いていくようだ。頭よりも身体に訴える密着感もたまらない。
08微炭酸シンドローム (feat.阿部真央)
盟友・熊井吾郎のトラックに阿部真央を迎えた、黄昏モードのメロウ・ヒップホップ。阿部真央の甘く妖しげな誘いにドギマギする男子=KREVAという構図が楽しい。甘酸っぱさとほろ苦さを多分に含んだ、淡い大人のナンバーだ。
09パーティーはIZUKO?
MAJOR MUSICの手腕が光るクラブ・ファンク風。イヴリン“シャンペン”キング「ラヴ・カム・ダウン」あたりのダンクラ/ディスコな太いボトムに乗せ、自分で動かなきゃ何も変わらねぇ!と煽る。やるべきことをパーティと置き換えたリリック・センスも美味。
10C'mon、Let's go
15thシングル。目指すゴールが同じなら個々はそれぞれのベストを尽くせばOKとKREVA流「最高のチーム論」を説く。オートチューン&ヴォコーダーとシンセを大胆に採り入れ、ソリッドで変則的なビートが展開するステッパーズ系の上機嫌ラガ・ポップ風だ。
〈Encore〉
11EGAO
重苦しさや心細さから解き放つのは君の笑顔だけと語る、シンプルなメッセージ・ソング。澄明な鍵盤と心拍にも似た刻々としたビートが溶け合ったトラック上で、ゆりかごのような穏やかな時間が漂う。エフェクト使いのフロウや電子的なアクセントもどこか空間的な装いだ。
12探究心
完璧に近づいてもまた高みを望む探求心が生まれる……向上心の高いKREVAらしい思考が強く表われた16thシングル。メロウなソウルとフュージョン的なムードが全体に漂う、シルキーでスムースなトラックが印象的だ。
タイアップ
  • 「KILA KILA」 - エムティーアイ「music.jp」TV-CMソング
アーティスト
  • KREVA
    1976年6月18日生まれ、東京都出身のラッパー/シンガー・ソングライター/プロデューサー。愛称は“Dr. K”。大学時代からBY PHAR THE DOPEST、97年よりKICK THE CAN CREWとして活動。「B-BOY PAR……
  • 同時発売作品
    KREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]
    PCCA-09856   3,457円(税込)   2011/09/08 発売
    KREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をamazon.co.jpで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    KREVAの2年ぶり、通算5作目となるフル・アルバム。シングル「挑め」「C'mon,Let's go」「KILA KILA」など、全12曲を収録。イケイケの作品になったと語る自信作で、最新型のKREV……
    KREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]
    PCCA-09855   5,819円(税込)   2011/09/08 発売
    KREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をamazon.co.jpで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するKREVA / GO [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    KREVAの2年ぶり、通算5作目となるフル・アルバム。シングル「挑め」「C'mon,Let's go」「KILA KILA」など、全12曲を収録。イケイケの作品になったと語る自信作で、最新型のKREV……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015