YUI for 雨音薫 / Good-bye days

はてなブックマークに追加
YUI for 雨音薫 / Good-bye days
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GOOD-BYE DAYS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SONY Records
  • 規格品番:
    SRCL-6278
  • 価格:
    1,281 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    YUI for 雨音薫 / Good-bye daysをAmazon.co.jpで購入するYUI for 雨音薫 / Good-bye daysを@TOWER.JPで購入するYUI for 雨音薫 / Good-bye daysをHMV.co.jpで購入するYUI for 雨音薫 / Good-bye daysを楽天ブックスで購入するYUI for 雨音薫 / Good-bye daysをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
大手レコード・メーカーのオーディションで見出され、2005年デビュー。本作は5枚目のシングルで、タイトル曲は自身が主演する映画の主題歌。ティーンエイジャーらしい真っ直ぐで初々しい感情を、高揚感あふれるセンシティヴなメロディにのせて唄うスタイルが胸にせまる。
ガイドコメント
YUI主演映画『タイヨウのうた』主題歌で、挿入歌2曲も含む豪華シングル。主人公が音楽と真剣に向き合う姿は、YUI自身とリンクし、聴き応え十分だ。カップリングには、インディーズ時代の音源を収録。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    2位 (2006/6/19)  ⇒  4位 (6/26)  ⇒  6位 (7/3)  ⇒  14位 (7/10)  ⇒  20位 (7/17)  ⇒  14位 (7/24)
収録曲
01Good-bye days
自身が主演する映画『タイヨウのうた』主題歌。アコースティック・ギターとストリングスが織りなすドラマティックなメロディ、幼さを残したハイトーン・ヴォイスが切なさを醸し出す。フレッシュだが名曲風漂う作品。
02Skyline
愛くるしい素朴さの中にどこか大人びた陰を潜めたファニー・ヴォイスが魅力的なギター・ポップ。思春期におけるあふれ出る好奇心や抑えきれない衝動を、独特なファルセットでエモーショナルに歌い上げている。
03It's happy line
非常に力強く扇情的なフレーズ、シンプルだけど凛と鳴り響くギター・プレイ、荒削りではあるが耳に馴染むロリータ・ヴォイス。一見不釣合いな3つのファクターが巧みに融合され、玄人好みなギター・ロックに仕上がった佳曲。
04Good-bye days (Instrulental)
タイアップ
  • 「Good-bye days」 - 松竹「タイヨウのうた」主題歌
  • 「Good-bye days」 - 北海道テレビ「夢チカ18」エンディングテーマ
アーティスト
  • YUI(Sony Music Records)
    1987年3月26日、福岡県生まれ。女性シンガー・ソングライター。高校時代から福岡・天神で路上ライヴを展開。その後オーディションを経て、2005年にシングル「feel my soul」でデビュー。アコースティック・ギターを主体とした爽やかな……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015